知らなきゃ損をする!営業に向くネタの傾向

バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』が調べた2013年度の芸人の営業本数ランキング。
ここからわかる営業向けなネタの紹介。

続きを読む ≫

絵や文章で笑わせるフリップ芸の作り方

紙芝居風に絵や文章を描いた紙(フリップ)を「めくる芸」の作り方をまとめています。

続きを読む ≫

ネタ作り初心者を悩ませないネタの作成法

どうやってネタを作っていいのかわからないときのために簡単な作り方を紹介します。
ネタを作るときには「ストーリー」か「笑いを誘う技術」か「キャラ」など、先に作る方法を決めてから作ると良いです。

続きを読む ≫

シビアな観客を退屈させないネタの展開法

ネタをするときにダラダラと変化のないストーリーを繰り広げていては観客が飽きてしまいます。
ネタの展開を盛り上げるためにはストーリーの内容に「起承転結」を付けることが必要になります。

続きを読む ≫

ネタの最後に笑わせる「オチ」の付け方

ネタの最後の終わらせ方が良くなければ、それまでどれだけ面白かったネタでさえも評価が下がってしまいます。
だからこそ「オチ」は、しっかり作らなければなりません。
「オチ」とはネタのストーリーの最後に面白さを発生させて観客の笑いを誘いつつ、ネタを終えるボケの部分です。

続きを読む ≫

ネタの最初に笑わせる「つかみ」の作り方

観客は、ネタが始まってすぐはお笑い芸人が何をするのか分からないため、緊張から笑いが起こりづらい状態になっています。
それを解消する方法が「つかみ」です。

続きを読む ≫

登場した瞬間に笑わせる「出オチ」の作り方

舞台に登場してすぐに観客から笑いが取れたらいいのになって思いませんか?
そんなときに使えるのが「出オチ」です。
「出オチ」とは舞台に登場した瞬間に見た目の意外性から笑いを誘う方法です。

続きを読む ≫

舞台に立つなら覚えておきたいネタの構造

ネタを作るときに必要な要素を挙げてみます。
どういったことがネタに必要になるのかを細かく分類しました。
ネタの基礎的な部分なので把握しておきましょう。

続きを読む ≫

笑いを取るなら極めておきたいお笑いの技術

ネタを作るときに面白さを出しやすい作り方があります。
それにはフリやボケ、ツッコミのそれぞれの仕組みや関係性を把握しておくことが必要になります。
ネタの細部の作り方を知ることで、よりネタのクオリティーが上がります。

続きを読む ≫

R-1ネタの技術付き!ピン芸ネタの作り方

一人でネタを行うピン芸。
ピン芸をするといっても漫才やコントとは違い種類がたくさんあるのでなにをして良いのか迷ってしまうと思います。
そこでピン芸をタイプ別にメリット・デメリット、作り方や実際に行っている芸人さんを例を挙げながら紹介します。

続きを読む ≫

スポンサーリンク