番組表の秘密

テレビ番組表を見ていると
時々気付くと思うのは
生放送なのにその日のタレントが
言ったり・したりする内容が
書かれている時があります。

1:「○○(タレント名)激怒!!」
2:「○○が体験した恥ずかしい話」

録画放送など収録したものは、起こったことを
そのまま文章化しているから
書いていても不思議ではないですよね?
でも、生放送なのに書いてあるのは
疑問に思う人もいるのではないでしょうか?

1の場合は、その人のイメージが
世間やスタッフの中で定着していて
その日の番組中に"起こりえること"を
あらかじめ予告しているときに
書かれることが多いです。
ただ、本人にしてみれば書かれている以上
やらざる終えなくなり、ある意味
プレッシャーに感じることも多く
たまに、「新聞のテレビ欄に書いてあるから…」と
言ってしまうこともあります。

2の場合は基本的に生トーク番組であります。
トーク番組は事前に話す内容が決まっています。
司会者が質問する内容と
ゲストがそれに答える内容を
決めておくことでゲストにしてみれば
急に本番でどんな質問がされるかわからなくて
緊張することを防いだり、エピソードを
思い出すのに時間がかからないようにしたり、
収録したものを編集する録画放送と違い、
話す話題の時間配分を決める必要が
あるため、話す内容をスタッフが事前に確認しているので
先に新聞などの欄に乗せることができます。
乗せることによって、その日の一番"売り"の話題を
番組欄に書くことで
その日に見る番組を迷っている視聴者の確保が
できるメリットがあります。

スポンサーリンク