お笑い芸人のテンション

お笑い芸人さんは出演している番組によって
テンションを使い分けています。
使い分ける場所は、
「スタジオ収録で観客がいる時」と、
「ロケでスタッフのみの時」です。

なぜ、テンションを使い分けるのかというと、
観客がいる前だとウケ狙いにしたことが
スベる可能性があるため
テンションを抑え目にし、
スタッフだけの前では
とにかくテンションを上げっぱなしにする
傾向があります。

その他、観客との距離・人数や
スタジオの盛り上がり度の
違いによって分け、
トークが苦手なタイプの人ほど使い分けをします。

では、テンションの高くなるロケ中に
よくある発言・言動は?

・大きな声を出す。
(「よっ」「おおっ」など相づちが多い)
・拍手をすごい速さでする。
・話す時に口調(話し方)を変える。
・話し方にアップダウンをつける。
・ボケ倒す。
・急に逆ギレキャラになる。
・体を動かしながら話す。

トークで面白い話をするのは難しく、かといって
普通に話していたのでは淡々となります。
それを防ぐために、
大げさな話し方や動きをすることにより、
強弱やキャラを付けて面白みにつなげようと
することが原因のようです。

以下の人物の出演している番組を
比較して見るとわかります。

・岡村隆史さん
・青木さやかさん
・タカアンドトシのタカさん

では、芸人さんのテンションがMAXになるとどうなるのか?
「黄金伝説。」のよゐこの浜口優さんのフレーズ。
「ぴゃぁーーーーーっ!!」
こういった言葉が出てくるようになります。
とても観客の前では出せないような言葉を
ロケ中には出すことが出来ます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク