罰ゲームの要素

バラエティー番組で罰ゲーム的な要素を
含んでいる企画の種類を
五感に合わせて分類してみました。

(かっこ内はタレントの反応)

・視覚 恥ずかしい過去の写真・映像を披露される
    (パニックになる)
・嗅覚 くさいにおいをかがされる
    (濁点声、表情がゆがむ)
・味覚 まずい・辛いものの飲食。カラシ入りなど
    (濁点声、表情がゆがむ)
・触覚 痛い目にあう。電流を流される。足つぼ、電気ビリビリ
    (叫び声、痛さで暴れる)
・聴覚 過去に発売した歌を流される
    (パニックになる)
などなど

上記のようなことをすると、タレントの
素のリアクションが見れるため
共演者や観客に大ウケします。


≫【補足】

【番組】
「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の
「笑ってはいけない」シリーズでは
いろいろな罰ゲーム的な要素(番組中ではお仕置き)で、
痛い目にあうことが多いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク