文化祭の演劇で注目を浴びる演出やコツ

文化祭(学園祭)で演劇をやるとなると大掛かりな用意をする必要があります。
少しでも役に立つ情報をまとめてみました。


主催者の役割



監督・演出
すべての指揮をします。

脚本家
台本を作ります。

演者
演じます。

大道具・美術
セット・道具や衣装を作ります。
また、演者のメイクもします。

裏方
照明・音響機器・セット準備や移動などをします。

役の決め方


立候補制
演者が好きな役に立候補して役を決める。
※外見や声質が役のイメージに合わない人が選ばれる可能性があります。また、演者の演技力に合わない役どころになる恐れもあります。

指名制
役のイメージに合った外見や声質に合わせて役を決めます。
※演者が好きな役を選べません。場合によっては、好きでもない役を演じなければならない恐れがあります。

抽選
抽選で役を決める。
※上記の「立候補制」と「指名性」の両方の問題が出ます。
※意外な役どころに選ばれる面白さがあります。

※スタッフの決め方も同様に。

劇のジャンル



恋愛
男女が惹かれあう物語。

人情喜劇
夫婦愛や親子愛、友愛など、人と人との情をテーマにした物語。

喜劇
面白い物語。

パロディ
既存の作品をマネた物語。
※内容によっては著作権に触れたり、パクリとされる恐れあり。

道徳
勧善懲悪、因果応報など、社会生活を送るうえで良い考えとされる物語。

啓発
社会問題に気付いてもらう物語。
※堅苦しくなる恐れあり。

社会風刺
社会問題を皮肉った物語。
※皮肉り方によっては問題になる恐れあり。

ヒーローショー
悪の組織と戦う正義の使者の物語。
※子供向け。

ストリートパフォーマンス
会場を設けず、道端で劇を行う。
※場所の許可なく行うと問題になる可能性あり。
※交通の妨げになる恐れあり。

作品例



観客の座席


自由席
観客に自由な位置で観てもらう。
観たい場所で、一緒に観たい人と並んで観てもらいやすい。
※動員する観客数を確定していないため、開演当日に観客数が多い場合は会場に入れず観られない人が出る。

指定席
観客にチケットで指定した場所で観てもらう。
観客は決まった場所を確保できているので確実に観られる。主催者側は事前にチケットの動向で観客数を把握できる。
※主催者側は調整や管理に手間が掛かる。
※キャンセル時に空きの座席が出る。
※チケットの発券が終盤になると一緒に観たい人と並んだ座席の確保が難しくなる。

立見席
観客に観客席の最後列で立って観てもらう。
開演当日、座席数が足りない場合に立ってでも観たい人用。
※長時間の立ち見は疲れる。

特別席
特定の人物に、特別に用意した場所で見てもらう。
重要な人に観覧してもらえる。
※不公平感が生まれて批判が出る恐れがあります。

用意する道具


椅子
  • 横並びで複数人が座れるイス(用意が楽、知らない人と隣り合わせになる)
  • 一人だけが座れるイス(自由に配置しやすい、用意に手間が掛かる)
  • ※床に直接座る(用意に手間が掛からない、観客の視線が低くなる)
  • ※立ち見(用意に手間が掛からない、観客が疲れる)


  • 舞台(舞台全体を見えなくする用、舞台袖を見えなくする用、舞台後方を見えなくする用)
  • 窓・出入り口(会場を暗くする用)

背景
  • ハリボテ(立体的な背景、作成に手間が掛かる)
  • 板+紙に絵(ハリボテに比べて作成が簡単、ベタっとしている)

照明
  • 舞台照明(舞台の演出に使う照明)
  • 会場照明(会場全体の照明)

音響
  • マイク(ナレーション、会場内の案内)
  • オーディオ機器(効果音やBGM、音声を再生する)
  • スピーカー(音を出す)

バミリ
  • セット用(セットの配置を指定)
  • 立ち位置用(演者の立つ位置を指定)

舞台セット・小道具
  • 舞台セット(基本的に固定されている※絵的な演出用)
  • 小道具(演者が持ったりする※演技に使う)

メイク・衣装
  • メイク(演者の外見に描き足す)
  • 衣装(演者の外見に付け足す)

特殊な演出道具
  • カラーフィルター(舞台照明に色を付ける)
  • セーフティーマット(高い場所から転落するシーン用)

パンフレット(チケット)


  • 演目タイトル・順(なんという作品の劇をするのか、何番目にするのか)
  • 説明(どんな作品なのか)
  • 所属名(どこの人が演じるのか)
  • 日時(いつやるのか)
  • 場所(どこでやるのか)
  • 注意書き(なにをしてはいけないのか)

注意事項


公演前の案内
このあと、○○(※所属名)による、○○(※演目タイトル)の公演を行います。

もうしばらくお待ちください。

ケータイ、スマートフォンの電源はお切りいただくか、マナーモードに設定するようご協力お願いします。

公演中の「私語」「カメラのフラッシュ」「飲食」(「録画・録音」)はお控えください。
また、「移動」「退席」は、なるべく目立たないよう静かにお願いします。

まもなく、開演時刻になります。

それでは、開演時刻となりました。

(※暗転、ブザー音)

公演に支障が出る音
  • 私語
  • 飲食
  • 着信音
  • 雨の音(大雨の日は外がうるさい)
  • セミの鳴き声(夏場は外がうるさい)
  • 乳幼児の声(会場内・外で泣いたり、騒いだり)
  • 咳・くしゃみ(冬は風邪、春は花粉症)

公演に支障が出る問題
  • 演技忘れ(演者がセリフ・演技を忘れる)
  • 道具の損傷・紛失・不具合(道具が使えなくなる)
  • 欠員(演者がいない)
  • 休演(問題で開演できない)
  • 観客超過(会場に観客が入りきらない)
  • 熱中症(会場内が暑すぎる)

特殊な演出


セリフ
  • 独り言(一人で心情を話すが周囲には聞こえる)
  • 独白(一人で話すが周囲には聞こえない)
  • 歌唱(歌う)
  • ナレーション(人物の心情のセリフ、物語の説明)

配役
  • 一人二役(一人で二人の人物を演じる)
  • 二人一役(一人の人物を別々の公演で二人で役割分担する。もしくは人物の成長の過程で演者を変える)
  • 一体複数人(かぶり物を使って一体を複数人で演じる)

舞台

  • 花道(舞台から観客席の横を通って移動)
  • 別場所から登場(観客席のうしろから登場して舞台へ移動)
  • 舞台下(演者が舞台下へ降りて観客席と同じ高さで演じる)

展開
  • 衣装チェンジ(劇中に演者が衣装を着替える)
  • セットチェンジ(劇中に舞台セットを入れ替える)
  • 暗転(照明を暗くして場面転換する)
  • 明転(照明を暗くせずに場面転換する)
  • カーテンコール(劇後に再び幕を開けて演者が総登場)

スポンサーリンク

スポンサーリンク