登場した瞬間に笑わせる「出オチ」の作り方

舞台に登場してすぐに観客から笑いが取れたらいいのになって思いませんか?
そんなときに使えるのが「出オチ」です。
「出オチ」とは舞台に登場した瞬間に見た目の意外性から笑いを誘う方法です。

出オチの作り方


見た目(服装・メイク(顔・髪)・持ち物・体の状態など)を「そんな格好で登場するとは思わなかったっ!」と観客に思わさせるような明らかにおかしな格好で舞台に登場します。

面白くするためのコツ


  • 出オチをした人に相方がツッコミやコメントをすると、面白くなりやすいです。
  • ピン(一人)のコントの場合も、自らの見た目にツッコミを入れると面白くなりやすいです。
  • おかしな格好をしているのにもかかわらず、あえて格好には触れないというのもアリです。
  • ストーリーが進展してから、おかしな格好をしていた理由を明かすことで「伏線」として使うと効果的です。
  • 相方がまったく同じおかしな格好で登場することでも笑いを誘えます。

使用上の注意


  • 観客が見た目に慣れてしまうので面白さが続きません。
  • 見た目の面白さに頼って笑いを誘うことに否定的な人がいます。
  • 漫才をするときに面白い見た目にすると、見ている人からコントをしていると思われてしまいます。
    「M-1グランプリ」の予選にペナルティのワッキーさんが亀の甲羅を背負って登場し、審査員から「コントかっ!」と言われたらしいです。
    ただし「M-1グランプリ」以外の場で、髭男爵さんのようなキャラ漫才をするぶんには良いと思います。


あるある
その状態を見たことある!と思わせるような見た目にする。
例: シャンプーハットをかぶっている。

パロディー
それって○○でしょ!と思わせるような誰かに似た見た目にする。
例: 顔にデーモン小暮のメイクをしている。

ないない
それは絶対無いでしょ!と思わせるような常識的には絶対に起こりえない見た目にする。
例: バーベル(作り物)を2本かかえている。

おおげさ
それはおかしすぎるわ!と思わせるような常識の範囲を超えた見た目にする。
例: ご飯を1メートルぐらい入れた茶碗を持っている。

混乱
それは紛らわしいだろ!と思わせるような紛らわしい格好で登場する。
例: 結婚式で新郎がいるのにもう一人 白いタキシード姿で入ってくる。

※コンビの場合、一人が舞台上でセリフか服装などで設定を作り、もう一方が設定に似た格好で舞台に入って来るようにします。
または、セット(小道具など)や、ナレーション(音響)で設定を作っておくこともできます。

ミスマッチ
それは違うだろ!と思わせるような格好で登場する。
例: 結婚式なのに水着姿で入ってくる。

※コンビの場合、一人が舞台上でセリフか服装などで設定を作り、もう一方が設定を裏切る格好で舞台に入って来るようにします。
または、セットやナレーションで設定を作っておくこともできます。
ちなみに、設定に対して芸人自身のルックスを合わせないことでもできます。
例えば、「相撲部屋」というコントを始めているのにもかかわらず、骨が浮き出ているような細身の芸人が登場すれば、意外性が出るので笑いを誘うことができます。

ネタに取り入れる例


教室に先生に呼ばれて不良の転校生が入ってくる ≫ その生徒の髪型がカブトムシのツノのようなリーゼントをしている ≫ 「なんだ、あの髪型!?(ツッコミ)」 ≫ その不良生徒に声をかけられる ≫ 「俺と一緒に甘い汁を吸おうぜ」「一緒に羽ばたこうぜ」「こないだ縄張り争いに巻き込まれた」みたいな感じで、カブトムシのあるあると不良生徒が言いそうなことを掛け合わせたセリフを言われてしまう。


音響


音響設備が整っている会場であれば、舞台上に出てくるまでにナレーション、BGM、効果音などを使って出オチを作り出して笑いを誘うことができます。
ただし舞台上に出てくる前に仕掛けるので、出オチという言葉が当てはまりません。

スポンサーリンク