宴会芸/F1レーサー

一発芸「F1レーサー」のご紹介です。
誰でも「F1レーサー」の気分が味わえる方法です。
道具がいらないのでやりやすいです。

必要条件


人数: 三人
道具: 必要なし

やり方


1. 準備
三人のうち、二人はマシン役になります。
三人のうち、一人はレーサー役になります。

まず、マシン役の二人の準備の仕方を説明します。
マシン役の二人は左腕を前にまっすぐ伸ばします。
次に、まっすぐ伸ばした左腕のひじ間接付近を右手でしっかりとつかみます。
そうすると自分から見て両腕が、数字の「6」みたいな形になります。
その「6」の状態でマシン役の二人は向かい合わせになり、相手の右腕のひじ間接内側付近を左手でしっかりとつかみます。
この時点で自分から見て相手と自分の両腕が漢字の「目」みたいな形になります。
その「目」の状態のまましゃがみます。
レーサー役の一人は、「目」の三つの輪があるうちの真ん中をのぞく両端の輪のなかにそれぞれ足を入れてまたぐように座ります。
F1レーサーのモノマネ


2. 披露
マシン役の二人が立ち上がると、レーサー役の体が持ち上げられます。
できればこの時に「T-SQUARE」というアーティストの「TRUTH 」という曲のBGMを流します。

レーサー役の人は右手でハンドルを握っている仕草をし、左手でギアチェンジする仕草をします。
そしてマシン役の二人は進みだします。
進みながらレーサー役の人は「フォォォォォン、フォォン」という感じでエンジン音をマネます。

3. 変化
レーサー役の人が右にハンドルを切ったり左に切ったりするのに合わせてマシン役の二人は進む方向を変えます。
進みながら時々ギアチェンジの仕草を入れてF1カーのように走ります。

さあ、試しにやってみましょう!!

応用編


バック
途中で進むのをやめ、ゆっくりと後ろに進みながら、「ピーピーピー、バックします。ピーピー、バックします」みたいな感じで、貨物車がバックする時の音声をマネます。

交代
一発芸を見ている人に「運転してみます?」とたずねます。
相手が乗り、そこそこ走ってからマシン役の人は止まります。
そこで「ガソリン入りま~す」と言って、乗った人のお尻に指でかんちょーするポーズをして笑いを誘います。
※実際にかんちょーしようとすると相手が逃げようと暴れて落ちるかもしれないので気をつけてください。

ピットイン
F1番組で見かけたことがあると思いますが、レース中に一旦止まってタイヤ交換や燃料補給などをするピットインというシーンがあります。
同じように、マシン役が止まり、レーサー役の人の衣装を周囲のスタッフが無理やり交換をして再び走り出して笑いを誘うことができます。
この時に、すごい勢いで衣装交換させたり、燃料補給にストローつきのドリンクをドライバーの口に無理やり飲ませるといったパロディーで笑いを誘うことができます。

注意


落ちないように
落下・転倒しないよう安全に配慮してください。

体重
レーサー役の人が重いと、支えるマシン役の二人に負担が掛かるので小柄で軽い人がレーサー役になるのが理想です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク