みんなのお悩みを解決!学校を楽しむ方法

学校生活が楽しくなくて毎日退屈な日々を送る生徒さんへ。
もっとこうすれば楽しめる、という方法をまとめてみました。

※これからご覧いただく記事には学校の階級(小学校・中学校・高校・大学)や、校則によっては禁止されていることを含んでいます。
※専門学校や塾通いでも応用できます。

1. 登校前


知人と約束
事前に知人(友達・恋人)と何かを約束しておきます。

  • モーニングコール(携帯に電話をして起こす・起こしてもらう)
  • お迎え(家に迎えに行って一緒に登校する・迎えに来てもらって一緒に登校する)
  • 落ち合う(どこかで待ち合わせをして一緒に登校する)
  • 朝食(早朝から開店しているお店、もしくは24時間営業のお店で知人と朝食を食べてから登校する。または購入した商品を屋外で食べから登校する)

持ち物の注意
体育の授業がある日は貴重品を持って行かないようにしましょう。
また、他人に見られて恥ずかしい物も同様です(例えば、日記帳やプリクラ帳)。
他のクラスの人が、抜いだ服と貴重品を置いている部屋に入り、勝手に私物を触ったり盗んだりすることがあります。
特に2時間続けて体育の授業があり、休み時間に貴重品を置いている教室に戻ってこれない日は要注意です。
一応、部活も気を付けたほうがいいです。
悪乗りする人が勝手に私物を触ることがあります。
高額な物を普段から見せびらかしたりしないことも自衛策になります。
ケータイやスマートフォンはロックを掛けて、他人に中身を見られないようにしておきましょう。
先生や顧問が貴重品を預かる仕組みがあれば良いのですが、無ければ頼むしかありません(※預ける物によっては先生に怒られたり没収されたり、保護者に連絡されます)(信頼できる他のクラスの知人に預けておく方法もあります)。

2. 登校中


登校時間
早く登校すると授業が始まるまでの時間を持て余しますが、時間に余裕があるぶんだけ話し掛ける人・話し掛けられる人が増えます。
特に新学期やイベント時には、これまでと状況が変わるので不安になる人や困る人が多いです。

  • 忘れ物をした人(「○○って今日必要だったよね?」)
  • 時間割が分からない人(「次って○○だったよね?」)
  • 移動する場所が分からない人(「次って○○室だったよね?」)
  • 何かの役を任されている人(「○○さんって○○役だよね?○○なのかな?」)
  • 特殊な教室に一番乗りの人(「部屋の鍵って先生が来るまで無いの?」)
※相手が困っているだけでなく自分が困っているのなら、話しかける動機ができます。

3. 授業前


普段
教科書を忘れた別のクラスの知り合いに貸してあげる(科目の授業時間が別のクラスと違う場合)。
また、体操服・上履きを忘れた別のクラスの知り合いに貸してあげる。

テスト日
普段の授業前とは違い、緊張感が漂っています。
誰もが普段の登校時間と違った時間に登校しがちなので、いつも話さない人とも話す機会が作れる日でもあります。
  • 問題を出す・出してもらう
  • 単語帳を貸す・貸してもらう
  • 赤ペン(緑ペン)を引いた教科書と緑の下敷き(赤い下敷き)を貸す・貸してもらう
※テスト前に一緒に勉強をしようとする人を無視すると愛想が悪いですが、かといって一緒に勉強すると自分の時間が潰れます。

テストは高得点を取ると、先生によっては返却時に発表します。
最高得点を取った人(上位数人)や、正解者数が少ない問題を解けた人を発表することがあります。
周囲の生徒が解けなかった問題を解いていると、周囲(異性)から答えを聞かれることがあります。
高得点を取っているイメージが定着していると、テスト日・返却日に周囲から話し掛けられやすくなります。
ということを頭に入れておくと、「みんなからチヤホヤされる」という勉強の目的ができて、やる気につながります。

4. 授業中


手助け
  • 教科書を忘れた(隣の席の人に見せてあげる・見せてもらう)
  • 消しゴムを落とした(落ちた位置に座っている人に取ってもらう・取ってあげる)
  • プリントが足りない(後ろの席の人のぶんも代わりに取りに行く)
  • ページ数を教える(前日、休んでいた人に教科書のどこまで進んだのかを教える・教えてもらう)

特殊な授業
特殊な授業により、私語ができたり、普段会話しない人と交流できるチャンス。

  • 自習(先生の休みにより、完全に自由・プリント問題配布・指示内容を行う・代替教師による授業など)
  • 調理実習(持ち寄った材料で料理を作る)
  • 校内学習(教室の外に徒歩で出て、青空のもとで体験)
  • 校外学習(学校の外に徒歩で出て、どこか屋外や屋内で見学・体験)
  • 遠足(学校の外にバスで出て、どこか屋外や屋内に日帰りで見学・体験)
  • 修学旅行(学校の外にバスで出て、どこか屋外や屋内に泊まり込みで見学・体験)
  • 運動会・体育祭(クラス対抗の同学年だけのスポーツイベント)
  • 文化祭・学園祭(クラス別に用意した全校生徒のイベント)
  • 合唱コンクール(クラス対抗の歌合戦)
  • 身体測定(体のサイズを測ります)
  • 体力測定(体力・筋力を測ります)

特殊なイベント
消極的な人と積極的な人との分かれ道。

  • 席替え(教室内の座る位置を変える)
  • 座席決め(遠足のバスの座る位置を決める)
  • 役職決め(委員を決める話し合い)
  • 班決め(イベントのグループを決める話し合い)
  • 題目決め(イベントの内容を決める話し合い)
  • 問題解決(クラスでトラブルがあったときに話し合い)

先生に怒られるタイプ
  • 忘れ物(授業中・部活中に道具がないので何もできない)
  • やり忘れ(トラブルが発生)
  • 身だしなみ(髪型や髭が派手・化粧をする・服装がルーズ)
  • 私語(先生の話を聞いていない)
  • よそ見(先生のほうを向いていない)
  • 反発(先生に逆らう)
  • イジメ(誰かをイジメる)

5. 休み時間


会話
  • 次の移動場所
  • 次の授業科目
  • 次の学校のイベント
  • 部活
  • 進路
  • 恋愛
  • テレビ番組や有名人
  • 地域のお店

特殊な場所
  • トイレ(男友達が個室に入っている間に見張り役を任される)
  • 図書室(本が読める・借りられる)
  • 保健室(ケガの治療や着替えを貸してくれたり、悩みを聞いてくれる。また、具合が悪いと休ませてもらえたり、事情があれば教室で受ける中間・期末テストを保健室で受けられる)
※友達をフォローすると喜んでもらえます。

手助け
前日、休んだ人にノートを写させるために貸してあげる

6. 昼休み


昼食の場所
※学校の階級によって昼食を食べられる場所が限られます。
※食堂のメニューによっては昼食後の授業中までニオイが残る場合があるので、メニューの選択(※湯気が出る系・味が濃い系など)には要注意。

  • 教室(移動制限)(小学校だと独りぼっちの生徒を出さないよう班で机を合わせる)
  • 教室(移動自由)(独りぼっちだと目立ちます。進級後に友達作りに失敗すると厳しいことになります)
  • 食堂(普段会わない人と隣同士や相席になれます)
  • 屋外(景色を楽しみながら食事ができます)

昼食の種類
  • 給食(学校が用意した料理)
  • 食堂(学校が販売している料理)
  • 売店(学校が販売しているパン類や飲料類)
  • お弁当(親が用意した食事)
  • おかず交換(知人とおかずを交換)
  • お弁当交換(知人と中身を確認せずにお弁当を交換)
  • 手作り弁当(知人のお弁当を作る・作ってもらう)
  • コンビニ(登校時にコンビニで購入しておいた食事)

楽しむ

7. 部活


年上
  • やさしい顧問(部活が楽しい)
  • 厳しい顧問(成長させてくれる※感情的なだけの顧問は例外)
  • 性格が良い先輩(部活が楽しい)
  • 厳しい先輩(成長させてくれる※感情的なだけの先輩は例外)
  • 悪乗りする先輩(被害に合ったり、一緒に行動を共にするとトラブルを起こす)

年下
  • 性格が良い後輩(愛想が良く、仲良くなれる)
  • 悪乗りする後輩(弱気な先輩に対して強気な態度をとる)

人と接するのがつらい―人間関係の自我心理学 (文春新書 (074))
根本 橘夫
文藝春秋
売り上げランキング: 10,757

8. 下校中


帰宅の仕方
  • 居残り(学校内のどこかで会話や勉強会をしてから帰宅する)
  • 寄り道(どこか屋外や屋内施設で会話や勉強会、遊んでから帰宅する)
  • 夕食(お店で友達と夕食を食べてから帰宅する。または購入した商品を屋外で食べる)
  • 訪問(家に遊びに行く・家に遊びに来てもらう、勉強会を行う)
  • コピー(試験前にコンビニでノートをコピーさせる・コピーさせてもらう)
  • 届け物(休んだ人の家に何かを届ける※休んだ日の授業に使った物やプリント、ノートのコピーなど)

9. 下校後


連絡方法
  • メール(文章の送受信)
  • 電話(声で会話)
  • テキストチャット(文字で会話)
  • ビデオチャット(動画で会話)

最後に


4月が勝負です。
最初に人間関係作りに失敗すると、孤立します。
わざわざ自分たちの輪に入れてあげようと気を使ってくれる人がいれば神様ですが、そうはいません。
また、自分の好みに合う友達作りも大変です。
人間性は多様です。
人気者のグループ(明るくて運動系の部活をしていることが多い・大人数)、地味なグループ(図書室にいたり文化系の部活をしていることが多い・少人数)、ヲタクなグループ(アイドルや漫画やアニメやゲームや好き・少人数)、大人っぽくて冷めたグループ(テンションが低く冷静・少人数)、悪乗りするグループ(ルールを守らない・人数不定)など。
自分に合った人柄を見極めて、今後の付き合いをする友達を探しましょう。

スポンサーリンク