初心者必見!バス釣りの仕掛けやテクニック

地元の川にブラックバスがいるとは言われるけど、意外と釣れなかったりします。
ということで、初心に帰って一から勉強しましょう。

ソフトルアー(ワーム)での釣り方


ノーシンカーリグ
特徴は、フックとワームの重みだけでキャストする。
動きは、着水するとゆっくりと沈み、ロッドをあおるとフワッとした柔らかい動きが出る。
裏技は、4インチ程度の細身な棒状のワームの腹あたりをマス針で引っ掛けて動かす「ワッキーリグ」という方法がある(「へ」の字のようなクネクネした動きが出る)。

  • 長所(シンカーを付けていないぶんルアーが軽く水中でゆっくり動くので、バスが食い付きやすい。)
  • 準備
  • 投げる(ソルト入りではなかったりワームが小さいと遠くに飛ばない。また、ロッドが固い、ラインが太い・硬い・巻き方が悪いなどの条件だと遠くに飛ばない。)
  • 技術(フォールが遅い・動き遅く攻めるテンポが遅い・浮き上がりやすい。)
  • 範囲(軽く動きが遅いので広い範囲や水深が深いところを攻めるのに向いていない。)
  • 喰い付き
  • 注意点(ガードなしのマス針は根がかりしやすい。)

ジグヘッドリグ
特徴は、フック自体(フックの根元)にシンカーが付いている。
動きは、着水するとシンカーを先(下方向)にして沈む(沈む速度はシンカーの重さによる)。また、ロッドをあおるとスゥーッとした勢いのある動きが出る(動きはシンカーの重さによる)。
裏技は、シンカー部分からまっすぐに伸びたガード付きのフックだと根がかりしにくい。ただしガードが固すぎるとフッキングしづらい(ガードを少しカットすることでガードの反発力を弱めることはできる)。

  • 長所(シンカーの重みを利用したトリッキーな動きを出せる。)
  • 準備(ワームの形状ごとのフックが必要。)
  • 投げる
  • 技術
  • 範囲
  • 喰い付き
  • 注意点(オフセットフックではないストレート針は根がかりしやすい)

テキサスリグ
特徴は、フックとワームのすぐ横に円すい型のシンカー(+シンカーを動かなくさせるウキ止めゴム)を付ける。
動きは、着水するとシンカーを先(下方向)にして沈む(沈む速度はシンカーの重さによる)。また、ロッドをあおるとスゥーッとした勢いのある動きが出る。
裏技は、フックの横にビーズ玉を挟んでからシンカーを付ける(やや隙間を開ける)ことで、ロッドを小刻みに動かしてシンカーとビーズの接触音でバスをおびき寄せることができる。ただしシンカーやビーズの種類や組み合わせ方によっては音が出ない。また、音でバスをおびき寄せる効果が本当にあるのかはさだかではない。

  • 長所(ラインからワームまでがまっすぐの構造なので根がかりしにくい。)
  • 準備(ウキ止めゴムを付ける手間が掛かる)
  • 投げる
  • 技術(根がかりする場所に向いているリグではあるものの、慣れていない人が使うと根がかりしやすいポイントを攻めているだけに根がかりしやすい)
  • 範囲
  • 喰い付き
  • 注意点

スプリットショット
特徴は、ライン先にフックとワームを付け、ラインの途中にシンカーを付ける(※シンカーの位置は自由)。
動きは、着水するとシンカーを先(下方向)にして沈む(沈む速度はシンカーの重さによる)。

  • 長所(水底の構造物に住み着いているバスを探すのに向いている。)
  • 準備(リグを変えるときにシンカーをラインから外すのに手間が掛かる)
  • 投げる(シンカーの位置をワームから離しすぎると、キャスト時にシンカーとワームのそれぞれの重みが干渉し合うためコントロールしづらい。)
  • 技術(ロッドのアクションがルアーに伝わらない。)
  • 範囲
  • 喰い付き(バスのアタリがシンカーに吸収されアタリが取りづらい。)
  • 注意点

ダウンショット
特徴は、ラインの先にシンカーを付け、ラインの途中にフックとワームを付ける(※フックとワームの位置は自由)。
動きは、着水するとシンカーを先(下)にして沈む(沈む速度はシンカーの重さによる)。また、ロッドをあおるとフワッとした動きが出る。
裏技は、フックをマス針にする「ワッキーリグ」を併用することができる。

  • 長所(ラインの途中にワームがあるため、常に水中で宙に浮かんだ高アピール状態になるし、特定の場所に居ついているバスを狙い撃ちできる。)
  • 準備(ラインの途中にフックを取り付けるのに手間が掛かる)
  • 投げる(シンカーの位置をワームから離しすぎると、キャスト時にシンカーとワームのそれぞれの重みが干渉し合うためコントロールしづらい。)
  • 技術(ロッドのアクションが伝わっていない場合がある)
  • 範囲(水深が浅い場所ではラインがまっすぐ張らなかったり、ワームの向きが横向きにならないためワームに動きを与えられない。また、水面近くを攻めるのに向いていない)
  • 喰い付き(構造上バスが食らい付いたときに違和感を与えやすい。)
  • 注意点(ガードなしのマス針は根がかりしやすい。)

ソフトルアーの良し悪し


良い点
  • 安い
  • 安いので引っかかりやすい場所、コンクリ―トへの衝突による破損を恐れなくていい
  • 針先をワームの中、もしくはワームと水平にするので構造物に引っかかりにくい
  • ルアーが水中に沈むため目の前にいるバスでも攻めやすい(フォールが使える)
  • 知り合いに貰う・あげる・交換してもらいやすい
  • フォーミュラー(集魚効果のある匂いや味)を付けられる・漬けられる※フォーミュラーに効果が本当にあるのかはさだかではない

悪い点
  • ラインへフックを結ぶのやワームの取り付けが面倒
  • ガード性能を高めるとフッキングでバレやすい(マス針のワッキーを除く)
  • 一匹釣っただけでワームが裂けることがある

ハードルアーの良し悪し


良い点
  • ラインへの取り付けやルアー交換が簡単
  • 針先がむき出しなのでバスがかかりやすい、フッキングしやすい
  • 一匹釣ってもルアーが壊れにくい

悪い点
  • 値段が高い
  • 値段が高いので引っかかりやすい場所、コンクリ―トへの衝突による破損が恐い
  • 針先がむき出しなので構造物に引っかかりやすい
  • すぐには水中に沈まないため目の前にいるバスは攻めにくい(ルアー特有の動きを出せる水中に潜り込む距離が必要)
  • フォーミュラー(集魚効果のある匂いや味)を付ける・漬けるのに不向き※付けられないこともないのですが集魚効果は期待できない

ロッドの動かし方


ズル引き
動きは、ロッドを縦(もしくは横)に引っ張って、ルアーを水底に滑らせるように動かす(縦のほうがバスの反応がわかりやすいしフッキングしやすい)。
ロッドを動かしているときに何かの反応があったら止めて、バスのアタリか見極め、何も反応がなければ同じことを繰り返す。

裏技は、水底の構造物に当たった後、「シェイク(ジグヘッドやダウンショットなので定点で小刻みに動かし続ける)」や「浮遊(※スプリットショットなのでシンカーの動きを止めてもワームだけ慣性で動くので浮く)」。

注意点は、水底を攻めるので根がかりしやすい。

ただ巻き(スイミング)
動きは、ロッドを立てたままリールを巻いて、ルアーを水中に泳がせるように動す。
とにかく何かの反応があるまでリールを巻き続ける。

裏技は、リールを巻き続けるのを途中で止めたり巻いたりを繰り返す「ストップ&ゴー」。止めてバスに食らい付く時間を作る。

注意点は、バスがルアーにアタックしているのにも関わらず巻いてしまうとバレやすい。

リフト&フォール
動きは、ロッドを寝かせた状態から立ててルアーをリフト(浮かせて)、ロッドを寝かせてフォール(沈ませる)という一連の動きを繰り返す。
何かの反応があるまで繰り返す。

裏技は、リフト時に「トゥイッチ」を併用する。

注意点は、ロッドを動かす動作とリールを巻く動作の間にラインが緩むことで、バスがルアーに食いついた反応を見逃すことがある。

トゥイッチ
動きは、ロッドの竿先を縦(もしくは横)に小さく動かし、ルアーを小さくスッと動かす(縦のほうがバスの反応がわかりやすいしフッキングしやすい)。

ジャーク
動きは、ロッドの竿先を縦(もしくは横)に大きく動かし、ルアーを一気にスィ―ッと動かす(縦のほうがバスの反応がわかりやすいしフッキングしやすい)。

注意点は、バスがルアーにアタックしているのにもルアーを一気に動かすのでバレやすい。

シェイク
動きは、ロッドの先を小刻みに動かし、ルアーをプルプルするように動かす。

注意点は、ラインがゆるんでいるとルアーに動きが伝わらない。

リールの巻き方


ロッドを動かしながら
動かし方は、ロッドを動かしながら同時にリールを巻く。
良い点は、リールを巻いている間、ラインが張っているためバスが食らい付いたのが分かる。
悪い点は、ルアーが動き続けているので、バスがアタックするとバレやすい。

ロッドを動かし終えたあと
動かし方は、ロッドを動かし終えた後リールを巻く。
良い点は、リールを巻いている間、ルアーが止まった状態なのでバスが食らい付く時間が生まれる。
悪い点は、ロッドを寝かせながらリールを巻いている間はラインがゆるむのでバスが食らい付いても反応が分からない。

バスの食らい付いた時の反応


ツンツンッ!
ロッドの竿先に小さなツンツンとした小刻みな反応。
シンカーの重みや構造物との接触と勘違いしやすい。

グングンッ!もしくはグ~ッ!
ロッドにグングンもしくはグ~ッと引っ張られる大きな反応。
明らかな魚の引きで分かりやすい

ヌ~ッ!
根がかりしたようなラインを巻いてもロッドを立てても全く動かない固い印象でもなく、ラインを巻いたりロッドを引くと近づいてくるヌ~ッとした重たい反応。
ゴミや草木・藻などと勘違いしやすい。

ビシッ!
ラインがきつく張ってロッドに大きな抵抗感で、ラインを巻くほど反応がひどくなる。
根がかり。

ラインの太さ


1~2号
ラインが細いほどキャスト時に遠くに飛ぶ。
1~2号であれば根がかりや陸上の構造物への引っかかり時に、手で引っ張れば簡単にラインが切れる。

3号以上
ラインが太いほどキャスト時に遠くに飛ばない。
3号以上であれば太ければ太いほど手で引っ張ってもラインが切れない。
水中での根がかり時にはラインが切れにくいので、手で引っ張れば大量の水草や藻などが付いてくる。
また、陸上の構造物への引っかかり時にはルアーが外れた瞬間に吹っ飛んで来たり、草木が引っ張られて動く怪奇現象的な状況になったり、ちぎれて塊になった草木が水上を移動するので恥ずかしい思いをする。

シンカーやワームの重さ(個人的な感覚)


シンカーの場合は一点に重さが集中し、ワームの場合は形状によりますが全体に重さが分散されます。
※スピニングリールを使用時。
※シンカーはノンソルトの4インチサイズ以下のワームを使用時。
※キャストのしやすさはワームの重さ・形状、ロッドの固さ、ラインの太さ・硬さ・巻き方などの条件に左右されます。
また、水の深度や流れの速さ、構造物を攻める、使用するリグなどの条件によって求めている重さが左右されます。

1/32オンス(約0.9グラム)
シンカーやワームの重さとしては軽すぎる印象(シンカーとしてはワームの重さより軽いことが多い、ワームとしては商品として売られていない?)。

1/16オンス(約1.8グラム)
シンカーの重さとしては使いやすい印象(ジグヘッドではスゥ~ッとほど良く沈む)、ワームの重さとしては軽すぎる印象(ノーシンカーではキャストしづらい)。

3/32オンス(約2.7グラム)
「1/16」「1/8」の間の印象。

1/8オンス(約3.5グラム)
シンカーの重さとしては重い印象(ジグヘッドではスゥーッと勢い良く沈む、テキサスやダウンショットでは使いやすい)、ワームの重さとしては使いやすい印象(キャストしやすい。ノーシンカーでキャストするには3グラム以上は欲しい)。

以上より重いシンカーは、定点でシェイクしたり、水中の構造物の中を攻めたり、重いワームを使うときに使用。
また、4グラム~5グラムを超える重いシンカーやワームはスピニングリールでキャストするとブッ飛びます(シンカーは一点に重さが集中するので、同じ重さでも全体に重さが分散されたワームよりブッ飛びやすい)。

釣り場所の探し方


Google検索
Googleの「検索」を使う。
キーワードの例。
  • 都道府県名(※「都」「府」「県」は入力しない)
  • 「バス釣り」、「バスフィッシング」、「ブラックバス」、「バス」。上記の地名に追加する(※「バス」だけだと乗り物ほうが結果に出やすい)
  • 「○○川」、「○○池」、「○○ダム」、「○○湖」「○○橋」※○○には名前を入力

コミュニティサイト
SNSやQ&Aサイトなどを使う。
検索ボックスに上記のキーワードを入れて検索。
※会員登録してログインしないと見れないページがあります。
※設定を変えると並び順(閲覧数順や新投稿順など)が変えられます。
※見知らぬ人と交流する方法もありますが、トラブルに巻き込まれないよう注意してください。

Google マップ
検索サイト大手の「Google」の「地図」を使う。

使い方(PC版)。
※パソコンの性能によってはページの読み込みが重いです。
※地図の画像は数年前のものなので、実際に行ってみると草むらになっていたり景色が全く違っていたりします。
  1. 検索ボックスに地名を入力して検索
  2. 画面下の「Earth」と書かれている部分をクリックして航空写真に切り替える
  3. あとは画面を移動させたり、拡大・縮小・3D化させる(画面右下に3D化アイコンがあります)

動画サイト
ブラックバスを釣っている人の動画を見る。

使い方(PC版)。
※各動画サイトのトップページ(ホームページ)の説明。
  • トップページの「動画」(投稿順や閲覧数順に並び替えられるページ)
  • トップページの「再生リスト」(投稿した動画をカテゴリー分けしているページ)
  • トップページの虫メガネアイコン(閲覧している動画サイトからキーワード検索できる)

野池の釣り禁止の事情


理由
  • 子供の転落防止(死亡事故が起きると池の管理者が責任を追及される)
  • 護岸(岸近くに立つともろくなり、大雨の日に崩れる)
  • 路上駐車(路上駐車により付近の住民に迷惑がかかる)
  • 他人の徘徊(見知らぬ人がうろつくのを良く思わない住民もいる)

対策のされ方
  • 上記の内容、「魚釣り禁止」「通報します」などの立て看板
  • 柵、フェンスの設置で侵入させない
  • 看板が出ているのにもかかわらず釣りをしていると警察に通報されます

注意点


降雨
雨が降ったあとは土がぬかるんでいたり、石がすべりやすくなっています。
転倒したり、靴がドロドロになるので注意が必要です。


夏の屋外は蚊が飛んできて非常に不愉快です。

木や草の茂みの危険
蛇(マムシ)や蜂(スズメバチ)、野生の動物(サル・クマ・イノシシ)など危険な生き物がいる地域で行う場合は、必ず注意してください。
また、畑を害獣に荒らされないよう有刺鉄線(※トゲのついたハリガネ)や電気柵(※電気が流れている柵)が設置されていることもあります。

フナ・コイ釣り
周囲でフナやコイ釣りをしているときはできるだけ釣りをするのは避けたほうがいいです。
近くでルアーの着水音を鳴らしたり、波紋を広げるだけでトラブルのもとになります。
また、コイ釣りは数十メートルにわたって仕掛け(ライン)を張り巡らしているのでひっかけないように注意しましょう(※コイ釣りは餌を水中に沈めておいてコイが泳いでくるのを待つので、竿を立ててラインを長く張っています)。

情報収集


本やDVD
バス釣りの本(月刊誌や単行本など)を読んだり、DVDを見て研究する。

釣具店で情報収集
釣具店で店員さんにブラックバスが釣れる場所を聞いたり、店内にある釣果報告(※写真や道具の内容・場所が掲示されていることがある)を見る。
釣具店はタウンページで調べられます。
「釣具」「釣具点」などのカテゴリーと都道府県を合わせて探す。

コツ


いつ?
最低気温が18度~20度以上ぐらいはほしい。下回ると活性が低下。
北風が吹く時期は南に向かってキャストできる場所。

どこで?
川は本流より合流地点から支流、ワンド。
夏は涼しいところ(影があるところ)。
冬は暖かいところ(家庭用排水や工業排水などの温水が流れ込むところ)。

なぜ?
釣れない理由は以下。
  • バスがいないから。いないところで延々とルアーを投げていることに気づいていない
  • 他人の情報をうのみしているから。他人の情報と自分が釣行した日が同じ条件ではない
  • 逃げたから。すでに自分より先に誰かが同じところで釣りをしていてバスが逃げてしまっている
  • 前回釣ったのがたまたま回遊してきたバスだったから。つまり、いつもそこにいるわけではない
  • 季節の変わり目だから。気温に変化があると途端に居場所が変わるから

どうやって?
バス釣りは「探す」が基本。ノーシンカーやダウンショット以外のリグでバスを探して、居つきバスが見つかったらノーシンカーやダウンショットを使う。
ブラックバスがいる場所がわかったら、あとはアタリを探すのみです。
他人の釣果はあくまでも、釣行日時、直近の気温や降雨状況、狙った場所、使用したルアーなどによって違うので、あくまで「その数十メートルから数百メートル内の大きな範囲内にブラックバスがいた」という事実です。
そこに行けば必ず同じ釣果を得られるとは限りません。
とにかく諦めずに「アタリを探す」ことが大事です。

いくら?
値段が高い道具ほどルアーの飛距離・アクションが良く、でかバスにも対応できる。
ただし安くてもリグをうまく操れば釣れる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク