ページが閉じれない悪質なサイトの対処法

さすがにビックリした。びっくりせざるを得なかった。
ネットをしていたらページが閉じれないトラップページに初めて引っ掛かったのですから。

あるサイトのリンク集を一つずつ開いていたら、急にページ上がブルースクリーン(※不具合でWindowsが強制停止されたときに発生する画面)みたいに青色に染まりました。
本来ブルースクリーンというのは、画面全体が青色に染まって英語の文章が表示されるのですが、これがなぜだかブラウザのページ上が青色に染まり日本語の文章が表示されるというなんとも不可思議な事態に遭遇。
さらにページ上には警告ウィンドウが表示され、主に下記の情報が書かれていました。

  • あなたのパソコンはウイルスに感染している
  • 利用(契約)しているプロバイダ名
  • プロバイダからの警告として個人情報が危険にさらされているという内容
  • サポート電話番号

おおっ!これはもしや、新手の詐欺サイトではないですかっ!!
いつもはおかしなサイトにアクセスしてしまったとしてもセキュリティソフトが警告ウィンドウを出しつつページを開くのを防いでくれていたのですが、その時ばかりは何も警告はありませんでした。
代わりに、上記の文章の警告ウィンドウが表示されていました。

まあ、こんなのには引っかからないですよっと、タブで開いていたページを閉じようとバツ印をクリックしたところ…、聞き慣れたWindowsの警告音がっ!!
しかもページが閉じられないではないですかっ!!
しかもしかもブラウザも閉じられないではないですかっ!!
おおっ!!マジですかっ!!こんな体験は初めてだったので、恐怖を感じました。

じゃあということで「Ctrl + Shift + Esc」ではどうですかな?
キーボードの「Ctrl」「Shift」「Esc」を同時に押すと、現在使用中のソフトを強制終了できる「タスクマネージャー」というものを呼び出せます。

  1. キーボードの「Ctrl」「Shift」「Esc」を同時に押す(※「タスクマネージャー」が起動します)※使用しているパソコンによって押すボタンが違い、「Ctrl」「Alt」「Del」の同時押しの場合もあります
  2. 使用中のブラウザ名をクリック(※クリックしてソフトが選択されると、「タスクの終了」ボタンが押せるようになります)
  3. 「タスクの終了」をクリック(※クリックすると、選択したブラウザが強制的に終了します)

これがダメならさすがにヤバいよ、ヤバいよ、リアルガチでヤバいよ。
と焦っていましたが、案の定ブラウザを強制終了すると助かりました(※ちなみに、タブで開いたページ単体を終了するだけだと消えなかったです)。
ふうっ!!やれやれですな。

さて、まずは警告ウィンドウに表示されていた内容を検索サイトで調べてみますか。
まったく情報はなし。
こちらはどうか。プロバイダのサポート電話番号は?
見つからない。
やはり詐欺サイトでしたか。
本当に存在するのであれば、利用しているプロバイダが情報ページを作っていて検索結果に出るはずですからね。

にしても、ブラウザ(ページ)を終了できないようにするなんて、なかなか手の込んだことを。
悪意のあるプログラムを使用したのではなく、ブラウザが持っている通常の機能を利用(悪用)している方法だから、セキュリティソフトでさえ反応しなかったのでしょう。
また、プロバイダ名を表示して信用させようとするところが悪質。私も一瞬だけは信じましたね。
ちなみに、プロバイダ名を相手に知られても問題はありません。
そもそもサイトにアクセスすると「アクセス解析」という機能を取り付けてあると、誰だって訪問者のプロバイダ名を知ることはできます(※ブログをしている人なら、ほとんどの人が取り付けている機能です)。
その悪質なサイトはアクセスしたのと同時に、利用しているプロバイダ名を表示してあたかもを「リアル」な感じで不安にさせていたのです。

次に、こういった手口の情報はあるのか検索してみたところ、ありました。あるじゃないですか。

私のケースとはやや文章が違いますが、上記の情報とほぼ一致します。
ちなみに、別のパターンも存在するらしいです。これは恐いですね。

もしタスクマネージャーを呼び出す方法を知らない人がブラウザを閉じられなかったらどうするのだろう?
やはり、偽サポートの電話番号に電話してしまうのでしょうか?
もし他人に見せられないお色気たっぷりのページを表示しているときに消せなかったら?
タスクマネージャーの呼び出し方法(「Ctrl + Shift + Esc」)を覚えてない人はぜひメモっておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク