俳優・女優になる方法

テレビやCMで演技をするお仕事に付きたい人は必見。
対策をまとめてみました。

演劇部に入る


学生時代に部活として「演劇部」を選びます。
学生のうちに舞台の経験・知識を積むことができます。
将来の進路(舞台など)の情報を得ることができます。
文化祭(学園祭)で劇をやるのもいいですね。

俳優養成学校に入る


俳優を育てる学校に通います。
ただし有料です。

舞台俳優になる


劇団に入ります(テレビ局関係者から見つけてもらい仕事をもらうのを待ちます)。
舞台での仕事が板に付いていれば、テレビドラマ・映画などの仕事がなくなっても舞台の仕事に戻ることができます。

オーディションを受ける


俳優募集などのオーディションを受けます。
オーディションは随時募集をしているので、見つけ次第受けます。

別ジャンルから目指す


一度何らかの形で芸能界に入り、そこから俳優を目指します。

エキストラ
エキストラの募集に応募して、まずは群衆の中の一人の役をもらいます。
チョイ役だとしてもドラマの制作に関われるので、運が良ければスタッフに採用してもらえます。

タレントなどから転身
タレントなどテレビに出る仕事をし、そこからドラマスタッフに採用してもらいます。
一旦、タレントになる必要があるのでハードルが高いです。

俳優の付き人
俳優に直接志願して付き人(お手伝い)になります。
いきなり頼み込んでも付き人にならせてもらえない可能性が高く、間違えばストーカーとして通報される恐れがあります。

ポイント


自分のルックス(見た目)に合った役を目指しましょう。
顔や体型から「美醜」「性格」「年齢層」など、役のイメージにハマる役者を目指すことが大事です。

シリアスな役者向き
誰もが憧れる顔立ち。
顔が整っている(美男・美女)。
コメディ作品ではあえてギャップを付けてコミカルな役あり。

コメディな役者向き
やわらかい印象な顔立ち(特に目つき)。
垂れ目(目じりが垂れている)、顔が丸い。
理由としては、眼光がやわらかい印象を受けます。
コメディ作品ではあえてギャップを付けてシリアスな役あり。

ヒールな役者向き
冷たい印象を受ける顔立ち(特に目つき)。
猫目(目尻が上がっている)、顔が縦長。
理由としては、動物が怒っているときの目の特徴が常に顔のパーツとして存在しているため恐い印象を受けます。
コメディ作品ではあえてギャップを付けてやさしい役あり。
また、強気な性格をしているキャラクターの役あり。

セクシーな役者向き
肉感的な顔立ち・体つき。
唇が厚い、体つきにメリハリがある。
理由としては、性的な印象を持つ部分の印象が強いため。
コメディ作品ではあえてギャップを付けて真面目な役あり。

バイオレンスな役者向き
威圧的な恐い顔立ち。
目つきが鋭い(一重・釣り目)、眉間にシワが入っている、口角が下がっている、大人っぽい。
理由としては、動物が怒っているときの表情の特徴が常に顔のパーツとして存在しているため恐い印象を受けます。
コメディ作品ではあえてギャップを付けてコミカルな役あり。

いつ売れるのか?


外見や人間性に個性があってすぐに起用されたり、(脇役とはいえ)ヒット作にめぐまれて人気が出たり、それが明日かもしれないし数十年後かもしれません。
演技力を身に着ける努力も必要ですが、将来が見通せないので忍耐力も必要です。

スポンサーリンク