市販グッズで撃退!ゴキブリ対策・退治方法

毎年あったかくなってくると出没するゴキブリ。
今年は本気で取り組んでみたら劇的な効果があったのでお知らせします。

ゴキブリが出る時期


ゴキブリが出る時期は何月頃なのか?というのは地域差(暖かい地方なのか、寒い地方なのか)や、環境(清掃状況・建物構造・周辺環境)によって違うので何とも言えませんが、春から夏にかけて気温が上昇すると出ます。
気温でいうと、最低気温が20度台前後あたりから出ます。
つまり、自分の住んでいる地域の「最高気温」ではなく「最低気温」を調べれば、出没時期がわかります。
最低気温が10度台後半あたりの時点でゴキブリ対策をしておけば効果が上がると思います。

逆に、最低気温が20度を下回り始める夏から秋にかけて見かけなくなってきます。
見かけなくなるのであって床下にいる場合もあるので、秋から冬にかけて季節の変わり目による気温のアップダウンによっては暖かい日に出てくることもあります。

ゴキブリの出る時間帯


ゴキブリが出る時間帯は、太陽が沈み、あたりが暗くなった夜の時間帯で、特に住人が歩いて振動を出さなくなる(寝ている)時間帯に出てきます。
暗いところほど活発に動き回ります(※「暗い=人間が活動していない場所=振動が無い」という見方もできます)。

ゴキブリが出やすい場所


見たところ
(同じところで何度も見たとすれば、)実際に見たところは通り道になっていることが多いです。
エサ場としている場所がどこかにあったり、家の中と外との出入り口がどこかにある可能性が高いです。

糞(ふん)があったところ
朝になると家のどこかに黒い粒や黒い液体のような糞が見つかることがあります。
夜中にうろついている周辺で用を足しているので出やすい場所になります。


台所
流し台の上や流し台の中などに、調理の際に飛び散った食べ物・調味料など(カス・汁・ニオイ)が残っています。
また、流し台の周囲は通り道になっていることが多いです。
特に注意したいのは隙間の空いている食器棚です。隙間から入ることがあり、糞が残っていることがあります。
特に出る可能性が高い場所です。

調理器具
食べ物・調味料の洗い残しや飛び散ったもの(カス・汁・ニオイ)が付着しています。
コンロ・電子レンジ・トースター・炊飯器などの加熱器具、戸棚にしまっていない調味料やキッチングッズなど。
キッチングッズは使う前に洗ったほうがいいです。
特に出る可能性が高い場所です。

冷蔵庫
食材(食品)の出し入れの際に、周辺に飛び散った食べ物(カス・汁・ニオイ)があります。

ゴミ箱
ゴミを捨てる際やゴミの日に出すため中身を取り出した際に、飛び散ったカス・汁・ニオイがあります。
特に生ごみ用、プラスチック・缶のゴミ箱。
特に出る可能性が高い場所です。

人を洗うところ
洗面所やお風呂など、前者はブラッシングの際に歯垢・唾液やフケが飛び、後者は洗い落とした垢・汗があります。

トイレ
目に見えない汚れがあります。
他の場所と違い、個室なのでそれほどは出没しませんが、戸に隙間があると入り込みます。

隙間
家の中と外の隙間から入ってきます。
  • 排水溝(使用した水を家の外に流す※お風呂・台所・洗面所)
  • 換気扇(部屋の空気の循環のため、家の中の空気を外に出す※台所・トイレ)
  • 通風孔(屋根裏・床下の空気の循環のため、家の中に風を取り込む)
  • 木造の戸(密閉にはならず隙間がある)

意外なのは夜の時間帯に、上水のパイプの中を進んでお風呂や洗面所に入ってくることがあります。
一般的な住宅では家の外に排水が貯まる貯水穴があると思うので、フタを開けて中をのぞいてみるといるかもしれません。

ゴキブリが出やすい環境


  • 最低気温が18~20度以上の暖かさ(活動しやすい)
  • 食べ物・調味料などのカス・汁・ニオイがある(集まりやすい)
  • 家に隙間が多い(家に入り込みやすい)
  • ご近所さん宅のゴミの管理の仕方や清掃状況が悪い(他で繁殖しやすい)
  • 近くに町内やお店のゴミ集積場がある(他で繁殖しやすい)
  • 近くに飲食店や食料品店がある(他で繁殖しやすい)

ゴキブリの大きさ



眼鏡ケースのような形をしています(笑)。
時々、中身の入っていない空の卵が家のどこかから見つかることがあります。

小タイプ
3mmぐらいの黒色で幼虫です。
どこかで卵がかえると急に出ます。
動くスピードは速くないので追いやすく対処しやすいです。

中タイプ
7mmぐらいの赤っぽい色です。
この中タイプのあと、下記の大タイプに変身します。
動くスピードは速くないので追いやすく対処しやすいです。

大タイプ
2.5cmぐらいの黒色で成虫です(※「中タイプ」の触覚は数ミリ程度ですが、「大タイプ」になると長くなります。)。
動くスピードは速く、対処が難しいです(※弱っていると対処しやすいです)。
※小・中・大タイプをそれぞれ画像検索サイトで「ゴキブリ 卵」「ゴキブリ 子供」「ゴキブリ 赤」「ゴキブリ」というキーワードで検索すると、どのような外見なのかが分かります(※ゴキブリの画像がたくさん出てくるので閲覧には注意してください)。

対策法


掃除する
特に食べ物・調味料などのカス・汁・ニオイが残る場所や、生ごみ置き場を重点的に掃除する。

隙間を減らす
家の中に侵入する出入り口を探してふさぐ。
また、生ごみを入れるゴミ箱の隙間をなくす(定期的にゴミ箱を洗う)。

駆除する
対策・駆除グッズを使って退治する。

対策グッズのタイプ


捕獲タイプ
箱の中の底に粘着シートがあり、付属のエサのニオイに誘われて箱の中に入ったときに張り付くことで捕まえられます。
粘着シートがゴキブリで満杯にならない限り、効果が続きます(※エサのニオイや粘着シートの粘着力がどのくらいの期間まで続くのかは設置場所によります)。

  • ○: 捕まえて駆除することができます。
  • ×: どこかで卵を産んで増え続けるので全滅させることが難しいです。
    捕獲した箱を捨てるときに気持ち悪いです。
  • 対象: ゴキブリに使えます。
  • 注意点: 子供や動物の視界に入るところに置いておくと粘着シートに触って引っ付く恐れがあります。
    エサが付いていますが「ニオイで誘う用」なので危険性は低いです。
  • ☆: 殺虫成分を使いたくない人向け。

アース製薬 ごきぶりホイホイ デコボコシート 5セットx2パック
アース製薬 (2004-06-29)
売り上げランキング: 2,079

エサタイプ
(容器の中の)エサを食べると殺虫効果があります。
効果が現れるまで数週間から数カ月かかります(※環境や生息数に左右されます)。

  • ○: エサを食べた後、巣穴に帰って糞をしたら仲間が食べて効果が広がります。
  • ×: どこか見えないところで死にます(※弱っていたり、死んでいるのを見かけることがあります)。
  • 対象: ゴキブリに使えます。
  • 注意点: 子供や動物の視界に入るところに置いておくと触ったり口に入れる恐れがあるので絶対に手の届かないところや見えないところに置きましょう。
    冷える場所や湿気のある場所に置くと(※容器タイプでは本体を傾けると水分がたれたり)、高確率で綿のような白カビがエサにはえます。
  • ☆: たくさん駆除したい人向け。

アース製薬 ブラックキャップ 12個入り
アース製薬 (2005-05-11)
売り上げランキング: 59

スプレータイプ
スプレー缶で、吹き付けると殺虫効果(※グッズによっては他の効果)があります。
吹き付けて駆除するのに少し時間がかかります。

  • ○: 目の前で駆除することができます。
  • ×: 吹き付けた時に、元気のあるゴキブリに逃げられることがあります。
    スプレーを使いすぎるとニオイがしたり、床が滑ります。
  • 対象: 虫全般に使えます。
  • 注意点: スプレータイプはガスコンロや湯沸かし器、ストーブなど火の気のある場所の近くで使うとガスに引火し爆発する恐れがあるので絶対に使用しないでください。
    子供の視界に入るところに置いておくと誤ってスプレーを噴射させる恐れがあります。
    吹き過ぎるとスプレーが部屋に広がるので体質や持病によっては影響があるかもしれません。
  • ☆: 虫の種類を問わず駆除したい人向け。

アース製薬 アース ゴキジェットプロ 450mL
アース製薬 (2011-11-04)
売り上げランキング: 744

バリアタイプ
スプレー缶で、吹き付けておいた場所に近寄らなくなります。
吹き付けたところに製品の成分が残っている間は寄りつきません(※環境に左右されます)。

  • ○: 特定の場所に集まったり入ってくることを防げます。
  • ×: 吹き付け方が悪いと効果が得られません。
  • 対象: ゴキブリに使えます。
  • 注意点: スプレーなので上記の「スプレータイプ」と注意点が同じです。
  • ☆: 集まる場所や侵入場所に寄せ付けたくない人向け。

ゴキブリがいなくなるスプレー 200mL (防除用医薬部外品)
大日本除虫菊
売り上げランキング: 335

煙(霧)タイプ
製品のタイプごとの使用方法を行うと煙(霧)状の成分が部屋に広がり、殺虫効果があります。
製品を使用している数時間の間に駆除できます。

  • ○: 部屋に生息する虫に効果があります。
  • ×: 霧が届く範囲にしか効果がありません。
  • 注意点: 使用する際に、人体への影響や家財道具の防護・清掃、使用の仕方などについて注意点が多いです。
    新しく住み始めるときに、家財道具が入っていない状態で使わないと手間が掛かります(※マンションやアパートによっては事前に殺虫処理を済ませてから貸し出すことがあります)。
  • ☆: ノミ・ダニも駆除したい人向け。


ハエたたきタイプ
叩いて駆除します。
速攻で倒せます。

  • ○: 力技です。
  • ×: ゴキブリが壁や角、物陰にいると叩きにくいです。
    叩こうと近付いたときに、気配で逃げられることがあります。
  • 対象: 虫全般に使えます。
  • 注意点: 強く叩きすぎると悲惨なことになります(※叩いた後はティッシュや雑巾でふいておきましょう)。
  • ☆: ずっと使えるグッズをほしい人向け。

金網ハエタタキ ピンセット付き  いずれか1本
八ツ矢工業株式会社
売り上げランキング: 25,435

使用上の注意点


子供や動物はなんでもオモチャにするので、殺虫成分が含まれている対策・駆除グッズには危険性があります。
乳幼児の手の届かない(目の届かない)設置場所や保管場所にしてください。
また、近隣の住民が猫を放し飼いにしていることもあるので、(舐めたり食べないとは思いますが)殺虫系のグッズを屋外に設置する場合は念のため注意してください。
もし不安であれば殺虫成分が入っていないグッズを選びましょう。
各グッズの注意事項をよく読んで必ず守りましょう。

個人的な体験談


ゴキブリとの闘いの歴史は長く、過去「捕獲タイプ(ゴキブリホイホイ)」や「スプレータイプ(キンチョール)」を使った経験があります。
まず、『ごきぶりホイホイ』に関して言えば、箱の中の粘着シートにゴキブリが張り付いているのが目に見えるので確かな手ごたえがありました。
ですが、ゴキブリが出ないようにはなりませんでした…。
ゴキブリを捕獲できる数より増える数が多いためか、いたちごっこになっていたと思われます。
一方、『キンチョール』は成虫のゴキブリに吹き付けると、殺虫成分が効く前にスプレーの強風に反応して逃げられることが多かったです。
吹き付けた数日後に弱った状態で見つかることがありましたが、目の前で逃げられるともどかしい思いのまま暮らすことになりました。
一応、スプレータイプはクモやハチなど、ゴキブリ以外の虫には効果絶大だったので大変実用的でした。

さて、このまま同じことを繰り返していたのではいけないと思い、この戦いに終止符を打つため違うタイプを使おうと思い立ちました。
そこで「エサタイプ」の『アース製薬 ブラックキャップ 12個入り』にたどり着きました。
他社製品の「エサタイプ」に比べて12個入りという数量が多い点と、ショッピングサイト『Amazon』のレビュー(使用した感想)で高評価という点に惹かれたのが選んだ理由です。
期待と不安が入り混じった未知なる力を手に入れた私。

戦いの火ぶたは切って落とされた。

まず最初に、自宅のどこにエサを配置すると効果的か?という一人作戦会議を始めました。
前述した「ゴキブリが出やすい場所」を考慮しつつ、ゴキブリの侵入経路を徹底的に考え上げ、無駄のない配置を計算してからエサを置きました。
次に、エサを置いてから3~5日経ったら、一旦ひとつずつエサを持ち上げてみてエサの減り具合を確認。
ここで(大きく)エサが減っているのであればそのままの場所、減っていなければ別の場所に移動、を繰り返しました(※移動時には手袋を付けるか、触ったら手を洗うこと)。
(※この効果のあった場所を覚えておくか、メモしておくと毎年配置に悩みません。出没する時期より少し前から置いておけば見ずに過ごせるかも。)

そして時は流れ、一カ月後…。
まったくゴキブリが出ない…。気配すらない。アイツらどこに行ってしまったんだ……。
効果絶大過ぎて驚きです(笑)!!
もっとお前らと戦っていたかったぜっ!!
今度生まれてくるときには「敵」としてじゃなく、「友」と呼べる関係になれるといいな、とは思いません。もちろん思いません。
ん~、意外とエサが余りましたね…。12個もいらなかったかも…。足りないよりマシだし、結果オーライ!
というわけで、我が家のゴキブリ退治がいとも簡単にできました!

スポンサーリンク

スポンサーリンク