対戦型格闘ゲームの攻略法

ゲームセンターや家庭用ゲームの対戦型格闘ゲームで勝つために必勝法をまとめてみました。

キャラのタイプ



※下に記述しているタイプほど操作しづらい。
※左に位置しているほど移動速度が速く、右に位置しているほど移動速度が遅い。

万能(オールマイティ)タイプ
例: ストリートファイター2(リュウ・ケン)、ヴァンパイア(モリガン・デミトリ・パイロン)
飛び道具や対空技(、突進技)を持っているタイプ。
主人公はここに属する(キャラ選択画面でカーソルの初期位置)。
万能なため初心者が扱いやすいが、際立った特徴がないので攻撃スタイルが単調になりやすい。

技術(テクニック)タイプ
例: ストリートファイター2(春麗・ガイル)、ヴァンパイア(フェリシア・ビシャモン・オルバス)
(飛び道具や)特殊な技を持っているタイプ。
コマンド入力が万能タイプより(レバーを後ろに入れる溜め技が多く)やりづらい。
万能タイプに比べて特殊な通常技で中距離の間合いで戦いやすいが、操作性がやや癖があるので初心者が使いづらい。

肉弾(アタック)タイプ
例: ストリートファイター2(ブランカ・エドモンド本田)、ヴァンパイア(ガロン・サスカッチ・ビクトル)
突進技や巻き込み技を持っているタイプ。
飛び道具を持っていないことが多く、直接相手に攻めに行くキャラである。
飛び道具を撃たれ続けたらつらい。

特殊(トリッキー)タイプ
例: ストリートファイター2(ザンギエフ・ダルシム)、ヴァンパイア(ザベル・フォボス・アナカリス)
癖のある攻撃技を持っているタイプ。
体つき(キャラデザイン)が特徴的であることが多い。。
キャラ固有の動作・独特の操作感を持っているので操作しづらい。

では新キャラが追加されるとどうなるか?
※続編で新キャラが追加された場合、上記のいづれかに該当する。
ベースとなる初期キャラにさらに追加するため、癖のある操作性になっていることが多い。

万能(オールマイティ)タイプ
例: スト2系(サガット、フェイロン)、ヴァンパイア系(リリス、ドノヴァン)

技術(テクニック)タイプ
例: スト2系(ベガ、ディージェイ)、ヴァンパイア系(バレッタ、レイレイ)

肉弾(アタック)タイプ
例: スト2系(バイソン、キャミィ)、ヴァンパイア系(キュービィ)

特殊(トリッキー)タイプ
例: スト2系(バルログ、T・ホーク)、ヴァンパイア系(ジェダ)

ちなみに、上記を『バーチャファイター』に置き換えると?
「万能(オールマイティ)タイプ」はサラ・ジャッキー。
「技術(テクニック)タイプ」はカゲ・アキラ。
「肉弾(アタック)タイプ」はパイ・ラウ。
「特殊(トリッキー)タイプ」はウルフ・ジェフリーといった感じですかね。
2Dにしろ3Dにしろキャラ設定にはパターンがある。
今回の記事は2Dに特化したものにするのでバーチャに関してはここまで。

技のタイプ


※下に記述しているタイプほど遠距離攻撃。

投げ技
例: スクリューパイルドライバー(ザンギエフ)
説明: 相手につかみかかって技をかける
種類: 移動なし(超近距離)・移動あり(近距離)
○: ダメージが大きい、ガード不可
×: (超)近距離の相手にしか決まらないため、立ち位置を離されると使えない

対空技
例: 昇龍拳(リュウ)、ガイル(サマーソルトキック)
説明: 前斜め上へ攻撃する
種類: ジャンプ小(動きが小)・ジャンプ大(動きが大)
○: ジャンプ攻撃してくる相手に有効
×: 相手に当たらなければ大きな隙ができる(下降時無防備)

巻き込み技
例: 百裂脚(春麗)、エレクトリックサンダー(ブランカ)
説明: 自分の前か周囲に攻撃を放つ
種類: 近距離(前)・超近距離(周囲)
○: 不用意に飛び込んでくる相手に有効
×: (超)近距離の相手にしか決まらないため、立ち位置を離されると使いづらい

突進技
例: スーパー頭突き(エドモンド本田)、ローリングアタック(ブランカ)
説明: 相手に対して体を飛ばしてぶつけに行く
種類: 削りなし(ガードで跳ね返る)・削りあり(ガード上から削る)
○: 相手との距離を縮められる
×: 外すと大きな隙ができる(ガードされる、かわされる)

飛翔技
例: イズナドロップ(バルログ)、ヘッドプレス(ベガ)
説明: 相手頭上にジャンプして技を放つ。
種類: 打撃(相手に打撃)・投げ(相手を投げる)
○: 不意打ちに使える
×: 行動が読まれると対空技をくらう

飛び道具
例: 波動拳(ケン)、ガイル(ソニックブーム)
説明: 何らかのエネルギーや物を相手側に向かって飛ばす
種類: 正面(立ち状態)・上から(ジャンプ中)
○: 遠くにいる相手に有効
×: 行動が読まれてジャンプ攻撃される

超必殺技のタイプ


けずり
説明: 画面上の広い範囲にダメージ判定が発生、もしくは自キャラから相手に向かってダメージ判定が移動
○: ガードの上から削れる
×: 敵への当たり方によってダメージ量に差が出る。

乱舞
説明: 相手に向かって移動し、ガードをしていない相手キャラに自キャラが接触すると自動的に乱舞が発動、ガードされると技は不発
○: 相手がガードしていない場合のみ、定まったダメージ量を与えられる。
×: ガードされると(跳ね返り)大きな隙が生まれる

吸い込み
説明: 相手に向かって移動し、相手がガードしていようが自キャラが接触すると強制的に技が発動
○: 相手がガードしていても強制的に定まったダメージ量を与えられる。
×: 技を繰り出すと一定距離移動するので相手との距離を計算して技を発動する必要がある。

特殊状態
説明: 自キャラが特殊状態になり、様々な効果を得られる
○: 一定時間、自キャラの通常技の回数(ダメージ量)が増えることが多い(※多段ヒットすることが多い)。
×: 特殊な状態で相手のガードをかいくぐり攻撃できる技量が必要。

基本の戦法


相手との距離が遠い
  • 飛び道具を(連続して)出して相手にガードさせて削る
  • 飛び道具を嫌って相手がジャンプして近づいてきたところを対空攻撃(通常技・必殺技)で撃墜

相手との距離が中距離
  • リーチのある通常技を相手に当ててキャンセルして必殺技
  • 相手の牽制用の通常技をつぶす通常技 or 必殺技
  • リーチのある通常技
  • 対空攻撃のない相手にはジャンプ攻撃から以下の「相手との距離が近い」につなげる
  • 飛び道具を使う相手には先読みしてジャンプ攻撃から以下の「相手との距離が近い」につなげる

相手との距離が近い
  • 通常技のコンボから必殺技
  • 攻撃パターンを相手に刷り込んでおいてから中段攻撃
  • 攻撃パターンを相手に刷り込んでおいてから投げ
  • 攻撃(コンボ)で押されたことによって相手との距離が離れたらジャンプ攻撃から上記のいづれかにつなげる
  • ジャンプしてめくり攻撃(通常技・必殺技)から上記のいづれかにつなげる。

相手の起き上がり
  • 対空攻撃のない相手にはジャンプ攻撃から上記の「相手との距離が近い」につなげる
  • 「めくり攻撃」のあと上記の「近距離」につなげる
  • 防御不能技を相手の起き上がりに重ねる

超必殺技
  • コンボからの超必殺技
  • 不意打ち(カウンター)に使う
  • 相手の残りHPが少なかったら削るのに使う

起き上がりに攻撃される
  • 起き上がりに攻撃を重ねてくるなら起き上がり時に必殺技
  • システムに「移動起き上がり」があれば行うか移動起き上がりで裏回りして攻撃

連続して攻撃される
  • 攻撃をかわせる技(無敵状態 or 特殊移動技)があれば使って不意打ちの攻撃
  • 相手の攻撃の切れ目に前方向へ進まないジャンプ(後方ジャンプ)攻撃で牽制
  • 相手の攻撃の切れ目に相手の攻撃をつぶしやすい超必殺技
  • 相手の攻撃の切れ目にジャンプ攻撃
  • システムにガードキャンセルがあれば行って攻撃

遠距離の速射ではないけずり攻撃&ガード不能技をされる
  • 後方移動 or 後方ジャンプ(後に相手の技をつぶしやすい必殺技 or 超必殺技)
  • システムに「移動起き上がり」があれば行うか移動起き上がりで裏回りして攻撃
  • 無敵移動技がキャラにあれば行うか、無敵移動技で裏回りして攻撃

キャラの使い勝手


初心者向き
操作がしやすかったり間合いに応じて使い勝手のいい技があるため、初心者プレイヤーに向いている。
全キャラの中で平均的な強さで落ち着いてしまうため、他のキャラ(「玄人向き」)に比べたら弱い。

  • ゲームの主人公
  • 飛び道具を持っている
  • 対空技を持っている
  • 操作しやすい
  • 通常技に癖がない

玄人向き
操作しづらいため初心者や使い慣れていないプレイヤーに向いていない。
「初心者向き」のキャラに比べ、欠点を操作技術で乗り越え、使いこなせたら強い。

  • 飛び道具を持っていない
  • 対空技を持っていない
  • 動きの操作が独特
  • 通常技にリーチがある
  • 中段攻撃(しゃがみガードで防げない技)を持っている

キャラを使いこなす


一通り押してみる
稼働したてのゲームは、とりあえずボタンを一通り押してみる。
また、格ゲー特有の決まったコマンドを入力して必殺技を出してみる。

人に聞く
以下の「良い技を探す」を持っていないか人に聞く。
自分の使うキャラ以外の特徴(攻撃パターン)を聞く。

ネットで調べる
ゲームのタイトル名(※フル or 略)とキャラクター名で以下の「良い技を探す」のキーワードとともに検索サイトやTwitterで検索する。

良い技を探す
「コンボ」、「中段(「中段攻撃」)」、「牽制」、「リーチ(※距離のある攻撃)」など各キャラクターの使い勝手の良い技を探す。

動画で研究する

レバーを使いこなす



裏ワザ


お店側
特定の操作で隠し要素を追加できる。

タイトル画面
特定の操作で隠しモードを使用できる。

キャラ選択画面
特定の操作で隠しキャラクターや隠しモードが使用できる。

隠し技
公には公開されていない隠し技を持っているキャラがいたりする。

永久コンボ
特定の通常技や必殺技で永久に攻撃を続けられる。
素早い攻撃(コンボがつながりやすい)、浮かせる(浮かせて攻撃を続けられる)などの要素を含んでいることが多い。

勝ち方
一度も負けなかったら隠しキャラクターと対戦できたりする。

ゲームの種類


ゲーセン向け
ゲームセンターで格ゲー好きな人に向けて作られたゲーム。
シビアな戦いにするため周囲が覆われていて逃げられないようにされていることが多い。
通常技が一つ一つの技の調整が細かくされていて近距離戦での攻防が熱い。

家庭用向け

バトル漫画のアニメ作品を対戦格闘ゲームに落とし込んで作られたゲーム。
漫画家が(ゲーム化を視野に?)技のタイプを考えて多種多様な技をキャラに持たせている。
アニメ作品に登場するキャラクターが使用していた技やゲームオリジナルの技を使える。
近距離戦でコンボをつなげるとか対戦型ゲームとしてのバランスとしてはあまりよくない。
あくまで必殺技の再現を重視して作られているようなゲームの印象を受ける。

特に特徴的なのは、コンボ(からの必殺技)がつながらないので単発技の出し合いになること。
次に、周囲が囲まれていないことが多く、飛び道具の撃ちあいになること。
結局、出の速い技・ガード不能技を持っているキャラ、ボスキャラのような通常攻撃自体が強力なキャラの使用率が必然的に高くなる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク