パソコン画面に表示中の画像の保存の仕方

パソコンで表示中の画面に映っている画像を保存する方法を教えます。

画像の探し方


検索サイト「Google」か「Yahoo」の画像検索ページを表示します。
検索ボックスに「site:■」と入力して検索します(■にはサイトのURLを入力)。
すると入力したサイト内に使われている画像を表示してくれます。
あとはその中から好きな画像を探し出し、画像をクリックするとその画像が掲載されているページに辿りつけます。
※この方法以外で画像検索すると、検索結果に怪しいサイトまで表示されるので気を付けましょう。
※画像検索ページのどこかにオプション設定などがあり、画像の内容をフィルタできます。

画像をパソコンに保存する方法


右クリックで保存
画像にマウスカーソルを乗せた状態でマウスの右クリックを押して、「名前を付けて画像を保存」をします。
※JavaScriptというプログラムを使って右クリックができないようにされているサイトがあります。

JavaScriptを解除して右クリック保存
JavaScript(プログラム)を使って右クリックできないようにしているサイトは、ブラウザのセキュリティ設定のJavaScriptを解除すると右クリックできるようになります。

画面をキャプチャ
パソコンの画面に表示しているものをキャプチャ(撮影)します。
キャプチャできるサイトやソフトがあります。

動画をキャプチャ
動画を一時停止にした状態で、パソコン画面をキャプチャします。


画像サイズの変更の仕方


お気に入りバーを表示
ブラウザのお気に入りバーを表示していると、動画共有サイト『YouTube』の動画が小さく表示されます。

お気に入りバーを非表示
ブラウザのお気に入りバーを表示しているとYouTubeの動画が大きく表示されます。

シアターモード
「シアターモード」にしているとYouTubeの動画が大きく表示されます。
※上記の「お気に入りバーを非表示」の時と同じ大きさ。
※YouTubeの動画が表示されている右下(※再生時間が表示されている右)にアイコンが並んでいます。
※パソコンの性能や画質によっては映像が荒れます。
※「画質」もアイコンから変更できます(アイコンの「設定」≫「画質」)。

全画面表示
「全画面」表示にしているとYouTubeの動画が大きく表示されます。
※YouTubeの動画が表示されている右下(※再生時間が表示されている右)にアイコンが並んでいます。
※パソコンの性能や画質によっては映像が荒れます。

ブラウザの表示倍率
ブラウザの表示倍率を変える設定で、画面内に表示している内容が拡大・縮小できます。
ブラウザのメニューに「拡大/縮小(%)」みたいなのがどこかにあると思います。

画像の拡大・縮小
画像自体をサイトやソフトを使って拡大・縮小できます。

画像の処理


画像の調整
画像を編集できるサイトやソフト使って、好きなように変更できます。
※無料のオンライン画像編集サイトは利用できる機能が限られています。
※「Pixlr.com」というサイトでは画像を保存するときにただしく保存できない場合があります(※ファイルが壊れて保存される)。保存ボタンを押した後、すぐにページを閉じずにファイルが正しく保存されているか確認してからページを閉じてください。

画像の拡大・縮小
画像を拡大・縮小できるサイトやソフト使って、好きな画像の大きさにできます。
変更の大きさによっては画像が荒れます。

画像の圧縮
そのままの画像だと容量が大きいので、画像の容量を圧縮できるサイト(サイズは変更せずに容量を少なくできるサイト)を使います。
※「Compressor」というサイトではjpegやpngファイルを圧縮できますが、正しく圧縮されない場合があります。その場合は日を改めて試してください(※日によって圧縮して作ったファイルが壊れます※元の画像ファイルが壊れるわけではありません)。

画像の利用用途


プリントアウト
プリンタで印刷をし、壁に貼って眺めるも良し、ファイルに入れて残しておくのも良し。

ログオン時の背景画像
パソコン起動時のパスワードやユーザー選択画面の背景画像に使う。

ユーザーアカウント画像
(パソコン起動時の)ユーザーアカウント用の画像に使う。

パソコンの壁紙
デスクトップ画面の背景画像に使う。

パソコンのスライド ショー
設定した画像が次々と自動で表示される。

スマホの壁紙
スマホのホーム画面に使います。
パソコンからスマホに画像を転送しましょう。

カレンダー
やろうと思えば作れると思います。
サイズを大きくすると荒れるので、卓上カレンダーサイズだと最適です。

シール
シール用のプリント紙を買えばプリンタで作れると思います。

お面
人の顔をプリントアウトしてお面にします。

おまけ

著作権のある画像でやってはいけないこと


営利目的
営利(お金を稼ぐ)目的で使うと確実に訴えられます(逮捕も)。

公に公開
著作権で訴えられます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク