ブログの広告を消す・非表示にする方法

運営しているブログに表示される広告を消す(非表示にする)方法をまとめてみました。

※ご覧いただく記事を読むにあたって、必ずご利用のブログサービスの利用規約を順守してください。

広告を非表示にする・削除する方法


新しい記事の投稿
これは普通に新しい記事を投稿することによって非表示にする(※広告が表示されるまでの期間を延ばす)、もしくはすでに表示されている広告を消すことになります。
ブログサービスによって広告が表示されるまでの期間が違うので調べてみましょう。
また、事前通告なしに新しい広告機能が追加されることがあるので、定期的にブログを表示したり設定画面を確認しておきましょう。
※新しい記事を投稿することで、ブログサービスごとに設定されている広告が表示されるまでの期間が延びます。

設定の変更
ブログの管理画面のどこかにある「設定」という項目から広告を非表示にできるようになっていることが多いです。
ブラウザのページ内検索を使い、「広告」というキーワードで検索をかけると該当の設定が見つかると思います。
ブログサービスによっては複数のページに広告の設定があるので探してみましょう。
なお広告を非表示にすることによって何らかのデメリットがあるかもしれないので説明文はよく読んでおきましょう。
※システムが変更にならない限り、広告が表示されなくなります。

移動
広告の初期表示位置を移動させます。
非表示にするわけではありませんが、別の位置に移動させることで訪問さの視界から消す(視界に入りりくくする)ことができます。
注意としては利用規約上、移動させてはいけないことがあるので注意してください。
※訪問者の目に付かないところへ移動できます。

過去記事の再編集
過去に投稿した記事の「保存」ボタンを押して広告を非表示(消す)。
過去記事の保存ボタンを押すことで広告が表示されるまでの期間を延ばす(消す)方法になりますが、ほとんどのブログサービスでは未対応だと思います。
一応Seesaaブログでは過去記事の再編集でも広告を消すことはできますが、そもそも設定で非表示にできるのであまり実用的な方法ではありません。
※ブログサービスごとに設定されている広告が表示されるまでの期間が延びます。

日付の変更
一番新しい過去記事の日付を最近(※広告が表示されるまでの期間以内)にするか、もしくは未来の日付にすることで広告を非表示(消す)。
注意としては、最近のブログサービスの仕様だと新しい記事を投稿しない限り非表示(消す)にできないと思われます。
※「過去の日付」の場合はブログサービスごとに設定されている広告が表示されるまでの期間が延び、「未来の日付」の場合は「未来の日付 + ブログサービスごとに設定されている広告が表示されるまでの期間」まで表示されなくなります。

未来の日付で投稿
上記の「(一番新しい過去記事の日付を未来の)日付の変更」と違い、新しい記事を投稿する時に未来の日付で投稿します。
その「未来の日付 + 広告が表示されるまでの期間」になるまで広告が表示されません。
ブログサービスによってこの裏技が通用するかわからないし、もし通用したとしてもサービス側のシステムが変わったら表示されてしまうかもしれません。
この裏技(未来の日付で投稿)が成功したとしても、定期的に広告が表示されていないか確認が必要です。
※「未来の日付 + ブログサービスごとに設定されている広告が表示されるまでの期間」以降まで表示されなくなります。

過去記事の再投稿
一番新しい過去記事を文章処理ソフトにコピーをとっておいてから削除。
削除した過去記事を再度新しい記事として再投稿。
注意としては時事に関係した記事を再投稿すると時期が合わなくなります。
また、Pingを送信すると同じ記事を再投稿することで検索サイトからなんらかのペナルティーを受けるかもしれませんし、他のページからリンクされていた場合はリンク元のURLやタイトルと一致しないなどの問題が出るかもしれません。
Pingを受信している人にとっては同じ記事が送信されてくるので迷惑になります。
Pingの送信先リストを文書処理ソフトに保存しておき、新しい記事を投稿するとき以外はPingを送信しないようにしておきましょう。
※この方法を繰り返す限り、広告が表示されなくなります。

広告タグの削除
削除できる広告タグは主にサイドバーのコンテンツとして表示されていることが多いです。
基本は任意なので削除してもかまわないです。
掲載必須の広告を間違って削除してしまわないように注意してください。

ちなみに、広告タグを削除できない状況は、主に2通りの結果になります。
一つは、タグを削除した状態でHTMLを保存しようとしても保存できないようになっている。
もう一つは、HTMLが編集できないようになっており、ユーザーは広告タグに触れられないようになっている。
※広告が表示されなくなります。

有料プラン
ブログサービス会社にお金を払うことで広告を非表示にできることがあります。
ただしブログサービスによってはデータの保存容量が追加されるなどだけで非表示にはできないこともあるので、プランの説明文をよく読んでおきましょう。
※お金の支払いが足りなかったり忘れなかったりしない限り、広告が表示されなくなります。

CSSを使って広告を非表示にする


これは絶対にやめましょう。
ネットで検索するとCSSを使って広告を見えないようにしたり、完全に存在しないようにする方法が紹介されていますが、利用規約違反に該当します。
特にSeesaaブログのスマートフォン向けページに表示されている広告を消す方法が出回っていますが、マネしないようにしたほうがいいです。
たぶん広告設定でPC向けページの広告を非表示にできることから拡大解釈してスマートフォン向けページも広告を非表示にしてもかまわないだろう、というところからきているのだと思います。
ですが、PC向けのコンテンツ編集エリアの「Powered By」やスマートフォン向けの「HTML」が触れられないようになっているのを見る限り、Seesaa側が広告タグを触らせないようにしているのが見て取れます。
また、有料プランですら広告を非表示にできないので、Seesaaブログではスマートフォン向けページの広告の掲載は必須だと受け取れます。
(※つまり、Seesaaブログのスマートフォン向けページにおいてはAdSenseの利用は競合広告があるので不可になります)

広告が表示されることのデメリット


クリックの発生
ブログサービスが掲載した広告を訪問者がクリックしてしまう。
主にトップ記事としてスポンサー広告が表示されるので目立ちます。
また、記事の下部、ページ上部・下部に広告が表示されることもあります。

無駄なクロール
検索サイトのロボットが広告(スポンサー)ページにアクセスしてしまいます。

広告のアカウント停止
主に「Google AdSense」の広告と競合する広告が表示されれば、AdSenseのアカウント停止(完全利用不可)になったり広告が非表示になったりする恐れがあります。
ブログサービス(※特にFC2)によってはスマートフォン向けページにセクシーな画像広告が表示さることもあるので利用規約違反に該当する恐れもあります。
つまり、FC2ブログではスマートフォン向けぺージにAdSenseを掲載する場合、有料プランにして広告を非表示にしていないとかなり危険だと思われます。
今は大丈夫でも将来的に広告内容がどうなるのかが分からないのでリスクを覚悟しておいたほうがいいです。

スポンサーリンク