夏休みの自由研究一覧!定番テーマやコツ

長いようで短い夏休み。
なにかを作って提出しなければならないときに、おすすめの自由研究向きのテーマを用意しました。

読書感想文


方法
  1. 図書館で本を借りる
  2. 読む
  3. 感想を書く

必要な物
  • 本(図書館で借りる)
  • 作文用紙(購入)
  • 筆記用具(用意)

ポイント
学年別にあった読書感想文向けのおすすめ本を探します。
おすすめ本はインターネットで探すか、もしくは図書館で探しましょう。
夏休み前に、学校からおすすめ本(指定本)を書いたプリント用紙をもらうことがあるので参考にしましょう。

例: 童話「桃太郎」であれば、困っている人を助ける、仲間と力を合わせる、悪い人を倒す、の3点がポイントです。
ストーリーの中の「道徳」を見つけ、それを「説明(犬、猿、キジという個性豊かな仲間に出会った。※どの場面について書くのか?)」「感想(自分の大事なきびだんごを仲間にあげるやさしさに心から感動した。※どう思ったのか?)」「意欲(※いつか私も同じような状況に遭ったら仲間を大事にしようと思う。※自分が受けた影響)」などを書く。

スクラッチブック


方法
  1. テーマを考える
  2. 新聞からテーマに合った場所を切り抜く
  3. 切り取ったものをノートに貼り付ける
  4. 感想をそえて書く

必要な道具
  • 新聞(用意)
  • ノート(購入)
  • ハサミ or カッター(用意)
  • スティックのり or セロハンテープ(用意)

ポイント
テーマ(環境問題、高齢者問題、防災、など)。
切り取った文章の中でポイント(一番 興味があるところや重要だと思うところ)を色ペンで目立たせましょう。
新聞のページのなかでも「地域面」にのっている内容が身近でテーマにしやすいです。
「テーマの名前(※例: 「地元の防災について」)(※表紙)」「著者(あなたの名前)(※表紙)」「所属(※例: 「3年1組」)(※表紙)」「なぜ、このテーマを選んだのか?(※最初のページ)」「2ページ目よりあとは、左ページに新聞の切り抜き、右ページに感想」

観察日記


方法
  1. 植物の種と育成道具(土や容器など)を買ってくる
  2. 植物を育てる
  3. 成長する植物の手描きの絵、もしくは写真を撮影する
  4. 絵か写真をそえて日記を書く

必要な道具
  • ノート(購入)
  • 筆記用具(用意)
  • 色鉛筆 or デジタルカメラ(用意)
  • (写真の場合はセロハンテープ)

ポイント
短期間で育つ植物を探しましょう。
短期間で育つ植物はお店(ホームセンター)の人に聞くか、もしくは商品(種)の袋に書いてある生育日数を確認。

生育環境に違いを出した育て方をします。
例えば、光を当てるものと光を当てないもので育ち方に違いが出るので、両方を並べて日記をつけます。
「テーマの名前(※例: 「カイワレ大根の成長 ~日照環境の違い~」)(※表紙)」「著者(あなたの名前)(※表紙)」「所属(※例: 「3年1組」)(※表紙)」「なぜ、この植物を選んだのか?(※最初のページ)」「2ページ目よりあとは、左ページに絵 or 写真、右ページに日付&感想」

絵を描く


方法
  1. 良い景色を探す
  2. 絵を描く

必要な道具
  • 用紙
  • 絵の具・筆・筆洗・水・画板

ポイント
絵の種類(写実画、抽象画、版画、点描画)
描くもの(景色、静物画、人物画)
色の材料(鉛筆、絵の具、色鉛筆、クレヨン)

その日だけでは描けない場合は写真を撮り、家でそれを見ながら描きましょう。
遠近感(手前の物と奥の物を配置した構図)を出すと空間の広がりを作ることができます。

工作


方法
  1. テーマを考える
  2. 作る

必要な道具
  • 材料例(紙・紙粘土・木片・ハリガネ・くぎ・糸・輪ゴム)
  • 道具例(ハサミ・カッター・ペンチ・のこぎり)
  • 接着例(のり、ボンド、セロハンテープ)
  • 色を付ける道具
  • ツヤ出し(ニス)

ポイント
作るもの(動物、人気キャラクター)
※画像検索サイトでキーワードを検索すると、どのようなものか分かります。
※100均一や文具売り場などに行けば専用のセットが売られています。
  • 切り絵(2次元、紙本体を形どる)
  • 砂絵(2次元、紙本体に色の砂を貼る)
  • 貼り絵(2次元、紙本体に色の紙を貼る)
  • シャドーアート(2.5次元、奥行きで立体感を作り出す)
  • 飛び出す絵本(2.5次元、紙を開いたら立体感を作り出す)
  • お面(3次元、本体の半面を色付け)
  • 紙粘土(3次元、本体の全面を色付け)
  • 万華鏡(3次元、本体の中をのぞく)
  • スノードーム(3次元、本体を外からのぞく)
  • スマートボール(3次元、本体の中のビー玉を上下移動させる)
  • ビー玉迷路(3次元、本体の中のビー玉を上下左右移動させる)
  • ハンコ(3次元×2次元、本体から平面を写し出す)

トリックアート図鑑ペーパークラフト―すぐに作れる14作品のキットつき!
グループコロンブス
あかね書房
売り上げランキング: 12,836

収集


方法
  1. テーマを考える
  2. テーマに合ったものを集める
  3. ノートに貼り付ける or 箱に並べる

必要な道具
  • 収集したものをまとめる(スクラッチブック、箱など)
  • 切り取る(ハサミ、デジタルカメラ)

ポイント
  • ものを集める(植物※押し花)
  • 写真を撮る(動植物、道路標識)

夏休み期間中に行われることがある専門家を集めた相談会へ参加して聞くことができます。
※別紙添付「テーマの名前(※例: 「色とりどりの花)(※表紙)」「著者(あなたの名前)(※表紙)」「所属(※例: 「3年1組」(※表紙))」「なぜ、このテーマを選んだのか?(※最初のページ)」「収集したものには『名前(※わからなければ「未確認」)』『見つけた場所』『感想』などを表記」
図書館に行けば、写真集(写真と名前、説明など)が乗っている本が置いてあります。
図書館の受付でテーマのついての写真が載っている本が置いてないか聞いてみるといいでしょう。

おすすめサイト



評価のポイント


期間(時間)
作るのに時間がかかっていると思わせられるものほど評価が高くなると思います。
例えば、「7月(夏休みに入った日)~8月(登校日の一日前)」のように、毎日の日付が入っていたとしたら休み期間中 努力し続けたことがわかります。

ページ数
ノートやスクラッチブックを使用する場合は、残りページ数が目立つほど手抜きの印象を受けます。
できるだけ毎日なにかを書いてページを使用するか、もしくはルーズリーフのような追加で紙を足していき、見た人に残りページ数を感じさせないようにします。
「期間(時間)」や「ページ数」ともに最低でも2週間ぶんぐらいの内容は欲しいところです。

注意


  • 刃物(低学年は大人と一緒に使用する)
  • 熱中症(涼しい格好、帽子、水分・塩分補給、午前中に外出)
  • 不審者(大人と一緒に行動、いかのおすし)
  • 木が多い場所は帰れなくなる(山)
  • 水のある場所は落ちる危険性がある(川、池、水路)
  • 衝突(曲がり角、せまい道、坂道)

スポンサーリンク