サラリーマン川柳のコツ

「サラリーマン川柳」に投稿したい方向けにコツをまとめてみました。

コツ


面白くする要素
「サラリーマン川柳」と銘打っているのでサラリーマン(旦那)に関する出来事を川柳にします。
特にサラリーマンの悲哀を描くと面白くなるので、旦那・会社員がマイナスな状況・状体と受け取れる展開にしましょう。
マイナスな状況・状態になることで悲しさ生まれ、読む人の共感を得らます。

使うキーワード・要素
今年、話題になった時事ネタ(出来事)を盛り込みましょう。
有名人の名前やフレーズ(言葉)、出来事を盛り込むと良いです。
話題のキーワードは川柳を読む人の関心度が高くて面白くなりやすいですが、同じ話題のキーワードを使う人が多いと選考で落ちやすいかもしれません。
※「話題のキーワード・要素」は必ず盛り込む必要はありません。

使える登場人物のキーワード例
主に家庭内での出来事で川柳を作るので登場人物として使えるキーワードの例。(※以下の「使える要素」のキーワードも参考にしてください。)
旦那・パパ・父、嫁・ママ・母、夫婦、子供・息子・娘・孫、親


使える要素
川柳の展開に使えそうな出来事。
家事(掃除、洗濯、食事の用意、買い物、ゴミ出し、育児)、お金(お小遣い、貯金、宝くじ、ローン)、人間関係(夫婦・親子・両親・親戚、近所、上司・部下・同僚・客)、職場(人事、給料)、近所(自慢、物品、地位)


作り方


意味の同一性
意味の何かと何かを同じにします。
例えば、比ゆ表現を使います。
怒っている嫁≫鬼


音の同一性
同音異義語(※読むときの音は同じでも意味が違う)やダジャレ(※読むときの音が似ている)、韻を踏む(※複数にまたがって音が似ている)ことで同一性を作り出します。
嫁≫読め、娘≫盗め


マイナスな要因
人物がマイナスな状態・状況になる要因。
誰かと比較される、邪魔者扱いされる、悪い扱いを受ける、何かが少ない・足りない

スポンサーリンク