家庭の地震対策!マニュアルやグッズリスト

地震が起こる前に、そして起こった後の対策・対応の仕方のまとめ。

家財の対策


  • 建物に耐震・耐火補強をしておく(※全体、もしくは寝室・くつろぐ場所)
  • 大きな家具(タンス、本棚、食器棚など)や家電製品(冷蔵庫、テレビ・パソコンなど)は、転倒防止器具で固定しておく
  • 物は高く積まない(※寝室・くつろぐ場所や出入り口付近)
  • ガラスが割れても散らばらないようガラス飛散防止フィルムを貼っておく(※玄関付近や狭い通路脇に水槽を置かない)
  • 消火器、防火バケツ・水槽を用意しておく(※大きな火災の場合は避難を優先)
  • 保険(地震・火災)に加入しておく(※保険の適用条件をしっかり確認しておきましょう)

避難グッズ


  • 非常食・飲料(※食べ物は調理不要で、長期保存できるもの)
  • ペットボトルやポリタンク(断水時に給水車から水をもらえる)
  • 簡易トイレ+取り付けられるビニール袋
  • 携帯の充電器(手動や車のシガーライターで充電できる機器)
  • 携帯ラジオ
  • 懐中電灯・電池
  • ヘルメット、靴※割れたガラスで足を怪我しないように
  • 救急用具(傷薬・絆創膏・包帯など)
  • 歯ブラシ・歯磨き粉(虫歯や肺炎を防ぐ)
  • 赤ちゃんはおしめと粉ミルク、お年寄りはオムツ、女性は生理用品、持病がある人は薬
  • 冬場は防寒着・毛布・マスク・携帯カイロ
  • 現金、印鑑・通帳、保険証(※大災害時には不要でも手続きを行ってもらえる可能性が高い)

避難経路の確認


  • 民家が密集している地域では、倒壊した建物や火災で道がふさがるため、道幅が広い避難経路の確認
  • 避難先(学校、公民館など)の確認
  • 海の近くに住んでいる人は、5階建て以上の鉄筋コンクリート製の大きな建物や、高台などの避難場所の確認(※津波は最大38mぐらいの高さ、及び陸地の5Km近くまで入ってきます。)

地震にあった時の対応


頭を防ぐ
机など頑丈な物の下にもぐりこみ頭を守ります。
できれば頭を守れるようなもので覆います。

ガスなど
最近は、揺れを感じると自動的に止まるような設計にになっています。
主な家庭内の熱源は、台所(コンロ、給湯器)、お風呂(湯沸かし器)、ストーブ。
※コンロでお湯や油を扱っているときは近づくと体にかかる恐れがあるので要注意。
※大きな地震の時にはまず身の安全を確保してください。

扉は開けておく
地震後、開かなくなる恐れがあるので扉は開けておきます。

あわてて外に飛び出さない
建物から落ちた物(瓦・壁・ガラスなど)が落下してきたり、ブロック塀が倒れるかもしれないので注意。

被災後の注意


ガス
ガス漏れしている可能性があるので、電気が無く暗いからといってろうそくやライターをつけないようにしましょう。

電気
電力が復旧した途端に、断線している部分が通電して火災が発生する可能性があるのでブレーカーはきっておきましょう。

ろうそく
停電後、ろうそくで明かりをつけたくなりますが、余震でろうそくが倒れ火事になる危険があるので、できれば懐中電灯を使いましょう。

被災後に役に立つグッズ


  • ブルーシート(※瓦が取れた屋根から雨漏りがするので防ぐ)
  • 脚立(※高所作業に使える。※高所作業は大変危険です)
  • 掃除道具(※軍手・ちりとり・ホウキなど)

外での注意


電線
切れてたれさがった電線に触ると大変危険です。

建物
余震で崩れる可能性があるのでむやみに近づかない。

畑や津波の様子を見に行かない
津波に流される危険があり、また、津波は何度も来るので危険です。
震源が自分の地域から離れているからといって油断はしないようにしましょう。

避難先の例


車中泊
誰にも気を使わない方法です。
ただし狭いうえ(※大勢は泊まれない)、エコノミー症候群になる恐れがあります。
また、窓を覆って車内が見えないよう工夫をする必要があります。

家族・親戚・知り合いの家
他人と同じ場所に比べたら気を使わない方法です。
ただし、たくさんは泊まれないし、食費や光熱水費を払ってもらうことになります。

体育館・公民館
人数が多くても泊まることができまし、提供される食事があり、光熱水費はいりません。
ただし、プライバシーが守れないうえ、声がうるさいです。

避難先での注意



長時間同じ姿勢にしているとエコノミー症候群になるので、適度に運動をしましょう
また、密閉された空間(車庫など)で車のエンジンをかけ続けると排ガスが充満してとても危険なので絶対にやめましょう。
同様に避難した場所が密室の場合、ストーブなどをつけっぱなしにしておくと一酸化中毒になるので、一時間おきに換気をすること。

避難先
体育館や公民館などで寝泊りする場合、入り口付近に居場所を確保するとトイレに行きやすいですが、逆に人の出入りが多いため騒がしいです。

マスコミ
被災者の情報を人に知らせることは大切です。
情報によって支援につながると思います。
ですが、被災して精神的に弱っている時に、過度の取材によりさらに追い込まれることもあると思います。
もし取材(撮影・インタビュー)をされたくない場合は、建物の入り口に「報道各社へ 撮影・インタビュー取材をお断りします。心情を察してください」との張り紙をしておくことをおすすめします。
また、取材陣のヘリコプターによる音が大きいので、その点も配慮してもらえるよう伝えること。

安否確認方法


  • NTT及び、各携帯電話に伝言ダイヤルが設置されます
  • 避難所の入り口に安否情報が貼られることがあります
  • 大規模災害時に公衆電話が無料になります
  • NHK教育テレビに安否情報が出ます

交通機関


被災地に向かって自衛隊車両や緊急車両が多数通るので、道が混雑しないようする。

悪い人に注意


  • デマ情報(※メールやネットで嘘の情報)
  • 偽募金(※嘘の募金活動)
  • 火事場泥棒(※被災地域に盗み)
  • スマホ泥棒(※避難先で大勢が利用している充電中に盗み)
  • 悪徳商法(※不安をあおって商品を売りつける)

支援


人手(ボランティア)
地震後には人手がたくさん必要になります。
近くにお住まいの方は掃除や片づけなどのお手伝いをすることができます。
ただし遠方に住んでいる方がボランティアに行く場合は、交通機関が麻痺していたり、道路が渋滞していることがあるのでたどり着けない可能性があります。
また、ボランティアに行く人の食料やトイレ、寝るところを必要とするので、かえって被災地の人に迷惑がかかることがあるので判断が難しいです。
※「人手」「物資」ともに、受け入れ態勢が整ってからにしましょう。
  • 食物アレルギー(アレルギーが出ない食品や食事が作れる人が必要です)
  • 耳が不自由な人(会話が通じないので筆談か手話ができる人が必要です)
  • 外国人(日本語が通じないので同郷か英語ができる人が必要です)
  • 赤ちゃん(新米ママさんは育て方が分からないので知識がある人が必要です)

物資
毛布など被災者に物を送る場合は、必要な数や地域を確認してから送るようにします。
一部の地域に物が集中して余ることがあるためです。
※被災直後は、通れない道があり運搬できないことが多く、物を送らないほうがよい場合もあります。

お金(募金)
多ければ多いほど助けになります。

献血
大きな怪我をした人のために何か役に立つことをしましょう。

復興


  • 自宅などが被災した場合、修繕の補助金が出ることがあるので申請すること
  • お金の支払いは減免、延期されることが多いです

備える


地震はいつ、どこで、どのくらいの規模が起きるか分かりません。自分かもしれないし親戚や知り合いかもしれません。
自分のための対策、そして誰かのための対策、備えておいて損はありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク