初心者がそろえたい漫画を描く時に使う道具

漫画を描くときに最低限コレだけはそろえておきたい道具を挙げてみました。

道具一覧


シャーペン
シャーペンは0.5mmか0.3mm。
0.3mmは強い力で描くと簡単に芯が折れてしまいますが、慣れると0.5mmが太すぎるくらいに感じるようになります。

消しゴム
よくある長方形のタイプと、ペンタイプの消しゴムがあります。
ペンタイプの消しゴムは、シャーペンの構造と同じで頭の部分をカチカチッと押すと消しゴムの先が出てきて、細かなところを消すのに役立ちます。


■ 定規
線を引くのに使う。
ペン入れするときは浮かせて使わないとインクが伝ってにじみます。
定規の裏に、硬貨かプラ板(※文房具屋で売られている薄いプラスチックの板)を張り付けて高さを調節するといいでしょう。

デリーター 雲形定規3枚セット
デリーター
売り上げランキング: 10,671

羽ボウキ
消しゴムのカスを払うのに役立ちます。
息で払いのけようとすると唾(つば)が飛んだり、手で払いのけようとすると汚れる恐れがあるので。

ウチダ 羽根箒 小 1-825-0200
ウチダ製図器
売り上げランキング: 1,337

漫画用原稿用紙 or 葉書き
雑誌にイラストを描いた葉書きを投稿する場合、雨の日はポストが濡れておりハガキが濡れてインクがにじんだりするので投稿しないのがほうが良いです。
少し割高になりますが、葉書きを封筒に入れて送る方法もあります。

アイシー マンガ原稿用紙 B4 厚135kg IM-35B
アイシー
売り上げランキング: 259

ペン先&ペン軸
主に「丸ペン」「Gペン」「かぶらペン」「スクールペン」の4種類があります。


ボールペン
少し線を描き足したりするのに便利。
0.25mm~0.5mm。
細ければ細いほどインクが詰まりやすいので置き方には注意。
もし詰まったら「つまり」の直し方をネットで検索。

ハイテックC025【黒】0.25mm LH20C25B
パイロットコーポレーション
売り上げランキング: 3,396

筆ペン
少し広めの部分を塗るのに便利。
ものによって描き味が違うので、自分に合った物を探しましょう。

ぺんてる 筆ペン  ぺんてる筆 XFP5M 中字 黒
ぺんてる
売り上げランキング: 12,649

黒インク
ペン入れをするのに使う。

開明 まんが墨汁 純黒 30ML
開明
売り上げランキング: 819

■ ホワイト&筆
間違ったところを修正するのに使う。
スクリーントーンの上から塗れるタイプもある。

■ 手袋 or プラ板
紙の上に手を置きながら描いていると汗で文字やインクが滲むので、指なし手袋をするかプラ板を置いて描くようにしましょう。
指なし手袋は直接手にはめるので手の動きの邪魔になりませんが、はめている感覚に違和感があったりペンがすべる感じがします。
プラ板はプラスチック板で、手の下に置いて使いますが透明なので絵が隠れることがありませんが、描く場所を大きく変えるときに移動させる必要があります。

ドライヤー
原稿用紙 or ハガキのインクを乾かすのに使う。
風で乾かす感じで。
弱めの熱であぶって、貼ったスクリーントーンの粘着力を弱めてはがすのにも使えます。

スクリーントーン
絵に模様をつけるのに使う。
一枚だけ貼ったり、貼った上からさらに張って模様を作ったりできます。

カッター
専用のカッター(刃の部分がしっかりと固定できるもの)にしたほうが良いです。
よく工作のときに使う黄色のオルファ社製のカッターは、刃がカタカタとぶれるので専用のものを買ったほうが良いです。

クラフトツールシリーズ No.40 モデラーズナイフ 74040
タミヤ (2009-08-30)
売り上げランキング: 59

スクリーントーンを抑えるへら
「スクリーントーン」を原稿用紙 or 葉書きに貼り付けるために抑えるのに使う。

トーンヘラ
トーンヘラ
posted with amazlet at 16.04.10
デリーター
売り上げランキング: 55,969

砂消しゴム
「砂消しゴム」で「スクリーントーン」をこすると、やわらかいタッチでトーンを削ることができます。
「カッター」を使った場合は削った面がすべて消えてしまいますが、「砂消しゴム」の場合はこすった面がうっすら残る感じで削ることができます。
ただし、「スクリーントーン」を貼ってはがした後の「のり」が残っている部分をこすってしまうと汚れます。

スクリーントーンを捨てる入れ物
あとで使えないような小さな「スクリーントーン」を捨てる入れ物があると便利。

トレース台
複写するときや、二つ原稿の微妙な違いを見比べるとき。


お役立ち記事



漫画の道具を売っている店の探し方


意外と自分の住んでいる地域に漫画の道具を売っているお店って無いんですよね。
いまはインターネットの通販でも道具が売られていますが、実際に商品を見て買いたい人もいると思います。
そこで道具を売っているお店の探し方をご紹介します。

その1
まず、「タウンページ」を用意します。
そして目次の中から「絵画材料・絵具」という項目を探し出し、そのページを開けます。
次に、距離的に行けそうなお店の「ホームページを探す」か、「お店に行く前に確認のための電話」をします。
「ホームページを探す」場合は、こちらの「絵を描く.com ショップ」でも探せます。
一方、「確認のための電話」をする場合は、お店に電話を掛け「漫画用の道具が売れられているのか?」を聞きます。
また、「どのくらいの数の道具が置いてあるのか?」を聞きます。
お店によっては漫画用の道具が置いてなかったり、数が少なかったりするので、事前に電話で確認することをおすすめします。
ちなみに、「タウンページ」で調べたときに、ページの端に大きめの枠を使って広告を出しているお店ほど大きなお店である可能性が高いです。

「iタウンページ」からお店を探す方法。
下記のリンクへアクセスし、自分の「都道府県」をクリック。

さらに場所を絞るときは「市町村」をクリックして、さらに絞ってください。
※絞れば絞るほど該当するお店は少なくなります。

その2
まず、「Yahoo!知恵袋 - 疑問をみんなで解決」にアクセス。
次に、「自分の住んでいる都道府県名」と「漫画」と「道具」or「画材」というキーワードで検索すると、誰かが漫画の道具を売っているお店がないか質問していて、それに対して答えている人がいるので参考になります。
例: 「Yahoo!知恵袋 「東京 漫画 画材」の検索結果
検索の仕方をいろいろ調整するといいでしょう。

お店 or ネット


実際にお店で買う場合は物の大きさや手に触れた感触を体感することができます(※商品によります)。
その代わり、大きな画材屋が家の近くにない場合は商品が手に入りません。

一方で、ネットで買う場合は近くに画材屋がなくても、どんな商品でも購入することができます。
その代わり、商品が届いたときに思っていた印象と違う場合があります。
すでに同じもの持っている場合はネットで買うと便利だと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク