お客に商品を売る方法

不況の世の中、なかなか商品が売れずに困っているお店も多いと思います。
そこで、商品を売るときに、よりお客が興味を示してくれる方法をご紹介します。

販売方法一覧



通常価格より安くする
通常の価格より値段が安い。
お客にとって安い商品ほど魅力。

特定商品を極端に安く
特定の商品だけ極端に安くする。
安い商品を目当てに店に来て、そのほかの商品も買ってもらえる。

ポイントを付ける
商品を買うとポイントが付き、貯まったポイントで以後の買い物で安く買える。
ポイントカードもしくはスタンプカードを作らせることでリピーターを増やせる。

セット
お店側で決められた複数の商品を買うと割引。
複数の商品を売ることができる。

共同購入
二人以上など、複数の人数で購入すると割引。
複数のお客を呼び込める。

○円以上
決められた金額、もしくは合計金額以上の商品を買うと割引か粗品をプレゼント。
決められた金額に近いけど満たしていない人は、金額を超えるよう追加購入する。

キャッシュバック
商品を買うなど決められた条件を満たすと返金される。
現金がもらえるという魅力。

タイムセール
特定の時間(朝一番や夕方)に安売り。
タイムセールをすることで他店より先にお客を呼び込む。

期間限定発売
決められた期間、例えば「本日限り」にして物を売る。
売り切れないよう早めに買いにこようとする。

数量限定発売
決められた人数・個数、例えば「先着○名様」までとして物を売る。
売り切れないよう早めに買いにこようとする。

気象条件
雨・雪が降った日、極端に寒い日にお店で買い物をすると割引。
気象が悪いと来客数が減るのを防げる。

団体キャンセル
団体客がキャンセルした料理を割引で販売。
キャンセルされて捨てるしかない商品を販売できる。

試食
新しいメニューを割引で販売。
本格的にメニューにする前にお客の反応を見ることができる。

見切り品
賞味・使用期限などが付いた物は期限が近づいたら値下げして売ることで廃棄量が減らせる。

特定対象者
子供やカップルだと割引。
複数のお客に商品を買ってもらえる。

レディース・学生
女性や学生に限り割引。
なかなか来ない女性を呼び込める。また彼氏の同行も見込める。
収入のない学生を呼び込める。

会員割引
会員になった人のみの特別待遇。
会員のお得感を感じる人を引き込める。
会員登録者のデータが取れる。

割引券(クーポン券)を付ける
商品を買うと割引券が付いていて、その券を使うと別の商品が安く買える。
割引か無料のどちらかのクーポンを付ける。
券を利用するための来店や商品の購入も期待できる。

ケータイ割引券(クーポン券)を発行する
お店のケータイ向けWEBサイトからクーポンを出す。
WEBサイト利用登録からのお客のデータが取れる。

福引券を付ける
商品を買うと福引券が付いていて、ガラガラポンで賞品が当たる。
券を利用するための来店や商品の購入も期待できる。

スクラッチカードを付ける
商品を買うとスクラッチカードを付け、削ると値引き額が書かれている。
カードを利用するための来店や商品の購入も期待できる。

現金つかみ取り
商品を買うと現金のつかみ取りができる。
来店や商品の購入も期待できる。

試供品・おまけを付ける
商品に別の物が付いている。
お得感から商品購入を促せられる。

抽選or必ずプレゼントをする
商品を買って、そこに書かれている条件で応募すると何かがもらえる。
プレゼントに魅力を感じている人への商品購入を促せられる。

バリエーションのある商品を売る
色違いのような同じ物だけど違う商品を並べて売る。
コレクターが一通りをそろえたくてまとめて購入することがある。

プレミアが付く可能性がある物を売る
買った商品がいづれ価値が高まる。
物の価値にこだわりがある人の購入がある。

企画に参加できる権利を与える
商品を買うと何かの企画に参加できるようになる。
企画自体に魅力を感じている人への商品購入を促せられる。

コラボ商品
他社や芸能人とコラボした商品を販売。
話題性から宣伝になる。

お試し販売
お試し品(無料)を登録したお客に使ってもらう。
お試し品を利用する際のお客の登録データが取れる。

実演販売
商品を実際に使っているところを披露する。
具体的なメリットを実演しながら売ることができる。

体験販売
商品を実際に使ってもらい、使い心地を確かめてもらう。
わかりにくい商品を具体的に知ってもらえる。

量り売り
必要な分量だけ買う。
欲しい分だけ買える。

つめ放題
袋や箱に入る分量だけ買える。
イベント的な楽しさ。

福袋
正月に複数の商品を一つの袋に入れて販売。
通常価格より安い値段でまとめ買いすると言う魅力。

スポンサーリンク