お花見をする時に用意する持ち物・必需品

桜を見ながら飲んだり食べたり楽しみたいって日本人の本能なんですかね?
お花見を楽しむために、当日になってから足りない物がないようしっかりと準備しておきましょう。
お花見をしたい人や場所取り役を任されている人におすすめの記事です。

一人でお花見をするならまだしも、みんなで楽しむことが目的であれば徹底的にこだわって演出したいものです。
でもお花見には何を持って行けば便利なのかとか、以前行ったときに何が足りなくて不便だったのかとか細かく覚えていないものです。
あとになって参加者から「あれ持ってこれば良かったのに~!」と言われたくないものです。
あなたがお花見の準備を任されているのなら、みんなに喜ばれる演出ができれば高感度アップは間違いないです。
用意する持ち物・必需品だけでなく、お花見を楽しむためのたくさんの情報を知っていれば大変便利です!

お花見の仕方


場所取り
公園や河川敷などで場所取りをしてお花見をします。
  • 場所取りをする必要がありますが、無料です。
  • 人気のある場所は場所取りが大変です。
  • 場所取りは土地の所有者や近隣の住民に迷惑が掛からないようにしましょう。
  • 場所によって禁止事項があるので注意してください。

お店
桜を眺めることができるお店(※窓や敷地から桜を眺めるなど)でお花見をします。
  • 料金が必要ですが、料理やトイレが用意されているので事前の準備が少ないです。
  • 雨が降っても店内なので延期・中止になりません。(※敷地内の散策は雨量によって中止)
  • 人気のお店の場合、混雑したり予約を取るのが難しいです。
  • 入場料(観覧料)などを支払って敷地に入り、桜を見られる場所もあります。

遊覧
徒歩やドライブをしながら桜を見てまわります。
  • 場所取りやお店の予約の必要がないので、気楽にお花見をすることができます。
  • お花見をしたあとはお店で食事をするか、もしくはお弁当を持って行って途中で食べるといいでしょう。
  • 人気のある場所は、道が渋滞して行き帰りに時間が掛かります。
  • 駐車料金を払い、車を止めなければならないことがあります。

お花見ができる場所の探し方


インターネット
検索サイトで「地名(※自分の住んでいる地域名」と「花見」と「場所 or スポット or 名所 or 穴場 or 桜並木」などのキーワードを組み合わせて検索すると、お花見ができる場所が見つかります。
また、「ライトアップ or 夜桜」というキーワードを追加して検索すると、夜に桜を見られる場所が探せます。
ちなみに、桜を見られる場所によっては「期間」が設けられているところもあるので、期間を過ぎると入場できなかったり、ライトアップされてなかったりするので事前に調べておきましょう。
例: 「東京 花見 場所」で検索。

雑誌
お花見シーズン前になると地域の情報誌が特集を組んでいるので、本屋やコンビニで探してみましょう。
また、地域の情報誌のホームページに行っても特集を組んでいるので、雑誌名で検索してみるのもいいでしょう。

テレビ・新聞
テレビ番組や新聞などでお花見をしている様子と場所の名前が紹介されることがあります。
いつ取り上げられるのか分からないので、こまめにチェックしましょう。
※地元のテレビ局で放送しているニュース番組や生活情報番組で紹介されていることが多いです。

交通に役立つサイト


目的地までのルートを探す

電車など鉄道車両で行く

車・バイクで行く

お花見当日までの事前調査


開花時期は?
満開の桜を見るために、開花時期を調べておきましょう。
桜には「つぼみ」「○分咲き」「満開近し」「満開」「散り始め」など段階があります。

当日の天気は?
花見の季節は雨が降ることがあるので、当日の天気を確認しておきましょう。
ついでに気温も調べておき、寒ければ防寒対策の準備と参加者へ連絡をしておきます。
また、当日に雨が降る恐れがある(降った)場合、計画をどうするのか?についても考えておきましょう。

トイレ・コンビニの場所は?
お花見をする場所の近くにトイレやコンビニがあると便利なので確認しておきましょう。
トイレの場所がわからずうろうろ探し回ったあげく迷子になってしまうことがあります。
また、急に何かが足りなくなるかもしれないので、コンビニの場所を確認しておいたほうがよいでしょう。

予定の調整


家族でお花見を行うのであれば予定の調整をつけやすいですが、友達や同僚と行うのであれば細かな調整が必要です。
全員と連絡が取れるようにしておくといいでしょう。

幹事役
当日までと当日の予定(企画)や準備する物を考えましょう。

買い出し役
当日までに必要な物を考えて買いに行きましょう。

参加者
演芸などで盛り上げる予定のある人は準備・練習をしておきましょう。

車両役
車で参加者を運ぶ場合はアルコールを飲まないようにしましょう。

場所取り役
事前に場所の視察に行く余裕があれば、場所(※桜や風景など)を携帯電話で撮影して画像を仲間に送信し、他の人に良し悪しを判断してもらいましょう。
※有料で場所取りの代行サービスをする会社があります。利用する場合は規約や条件などをしっかりと把握したうえで頼みましょう。

場所取り役の仕事


場所取り役の人数・役割分担
  • 一人(退屈です。近くで場所取り役をしている他人と仲良くなるしかありません)
  • 二人以上(会話や相談、見張りができます)
  • 追加(途中で誰かが来て一緒に場所取り)
  • 交代(途中で誰かと交代し、自分は帰宅)
  • 運搬(場所まで荷物を運ぶのを手伝ってもらう)
  • 補充(途中で誰かが食事など必要な物を持って来る)
※もし一人だけで場所取りをしていると、トイレに行きたくなったときに誰も荷物を見張る人がいなくなります。
場合によっては盗まれる恐れがあります。

禁止事項の確認
場所によっては敷地内で特定の行為を禁止していることがあり、事前に調べておかないと苦情が入ることがあります。
場所の近くに看板がないか?当日探せないのであればインターネットで調べておきましょう。

以下は、場所によって禁止されている行為の例です。
  • 場所取りをする(※場所取りそのものを禁止)
  • ブルーシートで場所取りをする(※景観を損ねる)
  • 木の近くで場所取りをする(※木の根が傷む)
  • 前日から場所取りをする(※日時が指定されている場合があります)
  • 火の使用(※地面が汚れたり、火災の可能性)
  • ロープ等、人が引っかかって転倒する恐れがあるもの(※事故の恐れ)

不衛生な場所は避ける
公園などで気を付けなければならないのが、ゴミ箱やトイレの近くです。
ゴミ箱の近くは花見を終えたグループの捨てたゴミが見えるので、不快に感じます。
また、トイレが見えると不衛生な印象があります。
いずれも近くにあると便利に感じるかもしれませんが、視界に入ると汚い印象なので避けましょう。

隣で場所取りをしている人への挨拶
隣で場所取りをしている人が近ければ、挨拶をしておくといいでしょう。
困ったことが発生したときに話しかけやすくなります。
もし異性グループであれば、合同でお花見をしないか誘うこともできます。

場所取り役の必需品


※後述の「当日の持ち物」も参照すると役立ちます。

  • レジャーシート(※2リットル入る長方形のペットボトルに水を入れると、おもしがわりに使えます)
  • ダンボール(※お店で店員さんに聞けば無料でゆずってもらえます。もしくはホームセンターで購入)
  • 寝袋、毛布、マット、テント
  • 防寒着、厚手の靴下・手袋・マフラー・ニット帽、使い捨てカイロ
  • マスク(※冷たい空気を吸うより吐いた息を吸い込むほうが温かいです)
  • カッパ、傘、タオル
  • イス、テーブル
  • カバン、ゴミ袋
  • 食べ物(主食、お菓子)、飲み物&コップ
  • ステンレスボトル&熱湯(※インスタント食品や飲料を作る。ラーメン、味噌汁、コーヒー、紅茶など)
  • お金、携帯電話、モバイル充電器(※雨が降ってきても保護できる方法を用意。機械類は事前にフル充電)
  • 暇つぶし(本、携帯ゲーム機など)


雨対策
急な雨に対応する方法。
まず、用意する物。
  • (大きな)ダンボール箱(※たくさん)
  • 大きなブルーシート
  • ガムテープ
  • カッター

ダンボール箱を組み立てて4つの柱を作ります。
その上をブルーシートでおおって屋根を作ります。以上です。

ダンボールの大きさや個数によって柱の高さが違います。
ガムテープは箱を組み立てるときに必要であれば貼り付けます。(※ブルーシートを段ボールや地面に留めるのにも使えます。)
カッターは箱を分解するときに使います。(※雨がやんだら地面とシートの間に敷けばデコボコをなくせます。)

ユタカ シート 最軽量シート(ブルー) 3.6m×5.4m BSMK
ユタカメイク
売り上げランキング: 56

簡易なグッズ
ダンボールをガムテープで貼って箱状にすれば、テーブルやイスになります。
見た目が悪いので布カバーをかぶせれば綺麗な印象を与えます。
注意点としては、イスを作る際には強度を考えて作りましょう。
また、熱い飲み物を持ったまま座ったりすると、万が一つぶれたときにやけどをするので持たないようにしましょう。
当日作ろうとしてもうまくいかないかもしれないので、前日に仮止めまでの状態で作っておき、当日にガムテープを貼って完成させましょう。

当日の持ち物


  • 食べ物(お弁当、個別包装のお菓子など※個別包装は分配でき、一か所にお菓子がかたよらない)
  • 飲み物(お茶、ジュース、アルコール類※年齢や運転手に応じて用意。寒ければホットドリンク)
  • お箸類(割り箸、取り箸、スプーン、ストロー※食事の内容に応じて用意)
  • お皿(プラスチック製の皿 or 紙製の皿)
  • コップ(透明のプラスチックコップ or 紙コップ)
  • おぼん(※コップを置く時に安定する)
  • ウェットティッシュ、ティッシュ(※手をふける)
  • レジャーシート(※参加人数が座れる大きさ・枚数)
  • 座布団、ダンボール(※地面のデコボコで足が痛いのを防げる。女性は冷えるので下に敷く)
  • ひざ掛け、使い捨てカイロ(※女性は冷えるので)
  • ゴミ袋(※複数枚)
  • 雑巾、タオル(※何かをこぼしたときにふき取れる)
  • デジカメ、自撮り棒(※記念写真を撮る)


食事の用意の仕方


  • 持参(参加者それぞれが個人で作ったりお店で購入して持参する※食べているものに統一感がない)
  • 一括(誰かが全員分を作って持ってくる※作る役・運搬役が大変)
  • 注文(お店に人数分を注文しておき、当日に取りに行く※受け取り役が大変)
  • 予約(お店に人数を予約しておき、当日に食べに行く※時間調整が必要)
  • 店内(お店を探して食べに行く※複数台の車両で移動であれば大変)
  • 宅配(屋外配達が可能なお店に現地まで届けてもらう※宅配できる食事が限られる)

当日の注意


防寒対策
桜が咲く時期は、春が近づいているといっても思っている以上に寒いです。
当日の気温をテレビやインターネットサイトで調べておき、気温が低くなりそうであれば温かい服装を準備しておきましょう。
ちなみに、テレビリモコンのDボタンを押すと、見ているテレビ局が開設したデータ放送の画面が表示され、一週間先までの気象情報が確認できます。
事前に確認した気温や天気などの情報を参加者に伝えておくといいでしょう

タバコは控える
参加仲間や周囲にいる他人問わず、近くにいる人の中でタバコの煙を吸わせないほうがよい人がいるかもしれません。
子供、妊娠中の女性、呼吸器に疾患がある人など、近くにいる可能性があります。できるだけ配慮しましょう。
もし吸うのであれば、携帯灰皿が必要です。

花散らし
桜も満開になって見ごろ。
と思いきや、桜が咲いたらわりとすぐに雨が降って桜が散ってしまいます。
桜が咲き季節は、満開になって見ごろと思っても、数週間以内に雨が降りやすい傾向があります。
できるだけ満開という情報があれば、早めに花見に行きましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク