品川祐が活躍するための原動力

いまではバラエティー番組の
ひな壇席にはかかせない存在になった
お笑い芸人の品川祐さん。
彼の華々しい活躍の原動力を分析してみました。

■【共演者にツッコミを入れる】
お笑いのプロでもアドリブで笑いをとるのは
当然のことながら難しいだろう。

しかし、ある方法を使うと、いとも簡単に笑いを誘えるのである。
それは、誰かが何かを言ったり行動した瞬間に
大きな声で「○○じゃないですかっ!!」などと
ツッコミを入れるだけで笑いがとれてしまうのだ。
つまり、番組中にツッコミ役になれば、
自分は面白いボケを言う必要はなく、
「誰かが何かのアクションを起こすのを見つける
アンテナを張っておくだけ」で良いという訳である。
また、この方法は「ボケとは違い、スベりにくい」のが、
芸人としては最もリスクを背負わなくても良い安全策だと言える。

それを品川さんは見つけたのであろう。
彼がひな壇芸人になり、ツッコミ役に徹したほうが、
「面白いことを言わなくても、笑いを効率よく取れる」ことに
気付いたのだろう。
→「ボケとツッコミの仕組み

■【知識を披露する】
いまのお笑い界では、「面白さ」以外に
「知的」を売りにすることができる。
「お笑い芸人なのに知的」という意外性がウケているのだろう。

そこで品川さんは、テレビ朝日系「アメトーク」の企画で
家電製品を詳しく語っている。
また、ある番組では料理の腕前を披露している。
番組を見る限り、日頃からみっちりと勉強している感が出ていた。

なぜ、そんなに「お笑い」からかけ離れたことに力を注ぐのか?
そこには「面白いことを言って笑いをとる仕事」より、
「まじめなことを言っても仕事になるポジション」を
がっちりつかもうという戦略が見える。
実は、番組制作側のニーズに「お笑い芸人なのに知的」という
ポジションがあることに彼は気付き、
他の芸人さんが笑いをとる仕事の獲得に必死になる一方で、
できるだけその「知的を売りにした
ポジションに的を絞る」ことで「仕事が増える」という
思惑があるのかもしれない。
→「雨上がり決死隊のトーク番組アメトーク!

■【ネタを仕込む】
芸人であれば誰もが「確実に」笑いを取りたいと思うことだろう。
当然アドリブでは難しい。
また、先に書いたツッコミだけでは物足りない。

そこで品川さんが「人志松本のすべらない話」でおなじみの
宮川大輔さんと絡む場合。
まず品川さんが自分の胸の筋肉自慢をし始め、
その胸の筋肉を興味深そうに宮川さんが触り始める。
今度は逆に、宮川さんが自分の胸の筋肉自慢をし始める。
当然、この流れなら
同じように品川さんが宮川さんの胸を触ると思うだろう。
しかし、品川さんの伸ばした手は
宮川さんのトレードマークのメガネをズラすように顔を触るのだ。
そこでメガネをズラされコケにされた宮川さんが怒り、
笑いを誘う仕組みになっている。
一方、小島よしおさんと絡む時。
小島さんが話している最中に
品川さんから胸をポンッと軽くたたかれると、
「ラスタッ!」と持ちギャグが言い放たれる。
ただ、小島さんは何事もなかったように話の続きを始めるが、
また胸をポンッとたたかれると、
「ラスタッ!」と再びギャグが飛び出してくる。
同じことが2度繰り返され、そして三回目に品川さんの伸ばした手は
小島さんの胸ではなく、おでこに向かう。
そして、ポンッとたたく。すると…
それまで言っていた「ラスタッ!」が飛び出すと思いきや、
「ビィ~~ヤァ~~」と一連の流れから「三段オチ」になっており、
笑いを誘うようになっている。
こういった小ネタが番組中に自然に溶け込むように
行われるのだ。

このように収録中に「確実に笑いをとれる」ように、
「事前に共演する芸人の誰かと、ネタを仕込む用意周到さ」が
品川さんには見受けられる。

■【映画監督をする】
不良たちの青春を描いた
映画「ドロップ」の監督をする。

「ドロップ」は、事務所の先輩であるダウンタウンの
松本人志さんが監督を務めた
「大日本人」「しんぼる」のような非現実的な世界と違い、
少年誌によくある不良生徒を主人公にしていることで
男性の興味をひきやすい設定になっている。
また、その役者が成宮寛貴さんと水嶋ヒロさんというように
イケメンぞろいで女性ウケしやすくもなっている。
つまり、男女問わず楽しめるのだ。
さらに、映画では不良少年たちの乱闘シーンがあるが、
北野武さんの映画のように暴力描写は過激さから
展開が盛り上がりやすい表現技法である。
そして、芸人が映画監督をするという珍しさから
マスコミが取り上げ宣伝効果が大きい。

このように映画「ドロップ」は
「売れる要素を兼ね備えた映画」になっており、
興行収入約20億の結果を出す。

■【まとめ】
タレントの入れ代わりが激しいテレビ界で
生き残っていくためには、
品川さんのように「計算高く行動する能力」が
必要になってくる。

スポンサーリンク