人を褒める時のコツ

人を褒める時の
方法を紹介。

■人を褒める時に気を付けなければならない点
■【相手との親密度】
自分と相手との「関係の深さ」を考える必要がある。

たいして仲が良いわけでもない人を褒めると、
相手は「どうして褒めたのだろう?」と疑問に思い、
「たぶん何か自分に得するような
理由があるから褒めたに違いない」と
勘ぐられることになる。

大抵は「相手から好かれたいがために褒めた」という
動機しかないわけだが、
急に相手から好意的な感じで
接してこられても困るしかない。

■【日ごろの人間性】
普段から仲良くをしていも
人に対して褒めているイメージがない人が褒めると、
やはり違和感が出てしまう。

急におだてる接し方をされただけで、
「急に何で褒めたのか?」と
違和感が発生する。

以上のようなことを把握していない人が、
何も考えずに人のことを褒めて、
相手から不思議がられているのであろう。

旦那が嫁のことを褒めた途端
「お小遣いを増やして欲しいの?」と切り返されるも、
普段から褒めていないと気味が悪い、そういうことだろう。

人を褒めるためには、
日ごろから社交的なイメージがあり、
誰に対しても明るく接している。
また、人を喜ばさせるイメージを
持たれている人物像が必要になる訳だが、
それらが無い限り、急に人を褒めると、
疑問を持たれてしまうのは避けられない。

■褒めるための前置き
では、どうしたら人を褒めるときに
違和感が出ないようにすることができるのかというと、
「前置き」を言うようにすると良い。

まず、褒めたい部分があったとしたら、
それに関係したことから話し始めて、
その場に「トークのテーマ」を作っておく。
それから褒めるのである。

例えば、「髪型を褒めたい」のであれば、
美容室などの話をし始める。
「美容室と理容室の違い」みたいなのでいいので話し、
その場に「髪に関係するトークのテーマ」を
作り出しておく。

それから、ある程度
話し込んでから「君の髪型いいね」と
切り出せば、違和感が少なくなる。
また、そのまま髪に関係する話を続ければ、
なおさら違和感が少なくなる。
さらに言えば、「髪型変えた?」など
「褒める前に質問」してワンクッション入れると良い。

つまり、前置きも無しに相手のことを褒めると、
相手はあまりにも唐突な話に戸惑うしかない。
また、褒めた直後に別の話をされ始めると、
無理から褒めた雰囲気になる。

話の流れには前後が大切なのだ。

じゃあ、少し裏技をご紹介。
人って何を褒められるとうれしいのか?
それは「自分が好きなこと」を褒められるのが
一番うれしい。
相手が好きな歌手や好きな俳優などを褒めると
相手にとっては自分ごとのように感じ、
うれしくなってしまう。

■最後に
・コミュニケーションをしっかりとっておく
・話の流れに合わせて褒める
・褒め過ぎは嘘っぽい

それが大事。

スポンサーリンク

スポンサーリンク