キングオブコント2009決勝進出者発表!

コントの日本一を決める大会
「キングオブコント2009」の
決勝進出者が発表されました。
そこで、大会当日までの
各出場者のネタの予習として、
過去にしていたネタを分析してみます。

あくまでも過去にしていたネタのやり方を書きますので、
各コンビが決勝で
どのようなネタを披露するかは分かりませんが、
もし大会当日までに、
各出場者の
「ネタの予備知識を持っていたい」と思いの方は、
参考にして下さい。

■各出場者のネタ分析
■【サンドウィッチマン】
ほとんど漫才のようなやり取りをします。
ボケたら強烈なツッコミを入れます。

■【インパルス】
サンドウィッチマンさんと同様で
漫才のようなやり取りをします。
ただしインパルスさんの場合は
板倉さんが役(キャラ)を作りこんでいます。

■【しずる】
一方がボケたら、
もう一方がそのボケに乗る展開をしています。

■【ロッチ】
一方が話す(フリを入れる)と、
もう一方がフリを膨らましボケ始めます。

■【ジャルジャル】
一方が極端な行動をとって、
もう一方が巻き込まれます。

■【天竺鼠】
一方がおかしなことを言い出し始めて、
もう一方が巻き込まれます。
※当日は、Wボケのような内容でした。

■【東京03】
物語の中心になる人に対して
キレた(怒った)ボケを入れて、
もう一人がそれに反応するなどの展開をしています。

■【モンスターエンジン】
モンスターエンジンさんのコントと言えば、
シュール(非現実的)な世界観を描く
「暇を持て余した神々の遊び」ですが、
さすがに万人ウケしないネタなので
たぶん決勝では違うネタをするだろうと思います。
ただ、「神々」以外のコントネタを
している記憶がないので、
大会当日はどんなネタをするのか
想像が付かないです。
※当日は、一人で暴走トークを繰り広げていました。

以上が各出場者のネタ分析です。

ただし、芸人さんによっては
ネタのやり方がその時々で変わったりするので、
絶対に上記のようになっているとは
保障できませんが、
とりあえず色々なネタのパターンが
出そろっていることがわかります。

さて、大会当日には
さらにネタに磨きをかけてくると思うので、
予想を超える面白さが待っていると期待してます。

■管理人の注目コンビ!
予選を突破した決勝進出者、全8組の中でも、
特に管理人が注目をしているコンビを挙げてみます。

・サンドウィッチマン
・インパルス

この2組が活躍してくれるのではないかと思います。

特に、サンドウィッチマンさんは、
漫才の日本一を決める
「M-1グランプリ2007」で優勝した実力派なので、
大いに期待できるのではないでしょうか?

ただ、そのサンドウィッチさんにも
気になる「不安材料」があります。
というのも、コントをする時には

・舞台の広さを使う(舞台上で移動する)
・動き(体を使ったボケをする)

以上の2点を使うことで、
コントをする際に
「見た目のパフォーマンス力」が出せ、
面白さにつなぐことができます。
漫才のようにセンターマイクの所で
移動せずに話し続けるとの違って、
コントは自由度が高いので
「動き」を使い、
「見た目のパフォーマンス力から発生する面白さ」を
作り出せるようになります。

その「見た目のパフォーマンス力」の点で
照らし合わせてみると、
日本テレビ「エンタの神様」に出演している時の
ネタを見る限り、
サンドウィッチマンさんのコントは、

・舞台の一つの場所からあまり動かない
・言葉のやり取りがメイン

という傾向にあります。

つまり、サンドウィッチマンさんのネタは、
せっかく自由に動き回れるにもかかわらず、
言葉をメインとしたコントネタをしています。
そこには、言葉や話の流れの“ひねり”の面白さを
メインにするというサンドウィッチマンさん流の
ネタのやり方のこだわりがあるのかもしれません。

ちなみに、第一回キングオブコントでは、
最終決戦出場者のバッファロー吾郎さんと
バナナマンさんも舞台を広く使い、
動きを使ったボケをしていました。
前大会で結果を残したコンビのネタからも
分かる通り、
やはり「舞台の広さを使ったり、
動きを使ったボケをするネタが
コントをする上で評価が高くなっている」のかもしれません。

キングオブコントでは、ネタの審査を
他の芸人さんからの投票としていますが、
他の芸人さんから見て
「言葉のやり取りだけをメインとしたコントネタ」が
どう評価されるのかが
勝敗を分ける重要なポイントになるだろうと思います。

一方、インパルスさんも
サンドウィッチマンさんと同じような
言葉のやり取りがメインのコントネタをされています。
もしかしたら
サンドウィッチマンさんや
インパルスさんなどの実力派コンビでも、
ネタのやり方上、評価が低くなるかもしれません。

ただ、いづれにせよ、どちらのコンビも
面白さを作り出す実力があるので、
管理人の心配をいい意味で
裏切ってくれることだろうと思います。
果たして2代目の王者は、どのコンビになるのか?
楽しみですね。

スポンサーリンク