もしや病気?人に見られると緊張する理由

人から見られていると思うだけで緊張してしまいますよね。
そのメカニズムを分析。

テレビ番組に出演している一般の人の手が、緊張のあまり震えているのを時々見かけます。
手が震えるとまではいかないまでも人前だと緊張する経験は、誰にでもあるのと思います。
なぜ人に見られていると思うと緊張するのでしょうか?

それは動物の「防衛本能」から起こると思われます。

動物は周囲に敵がいるかもしれないという環境では、「襲われるかもしれない」という心理が働きます。
その時、目を持った生き物がコチラを見ていないか意識をして、もし目が合ったとすれば相手がコチラを見ているので標的として襲われる可能性があります。
襲われないためにも防衛できる状態に体の機能を高めるのが、「緊張する原因」になります。


動物は相手を威嚇するときに相手の目をじっと見ます。
相手に対して襲うぞ、というアピールをあらわしています。
ちなみに、畑にカラスを寄せ付けないために黄色い目玉の風船が置いてあるのも、目で威嚇するためだろうと思われます。
人間の場合、見られていると視線をはずしたくなるのも、相手の視線が攻撃的に思えるのでしょう。
「目を持った生き物(他人)」がいるとコチラ(あなた)に対して「マイナスになるような考えや行動をとろうとしているのではないか?」と脳が勝手に反応して緊張してしまうわけです。
その反応が過剰に出てしまうことで、日常生活において自分の思うようにいかなくなる事態が出てきます。

テレビに出演している一般の人の手が緊張で震えていたのは、自分のことをカメラで撮影されて、それがテレビで放送されて「たくさんの人から見られている」と意識しすぎて反応しているのでしょう。
人気女性アナウンサーが習字の腕前を人前で披露する時に、手がプルプル震えて字が書けないなんてこともありました。
普段から人から見られる仕事をしているアナウンサーでも、手元をカメラで撮影されているだけで緊張感から当たり前のことができなくなります。

では、「大勢の人の前で話すときに、緊張する理由」は?
たくさんの目で見られているので、たくさんの敵に囲まれていると脳が思っています。
異性の前で緊張する理由は?
それは打ち解けてないからです。
目の前にいる人のことを敵だと脳が思っているのでしょう。
要は「仲良くなっていない人」に対しては、頭の中で勝手に「敵視」しているのでしょう。

緊張をほぐすためには、まず相手に対して「仲間意識」を持つことが大事です。
(※「親しい仲間だ」と思うのであって「なれなれしくする」という意味ではありません。あくまで「仲間意識を持つ」だけです。)
知らない異性の人に見られていると緊張しますが、家族の中の異性は仲間だと思っているので目を見て話していても緊張しません。
家族の前で失敗しても大して気にしません。
家の中では、他者の評価なんて気する必要がなく、失敗を恐れずに過ごしているので緊張感のない生活を送れるわけです。
いかに「親しい仲間」だと思うことが大事なのか、分かっていただけたでしょうか。

人見知りが治るノート
反田 克彦
すばる舎
売り上げランキング: 17,719

もしそれでも治らないのなら?
脳機能的な問題を抱えているのかもしれません。

特に二つの事が考えらます。
一つ目は、思考力が高すぎて論理的に細かいところまで考える能力があり、それ自体は「能力」として良いことですが、逆に物事を深く考えすぎてしまっているのかもしれません。
あっけらかんとしている性格とは真逆で、人の気持ちを理解しようとする性格の良さが災いし、必要以上に人の心の中を考えてしまっている。
悪いことを思われたくないという意識から緊張状態を高めてしまっている可能性があります。

二つ目は、不安になることで防衛本能を呼び起こし、危険を回避しようとする脳機能が過剰に働き過ぎることで、不安感が人一倍強すぎるのかもしれません。
不安になる機能は誰にも持っている防衛本能なので問題はないのですが、それが「強すぎる」という点が問題になっている。
強い不安感から思考の混乱や身体症状を起こしている自分に気づき、余計に不安状態を高めてしまっている可能性があります。

いずれにせよ、親兄弟といているときに視線が気にならないのであれば、結局は仲間意識が足りないことが原因と言えるでしょう。

スポンサーリンク