ザ・ドリームマッチ09若手芸人祭りの感想

TBS「ザ・ドリームマッチ09
真夏の若手芸人祭り!!」で、
人気若手芸人さんたちがシャッフルされ、
夢のようなコンビを組んで
ネタを披露した。その感想。

この番組企画の一番の特徴が
誰とコンビを組むのかが分からないところなのですが、
そんな中で面白いネタをするには
ネタを作る芸人としての「実力」よりも
相性の良い人と組まされる「運」が必要だと
思わされました。
そこで
「面白かったネタの特徴」と、
それを踏まえて「鳥居みゆき」さんについての
2点について書こうと思います。


■【元ネタで特徴がしっかりしている芸人ほど面白い】
番組を最後まで一通り見て思ったのが、
「面白くなりやすいネタの構成」というのが
はっきりとわかりました。
例えばオリエンタルラジオの藤森慎吾さんが
おなじみの「武勇伝」を使っていたように、
どのコンビも普段しているネタを取り入れて
応用していたコンビが多かった。
そこで特に普段しているネタが
インパクトが印象的で、覚えやすい特徴があって、
世の中に浸透して知られているほど
面白くなりやすい感じがした。

それを踏まえて考えてみると、
最優秀コンビになった
NON STYLEの石田明さんと、
オードリーの若林正恭さんが組んだコンビは、
「M-1グランプリ2008」でしていた
それぞれ見覚えのあるネタの構成を
掛け合わせていたので、
圧倒的にクオリティーが高くなっていた。
というのも彼らの漫才は、
「特定のネタの展開をする」元ネタで
しっかりと笑いを取れていたため、
それと同じネタの展開をすれば
笑いが取れやすくなっていたと言える。
つまり、M-1で優勝したNON STYLEネタと
準優勝になったオードリーネタを掛け合わせれば、
もはや最強になるのは当たり前だったかもしれない。
ネタを見る限り次々と繰り出されるボケとツッコミが
見事に絡み合い、本当のコンビにさえ見えるほどだった。
個人的に思ったのは石田明さんと若林正恭さんのコンビで
M-1に出場すれば、優勝できると言えるほど
完璧な印象を持った。
→「テレビで人気が出るお笑いネタの作り方

逆に普段のネタで「特徴の弱いやりとり」を
担当している芸人さんは、
組んだ相手との相性が良くないと、
面白さが出せない感じがした。
例えばM-1で最終決戦に残ったことがある実力派の
トータルテンボスの大村朋宏さんと、
ナイツの土屋伸之さんが組んだコンビ。
いつもトータルテンボスさんのネタは、
藤田憲右さんのクセのある言葉のツッコミをメインとしている。
一方、ナイツさんのネタは、言い間違いのボケをする
塙宣之さんには大きな特徴がありますが、
意外と土屋さんは普通のツッコミを入れている。
だから、本人自身が自ら「地味なコンビ」と
発言しているほどである。
結局、シャッフルされた時に特徴の弱いやりとりを
担当をしている芸人さん同士で組むことになると
ネタがぱっとせず、苦戦をしいられるわけですね。
確かアンガールズの山根良顕さんと
U字工事の福田田薫さんとのコンビも同様でしたね。

ドリームマッチでは、誰と組むかで
ネタの面白さがまったく違ってくるので、
実力以上に相性の良い人と組まされる運を
持っている必要がありそうです。


■【鳥居みゆきについての感想】
番組冒頭、控え室で緊張している他の芸人さんと違って、
一人だけテンションが高いことに対して
ダウンタウンの松本さんから
ツッコミを入れられ、会場を爆笑にさせる。
きっちりと鳥居さんが
「笑いを起こす起点となっている」のが頼もしかったですね。
それとダウンタウンさんの番組への出演は、
「リンカーン」や「ガキの使い」などで
回数を重ねてきているところからすると、
暴走して扱いの難しいことが多い鳥居さんでも
相性が良いとスタッフは思っているのかもしれない。
今後の出演も期待できそう。

ただロバートの山本博さんと組んだコンビによるネタは
正直なところ厳しかった…。
今回は、鳥居さんの暴走をメインとしたネタだったんですが、
どうしてもツッコミがしっかりとしていないと、
ボケが弱く見え、面白さが出せてなかったので、
ロバートの山本さんとの相性は微妙な感じに見えました。

そもそも、いつもロバートさんのネタは、
秋山竜次さんのキャラをメインとしていて、
山本さんはそれに対してとまどう役割なのですが、
先に書いた通り
「特徴の弱いやりとり」をされるタイプなので
ツッコミ方が弱く、鳥居さんのボケも弱くなった感がありました。
ただネタを見ていて、
鳥居さんのボケるときの言い方が子供っぽくて、
また、無邪気にはしゃいでいるように見える姿が
どこか山本さんが子供に振り回されている父親に見え、
ほほえましい光景になったのが
ネタの面白さとは違うところで
楽しまさせてくれました。

あと、ネタの打ち合わせのときの
鳥居さんの格好が良かったですね。
髪の毛を結んで、
青っぽいワンピース(?)を着ていて、
いつもの白い服に見慣れているだけに
たまに違った服装を見るとなごみますね。
それにしても鳥居さんのチーク(ほおの化粧)は
いつも濃いですね。

そんな鳥居さんと
できればオードリーの若林さんとのコンビで
見たかった気がします。
例えば
鳥居さんが暴走するのに対して
若林さんが「ここはノータッチでいきたいと思います」とか、
若林「おまえと漫才なんかやってらんね~よ」→
鳥居「それ本気で言ってるの?」→
若林「本気で言っていたら一緒に漫才やってね~よ、
へへへへへっ(鳥居無表情)笑えよっ」のように、
若林さんはいつものオードリー的ズレ漫才な感じで、
鳥居さんはいつものキャラ全開アンド落差で
ネタをしていたら、
なんとなく想像しても面白そうなので、
やっぱりツッコミがしっかりしていることが大事ですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク