番組司会者の進行内容

番組中の司会者のお仕事内容をまとめてみました。

司会内容


打ち合わせ
その日、参加する人と打ち合わせをします。
事前に相手の人間性を知ったり、情報を得たり、打ち解けることで本番で会話が弾むようにします。

挨拶
冒頭で、企画名(番組名)や軽い企画の説明、司会者・アシスタントの自己紹介や共演者の紹介をします。
これから何を始めて、誰がどんな人物かを説明します。
挨拶は決まったセリフを言うためスタッフの出したフリップ(カンニングペーパー)を見ながら言います。

絡み
挨拶のあとは誰かと誰かが会話をして「つかみ」を作ります。
「つかみ」とは、見ている人に興味を持たせるために、何かしら面白いエピソードを話したり会話をします。
司会者自信の面白エピソードか共演者に絡んで会話をします。

説明
企画の具体的な説明をします。

仕切り(進行)
企画に合わせて情報を説明したり、次へと誘導をします。
  • アドリブで言っている
  • 覚えていることを言っている
  • 手元の紙かスタッフの出したフリップを見ながら言っている

フリ(進行)
誰かになにかを始める(させる)ためのセリフ。
  • 共演者になにかをさせる
  • (次の)企画に移る
  • スタッフになにかをさせる

フリ(質問)
共演者に事前に(楽屋やプライベートで)聞いておいた面白エピソードを話させるためやギャグをさせるためのフリ(質問)を入れます。
もちろんアドリブで行う質問のほうが多いです。

あいづち等
共演者が話しているときの発言。

ツッコミ
共演者のおかしな発言や行動にツッコミを入れます。
共演者に天然キャラの人を入れれば、必ず面白い発言や行動をしてくれるのでツッコミを入れやすくなり、笑いを誘えます。
また、特定のジャンルやカテゴリに属している人を共演者としてたくさん参加させると盛り上がりやすくなります。

最強のコミュニケーション ツッコミ術(祥伝社新書)
村瀬 健
祥伝社
売り上げランキング: 15,965

ボケ
司会者自ら発言や行動でボケます。
コンビの場合は相方に、ピン司会の場合は共演者にツッコミを入れてもらいます。

エピソード
自分の面白い話をします。

休憩
企画が長時間続く場合は途中休憩を入れます。
軽い飲食やトイレに行きます。

締め(共演者)
共演者に感想を言ってもらう。

締め(司会者)
企画(番組)を締めるセリフを言います。

お別れの挨拶
最後に「さようなら~」「また、お会いしましょう!」などのようなお別れの言葉を言います。

お礼の挨拶回り
参加した人のほうからか、司会者側からか相手の居場所に出向き、お礼をします。
※年齢やキャリアによってどちらから出向くかが違います。

コツ


事前準備
トーク番組は、事前にゲストにアンケート用紙を渡して書いてもらうか、スタッフが楽屋に訪れて聞き取り調査をして得た情報を、司会者が事前に目を通してトークのきっかけをつかむようにしているようです。
また、スタッフが事前に得た情報を元に、それを話させるための質問をフリップに書いたのを司会者に見せながら番組を進行させることで会話が弾むようにしているようです。

司会者の道具
  • マイク(声が遠くに聞こえるよう、また誰が仕切っているのかを視覚的に示すため)
  • 司会棒(何かを指し示すときの伸縮自在の棒)
  • フリップ・モニタ(紙の板や画面の映像を通して視覚的に説明)
  • めくり(ボードに張られている紙をめくると文章や写真が現れる)
  • 進行表(司会者の手元にセリフや進行の流れが書いた紙)

生放送を段取りよくするために
漫才大会の「M-1グランプリ」の場合は、少しでも進行をスムーズにするために、スタッフがあらかじめ想定される進行上の発言を書いたフリップで司会者の今田耕司さんに指示を出しています。
バラエティ番組では時々スタッフの出したフリップが画面に映されることがあります。
また、紅白歌合戦は、司会者のセリフが細かく台本で用意されているようです。

NHK紅白歌合戦 - Wikipedia」より

放送するにあたっては、番組内でのサプライズやトークも進行台本にト書きされており秒単位での進行が行われている。バックバンドやダンサーを含む出演者ら本人および照明からセットを含むゲネプロを行い本番同様の綿密な予行演習が連日にわたり実施される。
事前に司会者と出場歌手で面接が行われる。その面接では、司会者側より出場歌手に本番内での曲紹介の内容について説明したり、出場歌手側より司会者に自身の曲紹介をするにあたっての依頼や自身の歌唱にあたっての思い入れ・エピソード等を語ったりするということが実施される。この面接の際に出場歌手が話したことを司会者が本番内で語るということもある。

調整企画
時間を簡単に調整できる企画をメイン企画の間に挟んでおきます。
もし企画が思ったより早く進んでいるのであれば調整企画を長くし、遅く進んでいて時間が足りないのであれば調整企画を削ります。

スポンサーリンク