やしきたかじんの毒舌トークの仕組み

関西では、その名を知らない人は
いないぐらい、ぶっちゃけたトークをする
やしきたかじんさんを
批評してみたいと思います。

まず、結論から書きますと、
絡みトークが意外と苦手で、
ツッコミをメインに笑いをとるスタイルをしている。
というのも現在では終了しましたが
「ムハハnoたかじん」で見られた光景ですが、
自分のあまりよく知らないゲストのときは
「ふん、ふん」「ほう、ほう、ほう」と
聞き役になっていて、
また、普通のトークをしている。
これは、彼は痛烈なツッコミや、
放送禁止用語が入る発言を
持ち味にしているため、
相手のことを知らなかったり、
話したことが無い人がゲストだと、
いきなり毒舌で絡むわけにもいかないし、
どう接していいのかが分からないためだと思われる。
以前、ある番組で若手芸人の数人と絡んだときも
ほとんど話さずじまいであった。
また、「たかじんのそこまで言って委員会」でも
ぶらぶら歩き回っていることが多い。

彼のメインの笑いのとり方は、
時事ネタ(特に芸能)、関西ネタ(文化など)や、
持論を展開するなどして、
そこにツッコミを入れることにある。
そのため何かしら「自分の得意な分野の
ツッコミどころ」が用意されていないと
本領を発揮しにくいのである。
「委員会」に関しては、
あまりにもディープな話がメインなため、
さすがに彼もついていけないのだろう。
ちなみに彼は、たくさんの番組を
ビデオ録画して見ているらしい。
そうやって普段から情報を蓄えておいて
番組中(「たかじん胸いっぱい」など)で
ツッコミまくるのだろう。
ただし、蓄えた情報自体が
「世間の表面的な情報」なので
「委員会」の勝谷誠彦さんや宮崎哲弥さんのような
「ディープな裏話」をする人達には
ついていけないのだろう。
だから、コメントしやすそうなときにだけ
話し始めることが多い。

では、スタッフはどう思っているのか?
やはりトークが苦手と思っているようである。
「ムハハnoたかじん」は、当初こそ
ゲストと一対一でしたが、
その後、宮根誠司さんや橋下徹さん、その他の人が
加わっている。
「たかじんのそこまで言って委員会」では
メイン司会であるが、辛坊治郎さんが
横に付いていて仕切ることが多い。
つまり、「誰かトークをフォローする、
というより、むしろ引っ張ってくれる人を
付けたほうが番組的に良い」というのが
スタッフの思惑なのだろう。

彼が東京進出をしない理由に
東京の番組撮影スタイルと東京のスタッフが
好きではないように言っているようですが、
もう一つの可能性は、さすがに東京の番組で
関西の話ばかりするわけにもいかず、
また、得意とする人気番組のことを
痛烈にコメントをする、
及び、放送禁止用語を発言をするなどの
スタイルを出すことが難しい東京で
番組がコケてバッシングを浴びるのが嫌なのだろう。
ただ、そういったスタイルが好きな視聴者が
世の中にはいるので
彼の番組は高視聴率をとることが多いようですが、
進出してどうなるか見てみたいですね。

スポンサーリンク