ネタは得意、でもトークが苦手

ネタは面白いのに
フリートークが苦手な
お笑い芸人さんがいますが
その原因を書いてみたいを思います。

まず、番組の司会者は
会話をコントロールする役割で、
そこに加わる人がレギュラー陣やゲストです。
トークには「会話をコントロールする
(司会者が話を他の人に振る、仕切るなど)」や、
「会話の中に跳び込む
(レギュラー陣や、ゲストが
タイミングを見計らい会話に参加するなど)」を
必要とします。
というところから、
トークは「会話をする相手がいる」うえ、
また、「アドリブが多い」ため、
「事前に練習することができない」ことから
実践あるのみになります。

ただし、ネタの場合は与えられた時間内に
「事前に考えたネタの披露」だけなので
「他の人と会話をしない」ので
フリートークの場合と違って
笑いを取りにいくことすら出来ないまま
終わることが無いのです。
また、ネタを作るときに
面白い“ひねり”を
入れることができたり、
自分のペースで事前にネタの練習が出来ます。
そのためネタをしているときは
面白いけど、トークのような
会話をする相手がいて
自分のペースが保てないと
「笑いをとれない」人がいます。

結局のところネタは事前に時間をかけて
考えることができるので
面白いアイデアを思い着く
「運」か「才能」があればいいわけです。
よって、ネタ番組で面白い芸をして
大ウケしていても、あくまでも
「アイデアの発想が優れている」だけで
「その芸人さん自身が面白い」とは限らないのです。
でも、「アイデア」だけが一人歩きして
世間一般にウケて人気者になり、
「話し上手」では無いまま
トーク番組に呼ばれてしまい
イマイチな感じになってしまうわけでしょう。


一瞬で相手の心をツカむ!笑いのスキルで仕事は必ずうまくいく
殿村 政明
小学館
売り上げランキング: 36,339

≫【補足】

【コント企画では面白いのに…】
コント番組をしている芸人さんも
この記事に書かれている通りで、
台本を使うコント番組では面白いけれど、
アドリブなフリートークは苦手な人がいます。
また、コント番組は観客を入れないので
ボケている部分が
「スベっているかどうかの評価が無い」まま、
後から付け足された笑い声か、
スタッフの笑い声が入れられて放送されている点が
芸人さんが面白く見られてしまう原因になっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク