芸能人のファン必見!プレゼントの送り方

応援している芸能人・タレントさんにあなたの気持ちを届けるためのプレゼントの送り方を紹介します。

プレゼントを贈るときの注意点


送ったプレゼントは所属事務所のスタッフの方が中身をチェックしてから本人に渡します。
もし中身に問題があると判断された場合は、本人に渡されません。
せっかく送ったプレゼントが本人に届かないなんてことがないよう準備には時間をかけて計画的に行いましょう。
ファンレターのような紙と比べて物は取り扱いに困りやすいので、よく調べてよく考えてから送るようにしましょう。

タレントさんの職業や所属事務所によって送られてきた物に対する扱いはまったく違います。
お笑い芸人さんはルールがゆるく、アイドルはルールが厳しい、といった傾向があるので注意が必要です。

送られてきた物への対応の仕方


絶対に受け付けない
処分されるか、送り主に返されます。
事前に所属事務所のホームページや本人の運営サイトで調べておきましょう。
送られてくる物に対して基準が厳しいアイドルのホームページで、受け付けていない物を調べておくといいでしょう。

検索サイトで「(グループ名 or タレント名) プレゼント ファンレター」と入力し、検索してホームページを探すとよいでしょう。
  • アイドル以外の職業をされている方は「プレゼントについて」のページがないことが多いです。
  • 「ファンレター&プレゼントに関して」(※専用のページ)、「Q&A」や「FAQ」(※問い合わせの多い質問に対しての答えのページ)、「よくある質問」「お問い合わせ」(※前述と同じ)などのような形でページが作られていることが多いです。
  • 検索サイトで検索したあと、検索結果に表示されたサイトを上から順に見ていき(※この時点ではクリックしない)、公式ではないと思われるURLより上に存在する「公式のホームページ」を探してください(※「detail.chiebukuro.yahoo.co.jp」のURLで始まるQ&Aサイト、ファンが作成したページ、無関係のページなどが存在します)。事前に、「公式サイトのURL」を調べておけば、関係のないサイトにアクセスしなくて済みます。

スタッフが中身を確認してから本人に渡す
もし中身に問題があれば処分されるか、送り返されます。
高額な物であれば、処分するにはもったいないので本人に送り返されると思います。

確認せずに本人に渡す
送られてきた物を本人が自宅に持ち帰る(身に付ける)、もしくは受け取りはしますが所属事務所に置いておきます。

贈ってはいけないプレゼント


現金や金券、お金に相当する物
タレントさんへの教育的に良くないので、事務所の方針として受け付けない可能性がきわめて高いです。
タレントさんの金銭感覚、ファンとの関係性、ファンの経済事情、税金など、様々な問題が発生する恐れがあります。
お店で商品を購入すときに、支払いに使える物はダメです。
また、券やカードなど、精算機で支払えたり換金できるものも同様です。
ちなみに、割引券や無料券、条件を満たしたポイント・スタンプカードなどとなると…、どうなんでしょうかね?(※「本人のみ使用可」はダメです)
お金をプレゼントできるのは、おひねり(チップ)を渡す慣習があるショーパブや大衆演劇ぐらいですかね。

高級品
値段が高い物は困ります。
気を付けたほうがいいのは、送られてきた物の値段は事務所が推測するので、「見た目が高価な物」を贈るとダメかもしれません。
高級ブランドの名前やロゴが入っているものは厳しいでしょう。
また、受け付けている物の値段(上限)は事務所ごとで違うかもしれません(※テレビで、とあるアイドルが取り上げられたときに1万円ぐらいまでと放送されていました)。
※「高級品」は上記の「現金や金券、お金に相当する物」と同様の扱いになると思います。よって、慣習がある職業でない限り、受け取りは拒否されるでしょう。

生もの
食べ物、植物、生き物などは腐ったり死ぬので困ります。
食べ物に関しては、批判する人からの嫌がらせが来るかもしれないので、口の中に入れる物や皮膚に接触する物は危険なので処分されると思います。
植物に関しては、お祝いの花はセーフだと思いますが、育てる物ならやめておいたほうが無難です。
生き物に関しては、育てる必要があるので困ります。

大き過ぎる物
両手を使って持つぐらいの大きな物だと場所をとります。
また、重いと持ち運ぶ手間がかかります。

金属系の物
事務所スタッフが不審物が入っていないか金属探知機で検査するので、反応する可能性があります。
送られてきた物をきっちり調べる事務所は、盗聴器(会話が聞ける)、盗撮器(映像が見られる)、GPS(居場所が分かる)が物の内部に仕込まれている可能性を考えるので、探知機が反応したら除外すると思います。
例えば、ぬいぐるみの内部に盗聴器を仕込んである可能性を考えてチェックすると思うので、たとえ外見上は機械でなくても内部の一部が金属ならダメかもしれません。
機械類はかなり厳しいと思います。

また、表向きは日用品に見えるても内部が別物といった(防犯目的として販売されていても)悪用される物が世の中には存在します。
例えば、アイドルにストーカー対策として防犯ブザーをプレゼントしても、中身が盗聴器の恐れがあるので持ち歩くことはまずないでしょう。
ただし、内部が複雑な構造をしていない(※内部構造自体がない)金属類はセーフかもしれません。

送り方


郵便局や宅配便で送る
所属事務所に送る。
やる人はいないと思いますが、着払いにはしないこと。
基本的に物を送るときには「郵便番号」「住所」「氏名」「電話番号」「荷物の内容」(「到着日時(時間帯)」)などの記入が必要になってきます。

仕事場
テレビ局や会場、劇場などに受付があれば、そこの係りの人に渡します。
受け付けているのか事前に調べてからにしましょう。
人気のある人であれば、「プレゼントの受け付け箱」のような物が設置されている場合があります。

直接渡す
握手会やサイン会、商品の発売などのイベント、または入り待ち・出待ちの時に本人に直接渡します。
急に渡すと驚かれるのであまり好まれる方法ではありませんし、荷物になります。
また、他のファンの人から注意・批判を受ける可能性があります。
※会場でプレゼントを渡すことを禁止している場合があります。
※観客との距離が近い会場(演芸場・ライブハウス・パブなど)で活動しているローカルタレント(小さな会場で活動している人)のなかには、ファンとの交流の時間が設けられていることがあります。
メジャータレント(全国区で活動している有名人)とは違い、ファン数が少ないので地道に交流をしています。

時々ある話


テレビ番組で、お笑い芸人さんがバレンタインデーにチョコをもらった話をしたり生活用品が送られてくる話など、送られてきた物の話をすることがあります。
ちなみに、お笑いタレントの山崎邦正さんはデビュー当時、ダンボール16箱分のチョコをもらったそうです。
オードリーの春日さんの場合は、住んでいるアパートに物が置かれていたそうです(さすが芸人さんのファン)。
また、若林さんの誕生日の日にはファンの人から300個のプレゼントが届いたそうです。

おすすめ記事



用意


プレゼントを用意するにはどういった計画が必要になるのかをまとめてみました。
  • 何年・何月・何日・何曜日・何時何分頃に送るのか?
  • どこに送るのか?
  • 誰に送るのか?
  • 何を贈るのか?
  • どういう目的で贈るのか?
  • どのような段取りで送るのか?
  • 物だけ送るのか?
  • 予算はいくらで行うのか?

いつ?
毎年行われる行事であれば、本人に関わることや世間的なイベントのとき。
その他、タレントさんの状態や状況に合わせて明るい気持ち(前向きな気持ち)になってもらいたいとき。
  • 行事: 誕生日、バレンタインデー・ホワイトデー、ハロウィン、クリスマスなど
  • 祝福: 初○○、○周年記念、受賞・記録達成、昇進、就任など
  • 所属: 入る・出る・辞める
  • 活動: 始める・終える
  • 激励: 祈願、療養など

どこに?
本人以外に渡す、もしくは本人に直接渡します。
タレントさんの人気度によって渡し方が違ってくると思います。
  • 所属事務所
  • 仕事先
  • 手渡し

百科事典サイト『Wikipedia』で、所属事務所や仕事先の住所を調べられます。
また、地図サイト『Yahoo!地図』で場所を探せます。
非常識すぎると警察沙汰になるので、絶対に常識やマナーを守りましょう。
ちなみに、Wikipediaでタレントさんの名前を検索すると、「所属事務所名」や「生年月日(誕生日)」などが分かります。

誰に?
  • 個人(タレント)
  • グループ全員(グループの人数分、グループに一つ)
  • 周辺(マネージャー、スタッフ、所属団体、仕事先関係者)

タレントさんは受け取る可能性が低くてもその周辺となると一般人になるので受け取る可能性が高まります。
タレントさんを支えている(助けている)ねぎらい的な意味合いで送ります。

テレビがメインの仕事場の人は人気があるので送られれてくる量が多いです。
特に「好意を売る」ような仕事をしている「アイドル」は熱狂的なファンが付きやすく、意欲的なのでライバルになります。
また、過激なファンが付きやすく悪趣味な物や危険物が送られる可能性が高いので検査が厳しいです。
ファンと触れ合う交流イベントがある仕事をしている「スポーツ選手」は受け取ってもらいやすいです。
「お笑いタレント・芸人」さんはもらうこと自体が話のネタになるので受け取ってもらいやすいです。

何を贈る?
ご覧いただいている記事を読んでの通り、送ってはいけないもの以外です。
例えば、アイドルにバレンタインデーとしてチョコを送るとしても、口に入れる物は危険と判断されて食べてもらえないどころか本人に届く可能性はまずありません。
その代わりチョコに代る物を送るといいでしょう。
  • 未開封の既製品(商品の梱包やテープをはがしていない物)
  • 開封済みの既製品(商品の梱包やテープをはがしている物)
  • デコレーション(商品を自分で装飾した物)
  • 手作り(自分で一から作った物)
※未開封の既製品は安全性が高い印象がありますが、味気ない印象になります。
一方、デコレーションや手作りは(物の形状によりますが)安全性が低い印象がありますが、気持ちがこもっている印象があります。

ちなみに、「捨てづらい物」を送ればよいでしょう。
このプレゼントは捨てるどころかいったん本人(タレントさん)に見せたほうがいいな、とスタッフに思わせる物を送るといいでしょう。

どういう目的?
祝う、喜んでもらう、努力・苦労をねぎらうなど。
  • 定期(時期的なイベントに合わせて)
  • 共感(良い状況が起こったときに合わせて※不定期)
  • 心配(大変な状況・状況後※不定期)
  • 支援(良くない状態になっているときに合わせて※不定期)

どんな段取りで?
どこに送るかによって方法を考えましょう。
場所ごとの禁止事項は要確認。
  • ネットで調べる(情報がない?)
  • 電話で確認(迷惑?)
  • 現地の受付で直接確認(受け取り不可のときに手荷物になる?)

特に重要な確認事項を前もって用意しておきましょう。
  • そもそもプレゼントを受け付けているのか?
  • 金額の上限はいくらなのか?
  • ○○(プレゼント内容)は受け付けてもらえるのか?

物だけ?
  • 物だけ
  • 物にメッセージ(カード・手紙)を添える

予算は?
プレゼントの禁止事項(高額な商品)にあてはまらず、また、他人から見ても高額な商品に見えない物が買える範囲で。
  • 商品代(物の購入費用)
  • ラッピング代(物の外側を覆う費用)
  • 装飾代(物を良く見せる費用)
  • ※緩衝材代(物と箱などの間に隙間ができないようにする物の費用)
  • 送料(物を送る費用。※手渡しなら無料)

みんなでプレゼントを贈る


プレゼントを自分一人だけで贈るのではなく、ファンの力を結集して贈る方法もあります。

  • 何年・何月・何日・何曜日・何時何分頃に相談するのか?
  • どこの場所で相談するのか?
  • 誰が参加するのか?誰が仕切るのか?誰が送るのか?
  • 何を贈るのか?
  • どういう目的で集まるのか?
  • どんな段取りで送るのか?
  • 物だけ贈るのか?
  • 予算の管理は誰が行うのか?

いつ相談?
参加者の生活環境が違うので、参加する人数が多ければ多いほど参加条件や集合場所、日時などを決めるのが難しくなります。
※未成年者を参加させるときは十分注意しましょう。親の許可など、あとあと問題が出ないよう条件を。

  • (参加者の定員・年齢制限と募集の期限日。例: 最大10名、18歳未満不可、5月末日まで参加者募集)
  • 相談する期間・日(例: 6月末日まで話し合い)
  • 曜日(例: 土曜日に集合)
  • 時間帯(例: 夜7時~9時に話し合い)
  • 相談期限(※最終決定日。例: 6月末日最終決定日)

どこで相談?
ファン同士で連絡する方法を決めます。
人によって使用する連絡方法が違うので統一しましょう。

  • 連絡ツール(PC・スマホ)
  • 使用サイト・アプリ(『Facebook』、『Google+』、『mixi』など、横のつながりから個人の保証があるサイト)
  • 待ち合わせて集会

誰が仕切る?誰が送る?
誰が仕切るのか決めます。
頑固な人が参加していると意見を押し切られる可能性があるのでリスクは覚悟してください。
また、悪意のある人が騙す目的で参加する恐れもあるので、相手(代表者や参加者)の素性には注意してください。
できるだけ顔見知りや相手の素性が分かる人だけで行いましょう。
個人情報を偽れるサイトや行方をくらませても生活に困らない人はやめておきましょう。
とはいっても、問題を起こす人は後先を考えていないことが多く、信用させるために素性を明かしてでも騙そうとします。

また、プレゼントを送り出す代表者を決めます。
身元が分からない信用できない相手はやめましょう。
  • プレゼントの購入・発注(お店やサイトに購入・注文する場合)
  • プレゼントの運搬(直接持っていく場合)
  • プレゼントの収集(集めた物を直接持って行く場合)

何を贈る?
一人のファンとしてではなく「ファン一同」として送るので、受け取ってもらいやすくなります。
タレントさんは公平性の観点から特定のファン(個人)のプレゼントを表立って喜ぶことがしづらいです。
そこで大勢のファンからのプレゼントということであれば喜んでもらいやすいと思います。

もちろん「贈ってはいけないプレゼント」を考慮しましょう。

参加者全員が「送った物を確認できる」、「送られたことを確認できる」ことが重要です。
プレゼントを送ったもののタレントさんから何の反応もなく本当に送られたのかどうかさえ分からないとなると、参加者から疑いを掛けられるかもしれません。
かといって、タレントさんがプレゼントをもらったことを公表するとは限りませんし、この辺りは参加者全員で事前によく相談しておいてください。

なぜ集まる?
プレゼントを贈る前に集まる理由。
  • 計画を練るために
  • 手作りのプレゼント製作のために
  • ファン同士の交流(食事会・遊び)のために

どのような段取りで?
  • 代表者がネット注文して現地に物を配送(※画面上の確認だけで物は未確認、注文作業は代表者のみ知る)
  • 代表者宅宛にネット注文、もしくは参加者から代表者宅に配送された物を現地に運搬(※代表者の個人情報の公開が必要)
  • 代表者が(参加者と集まり)お店で発注し現地配送 or 後日に店頭受け取り、もしくは店頭で購入して運搬(※店員とのやり取り、店に記録が残る)
  • 代表者が事前に集会場所に持ち寄った参加者の物を収集し、後日に現地へ運搬
  • 代表者が現地に持ち寄った参加者の物を収集
  • 代表者が参加者と一緒に事前に集会場所で製作し、後日に現地へ運搬
  • 代表者が参加者と一緒に現地で製作

※「現地」はタレントさんの仕事先、もしくは事務所です。
例えば、上記のリストを「タレントさんが病気なので千羽鶴を送る」として考えてみてください(※あくまでも分かりやすくするための例えなので、「千羽鶴をネット注文」にツッコミを入れないでね)。
※代表者が不正をしづらい方法を選ぶ、もしくは信頼できる代表者を選んでください。

物だけ?
プレゼントにメッセージを添える場合。
  • 相手の名前(例: 「☆☆ABCちゃん☆☆」)
  • 自分たちの呼称(例: 「ファン一同)
  • メッセージ(例: 「お誕生日おめでとう!」)

予算の管理者は?
きちんと予算を収集・管理・使用・公表できる人にしましょう。
身元が分からない信用できない相手はやめましょう。
  • プレゼントの設定金額(例: 1万円)
  • (参加定員。例: 10人)
  • 一人当たりの出資金額(例: 1000円)
  • (参加定員まで達しなかった場合。例: 代表者が自腹で不足金を追加)
  • お釣りの使い道(例: お釣り全額を慈善募金)
  • 集金期限(例: 7月3日)
  • 集金場所(例: ○月○日のライブ会場前)
  • 管理場所(例: 代表者宅)
  • 使用内容(例: 利用明細や購入・注文内容を後日ネットで公表する、もしくは次回の集会時に公表※事前にネット公表すると内容がバレる※個人情報はモザイク)

物の値段よりアイデアや努力が感じられるプレゼントにすると喜ばれるでしょう。

注意?


ファンレターも同様ですが、送ったプレゼントをタレントさんがインターネット上で公開しても自分が送ったものだと公言しないほうがよいでしょう。
「自分のプレゼントも同様に取り上げてもらえるかもしれない」と思って送る人が増え、競争率が上がったり、ねたまれたりする恐れがあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク