芸能人の熱愛発覚は得?損?

芸能人・タレントの
熱愛をメディアが取り上げてますが、
それは得なのか?損なのか?について
書いてみます。

女性ファッション雑誌のモデルの人は、
彼氏ができても
どうどうと公言することが多いらしい。
というのも女性雑誌のターゲット(読者)は
「女性(同性)」なので
彼氏ができても人気は下がらないそうです。
逆にアイドルタレントは違います。
アイドルだと異性と交際したことが判明しただけで
ファンに動揺が広がり、場合によっては
人気に影響を及ぼします。
そのためか事務所の人たちは
「ただの友達」を強調し、
そのアイドルを呼び出して
別れるように説得するらしいです。

ただし、週刊誌にスクープされるのであれば
撮られる相手が「一般人」より
「芸能人」が相手のほうが
得をすることが多いのかもしれません。
相手が一般人だと
個人情報を載せることができないため、
どのような人なのかは世の中の人にとってみれば
わかりません。
誰なのかわからないため、
そこそこぐらいのニュースにしかなりません。
でも、芸能人が相手だと
経歴などを公開できるうえ、
世の中の人も知っているため興味が沸くので
メディアは大きく取り上げます。。

そこでスクープされたタレントの
何かしら関係している作品があれば
取り上げられ宣伝になります。
そのほか、無名のタレントにしてみれば
名前の知れた芸能人と一緒にいるところを
写真週刊誌などでスクープされると
それをきっかけに名前や顔が注目されます。
(それを「売名行為」と言われることが多いのですが…)
よって、スクープされたことで
結果的にはメディアへの露出が増えて
「宣伝効果」的なものが得られます。

また、たぶんだとは思いますが。
芸能事務所的には
もし、交際を経て結婚させるとするなら
「一般人」とではなく
「芸能人同士」でして欲しいと思っているはず。
というのも芸能界は
「芸能人同士」で結婚すると
付加価値効果から起用されることが多いからです。
番組に出演したときに
「あっ、この人はあの人と結婚しているんだ」と、
視聴者の関心や興味を引きつけることができます。
また、CMを夫婦共演でするとギャラが多くなるそうです。

結。
事務所的には所属しているタレントのプライベートまで
100%コントロールすることは難しいのですが
写真週刊誌に撮られたり、芸能人同士で結婚したりすると
たぶん、コアなファンには影響が出ると思いますが
一般視聴者(ファンではない世の中の人)には
興味・関心を持たれるので、
それを見越して番組制作側も起用しようとしていると思うので
仕事が増えて得をすることがあるので、
意外とスクープされること自体は
タレントの事務所的にはラッキーなのかもしれません。
(内容にもよりますが…)


≫【補足】

【段階】
「いいお友達です。」

「いいお付き合いをしています(交際)」

(半)同棲

婚約

結婚

授かり婚

※家に遊びに行く場合に
「日帰り」と「お泊り」がある。

【週刊誌のタイトル表記】
・「○○!!」
・「○○!?」
・「○○?」
・「○○へ」
・「○○も」
・「○○か」
・「○○か?」
※○○には「熱愛」か「結婚」が入ります。
このように記事の見出しには自信があるときは
決定的なタイトルにして、自信がないときは
あやふやなタイトルにします。

【異性問題】
時々、異性に関係した質問のことだけで
ワイドショーの囲み取材を受けて
テレビに出てくる人がいますね。

【例外】
レギュラーの共演者同士での恋愛は禁止。
発覚したら片方が番組降板する可能性が高い。
ただし、関西は、むしろ面白くとらえるため大丈夫なよう。
友近さんとなだぎ武さんは共演し続けていた。

【マスコミ】
男性芸能人と女性芸能人が会っていた場合、
「A男B子友達!」←このような見出しでは
雑誌やスポーツ紙は売れません。
したがって「A男B子熱愛!」←このように
友達の関係でも「熱愛」と書いておけば
世の中の人の興味を引くことができます。
それをテレビが取り上げるから余計に
おおごとになる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク