ブログの記事の書き方

ブログの記事を書いていく上で
大切なことを
まとめてみました。

■【記事の更新回数】
少ないよりも多いほうが良いです。
一日に何度も書くか、
毎日、書くのが理想的ですが、
次々と話題が起こる時事ネタを扱うブログにしていないと、
ネタが尽き、更新回数を増やせない原因になります。

また、訪問者が初めて訪れた時に、
投稿されている記事を一通り見たら、
その後は何度も同じ記事を読んだりする人は
少ないと思うので、
更新期間があけばあくほど
リピーター(再訪問者)が付きにくいです。

そこで、それを防ぐには
「手順」や「作り方」などを「細かく説明」して
「実用的」な内容にすれば、
何度も読まれやすく、
リピーターが付きやすいようです。
特に「説明通りに行動すれば、
すぐに結果(効果)が出る内容」ほど望ましいです。

■【専門的な内容】
ブログで扱うテーマを一つに絞らずに
公開する記事の内容をコロコロ変えると、
リピーターにとって興味のない記事が混ざってしまいます。
なので、できるだけ統一した内容にしたほうが良いです。
(※時事ネタをメインにして、更新回数が多いブログは別)

ただし専門的にすると、
一つのテーマでの情報量が限られていたりするので、
ネタ切れを起こす可能性があります。

■【社会的に興味が少ないテーマは注意】
マニアックなテーマを扱えば、
ライバルが少ない分、
訪問者を囲い込むことができますが、
テーマによっては
興味を持つ人の限界数が出る(頭打ちする)ため、
テーマを選び間違えると興味を持つ人が少なく、
思いのほかアクセスが見込めません。

■【文章の量】
とにかく量が多くて、読み進めるのに
画面をスクロールする必要があり、
また、独自の視点による考えを述べて
読みごたえがあるほうが良いです。

ちなみに、文章の量が多いことによって、
たくさんのキーワードが含まれるため、
検索される時に引っかかりやすくなります。

特に、時事に絡んだキーワードや、
検索されているけどライバルが使っていることが
少ないキーワードを探して
多く入れると検索されやすくなるようです。

■【話し言葉を使う】
どうしても堅苦しい文章だと
読んでいる人は退屈してしまいます。

なので、普段の日常会話で使っているような
ラフな言葉使いが訪問者には読みやすいです。

■【個人的な感想を書く】
何かの題材(テーマ)に記事にする時に、
その題材について自分の思っている感想を書くと、
訪問者の考えとマッチした時に
共感を呼び、気に入られ、
ブックマークされやすいようです。

また、独自の理論を書くと、訪問者の考えと
マッチすれば共感を持たれるし、
逆にマッチしなければ反論記事を書くための
引用元として紹介される可能性があります。

■【攻撃的な言葉使いをする】
なにかに対してはっきりと
ズバッとした意見を書くと良い。
悪い点の指摘や異論・否定的な意見を書いたほうが
読み物としては爽快感が出ます。

ただし、人の反感を買うようなことを書くと
炎上する危険性があるので要注意。

■【有名人・プロ・権威のある人の発言を引用】
有名人・プロ・権威のある人の発言や裏話を書き起こす。
または、文章があれば引用・翻訳する。
→「Wikipedia 引用

■【他の記事・サイトへのリンクを張る】
書いた記事の内容に合った
内部や外部の記事やサイトへのリンクを張る。

そうすることで
自分のブログの記事を読んでもらって
続きにリンクを経由して
他の記事を読む分、読む量が増えるので
訪問者の楽しみを増やせることができる。

ただし、外部へは「新しいタブ(ウィンドウ)で開く」ように
タグの設定をしておかないと
訪問者が外部へ逃げてしまいます。
そのかわり、新しいタブ(ウィンドウ)を開くようにすると、
閉じるのに手間がかかり面倒なため、嫌う人もいます。

■【画像・動画を多く貼り付ける】
文章だけだと
文字ばかりで見た目が単調なため、
大きい画像や動画を貼り付け、
見た目のインパクトの強さで魅了する。

ただし、あまり貼り付けすぎると、
ブラウザで読み込むのが重くなるので注意。
また、動画は著作権があったりするので
広告を貼っていた場合は利用規約に違反する場合があります。


≫【補足】

■【最も重要なのは?】
意外と特定のキーワードで
検索サイトの検索結果の上位に表示されても、
世間で「そのキーワードに爆発的な話題性」が無いと、
それほどアクセスが見込めません。

なので、「検索されているけど
ライバルが使っていることが
少ないキーワードを探して多く入れる」
という地味で時間のかかる作業が必要になります。

また、アクセス数を伸ばすためには
いかにリピーターを呼び込めるかが重要です。

普通、一度訪れた人がブログを気に入ってくれていたら
アクセス数はどんどん増えるはず。

でも、毎日、訪問者数が変わらないとなると、
読み捨てられている可能性が高い。

面白い記事を書けるように、
「情報収集」と「文章の書き方」の勉強が必要です。

■【その他】
・『文字が大きい』
やっぱり見やすいのがなにより。
文字が小さいと
目をこらして見なけらばならないので、
訪問者は疲れてしまいます。
だから、最初のテンプレート選びで
文字サイズが大きいものを
選ぶ必要があります。

・『人気記事について書く』
「はてなブックマーク」されている
人気記事を引用して記事を書く。
もともと人気があって
興味・関心が大きい記事に便乗する形。
※引用したことを明記すること

・『自分の得意分野』
詳しい分野に関して書く

・『自分だけの体験』
他の人が体験していないか、体験している人が
少ない事に関して書く

・『ライバルサイトが少ない分野』
ライバルが少ないと独占しやすい

■【おすすめ】
・『文章力がある人におすすめ』
読みごたえのある記事を書く。

論理的な文章の組み立てで、
あまり知られていない情報を詰め込みながら、
独自視点による説得力がある文章を書く。

・『文章力が無い人におすすめ』
以下のようなのが良いかも。
・何かの仕組みを徹底的に勉強して、それを紹介、解説。
・画像や動画を多用して見た目でひき付ける。
・人の興味を引きやすい何かの文章を引用して紹介する。
・お題を出して訪問者に書き込んでもらう。

スポンサーリンク