人付き合いが苦手なのを克服する方法

人付き合いをする時の
うまくいくポイントを挙げてみました。
参考にしてください。

■【会話】
人と話す時は、

・積極的に
・明るく
・ハキハキ
・笑顔を多く

すると印象が良い。
ベッキーさん、矢口真里さんなど
バラエティー番組で人気のある
女性タレントさんは、このような話し方を
していることが多い。
なので、暗い雰囲気を出していると、
他の人も近寄りがたく、話しかけづらくなるので、
明るい性格に見えるようにしましょう。
ただし、過剰にしたり、場の空気に合わない時は
やめておくこと。

■【挨拶・お礼】
恥ずかしがらずに
ハッキリと言うことで
気分が違ってきます。
慣れるまでは言おうかどうか迷いがちですが、
慣れると積極的に声を出す習慣が身につきます。

■【気遣い】
人が失敗した時や、落ち込んでいる時に、
怒ったり、責めたり、笑いものにしたり
するんじゃなくて
「大丈夫?」「ケガは無い?」
「代わりにしてあげようか?」などのように
心が広く、やさしさがあるように
声を掛けると良い。

■【相手の性格の見極め】
どうしても付き合うのが難しい人がいる。
特に「短気な性格」の人は怒らせると、
あとあとまで険悪な雰囲気が続く恐れがある。
もし「短気な性格かな?」と思った相手には
慎重に言葉を選んで話すように心がけよう。

■【心配しすぎない】
あまりうまく話せずにいると
「相手が自分の話をつまらないと
思っていたらどうしよう」などと
不安に思い過ぎてしまいがち。
もし自信が無ければ「話すのが苦手だから、
そちらからどんどん話してきて
もらってもいい?」と
相手に頼ったほうが無難。
もし相手も話すのが苦手と言うなら
「○○さんも苦手なの?私も」と
共感を持ってもらえるようにする。

人見知りが治るノート
反田 克彦
すばる舎
売り上げランキング: 17,659

■【最後に】
「自分を変えたい」という「思いだけ」では
何も変わらないので、
「今すぐに自分を変える強い意志と行動」そして、
「うまくいかなくても、自分ならできる」と信じること。
また、「何をするにも失敗は付きもので、
次に生かすことができれば良し」と
前向きに考えるように
自分に言い聞かせることが大事。

スポンサーリンク

スポンサーリンク