ブログの運営で役に立つサイトのまとめ

ブログの運営にとても便利なサイトを集めてみました。

ブログをあれこれ調整するときに、ネットから情報を探すのが結構面倒なんですよね。
ネット上を探し回って、欲しい情報が見つからないときのあの「時間を無駄にした感」と言ったらないですよね。
私の場合、そんな目に遭ったときに心の底から思うのが、誰か「まとめ」を作ってくれないかな~、と。

でも人のまとめ方が必ずしも自分が使いやすいとは限らない。(そんな私は自分勝手?)
ということで、この際、自分がブログを調整するとき用の「まとめ」を作ろうと思い立ちました。
まとめを作っておけば、自分としても便利だし、ほかの人も使って喜んでもらえたらうれしいですしね。

ご覧の記事で取り上げるテーマ。
・HTML・CSS編
・ブログパーツ編
・記事作成編
・Amazon アソシエイト編
・Google AdSense編
・アクセス解析編
・被リンク調査編
・SEO対策編

HTML・CSS編


■【HTML・CSS
≫「【HTMLタグの簡単検索】TAG index - ホームページ作成情報
≫「HTMLクイックリファレンス
「HTML」や「CSS」、「色」を変更するときに役立つサイトさんです。
なお、変更後にブログのデザインがおかしくなり、元に戻せなくなったなんてことのないよう必ずバックアップをとっておきましょう。
バックアップの仕方としては、保存しておきたいデータ(HTMLなど)をすべてコピーし、文書作成ソフト「TeraPad」に貼り付けて保存します。
ちなみに、Windowsに付属の文書作成ソフト「メモ帳」では、正しく保存することができません。

■【FC2ブログ
≫「初心者でもできる簡単FC2ブログの作り方
「FC2ブログ」をカスタムしたい方向けのサイトさんです。
ほかのブログサービスを使っている方でも、参考になるところが多いと思います。

以下は、「FC2ブログ」のQ&A。
≫「FC2ブログ公式マニュアル
≫「FC2ユーザーフォーラム - コミュニティ

■【Seesaaブログ
≫「ブログカスタマイズ
≫「ブログカスタマイズの覚書
「Seesaaブログ」をカスタムしたい方向けのサイトさんです。

以下は、「Seesaaブログ」のQ&A。
≫「ブログ・よくある質問と回答

■【デザイン
≫「ブログデザイン
≫「ブログ無料写真・画像

ブログの画像などのデザインを変更したい方へおすすめです。

裏技
訪れたサイトのデザインが気になるときに、設定を知る方法です。

1. 「Another HTML-lint gateway」で、設定を知りたいサイトのURLを入力して、「チェック」をクリック。
2. HTMLの中から知りたい部分の「要素名orクラス名orID名」を探し出します。
3. 「W3C CSS 検証サービス」にURLを入力して、「検証する」をクリック。
4. ページ内検索(※キーボード「Ctrl+F」)で「要素名」などを検索して、「属性」や「値」を探し出します。

※サイトによってはHTMLが見れないようになっている場合もあります。

ブログパーツ編


≫「はてなブックマークボタン - 新タイプ
≫「はてなブックマークボタン - 旧タイプ
これをブログに貼り付けておくと、訪問者から「はてなブックマーク」で登録されます。
上記の「AddClips」と「はてなブックマーク」のボタンを、記事の右上か記事の下に表示しておくと効果的です。

≫「自分のブログに「○○users」を表示する
これをブログに貼り付けておくと、何人の人から「はてなブックマーク」で登録されているのかを表示できます。
上記の「はてなブックマーク」のボタンの右横に表示させるといいでしょう。
表示されている人数が多いほど、記事に対して訪問者の気を引くことができます。

≫「ブログの人気記事を貼り付ける
「はてなブックマーク」されている人気記事をランキングで、ブログのサイドバーに表示できるブログパーツです。

≫「Twitter - ツイートボタン
これをブログに貼り付けておき、訪問者がクリックすると、短文投稿サイト「Twitter」の書き込む欄にリンクが貼られます。
人気のある人からボタンを押されリンクが張られると、たくさんの訪問者が訪れます。
以下は、「Topsy Retweet Button」の設定の仕方です。

≫「[Twitter] ブログにTwitter公式ウィジェットを設置する - 2:59
≫「twitterをブログに表示させる・幅変更【新ウィジェット】 - ma-appleのブログ
「Twitter」に書き込んだ文章をブログに表示できるブログパーツです。

≫「Like Button Facebook開発者
これをブログに貼り付けておき、訪問者がクリックすると、実名交流サイト「Facebook」内にリンクが張られます。
以下は、設定の仕方です。
≫「Facebook Guide - 「いいね!」ボタンを設置しよう
「AddClips」などと同じ位置に表示しましょう。

≫「Google +1 ボタン
「Facebook」のボタンのGoogle版みないなもの。

≫「ACR WEB ページランキング紹介
訪問者数の多い記事のランキングを表示できるブログパーツです。
ただし、すでにたくさんの記事を投稿している場合は、一つ一つ手作業で記事タイトルを入力する必要があります。
ブログを開設して間もない方におすすめです。

ボタン作成のコツ
個別の記事のページに貼るボタンを作成するときのURLを入力する時のコツです。

1. ボタンを作成するときに、URL入力欄には記号を入力しておきます。(※例: ■)
2. ボタンを作成します。
3. 出来上がったHTMLの記号の部分を、使用しているブログサービスの「個別記事のURLを表示する『変数』」に書き換えます。
「変数」は使用しているブログサービスのヘルプを探せば載っていると思います。

記事作成編


≫「ブログ記事作成
記事を書くときの参考になります。

≫「聴く耳を持たない(片方しか) - はてなダイアリーでブクマ数600users以上のエントリーを調べてみた
「はてなブックマーク」されている人気記事(※2010年2月1日時点)のランキングです。
実際にどんな記事を書けば人気が出るのかの参考になります。

≫「ブログタイトル作成
記事のタイトルを付けるときの参考になります。

≫「Google AdWords - キーワード ツール
検索サイト「Google」において、キーワードに対して一緒に検索されていることが多いキーワードを探せます。
初期設定では使いずらいので、「表示項目」と書かれているところをクリックして、「ローカル月間検索ボリュームの傾向」のチェックをはずして保存してください。

≫「Google Insights for Search
「Google」において、キーワードの人気度(グラフ)が分かります。

≫「SEM Analytics Lab - Yahoo! JAPAN 関連検索ワードサーチ 「UnitSearch Ver.2.0」
検索サイト「Yahoo!」において、キーワードに対して一緒に検索されていることが多いキーワードを探せます。

Amazon アソシエイト編


≫「Amazonアソシエイト登録
「Amazon アソシエイト」の登録の仕方です。
「Amazon アソシエイト」はブログに表示している広告をクリックされ購入されると、収入を得られるサービスです。

≫「【楽天アフィリエイト】アフィリエイトノウハウ道場 報酬に結びつくコツを知ろう!
リンク先は「楽天」ですが、どんな広告を選んだらいいのかの参考になります。

≫「ブログ画像ゲッター
「Amazon」の画像広告を好きなサイズで作ることができます。
※作成した広告のHTMLに「border="0"」が入っていないので、広告の周囲に青枠が入ります。
作成後にはHTMLに「border="0"」を入力しておきましょう。

≫「amazlet
「Amazon」の商品ページから、クリック一つで画像広告を作り出せます。

「amazlet」の使い方
1. 「amazlet」のトップページにある「あなた専用のamazletツールをセットアップしましょう」の「セットアップ」をクリックする。
2. あなたのアソシエイトIDを入力して「次へ」をクリックする。
3. 「amazlet it!」とリンクが張られているところを右クリックしてブラウザにお気に入り登録する。
※「追加しようとしているお気に入りは、安全ではない可能性があります。続行しますか?」と表示される場合があります。
4. ここからは「amazlet」のサイトではなく本家サイトの「Amazon.co.jp」になります。
Amazon.co.jp」で商品を検索して、商品ページを表示する。
5. 商品の個別ページを表示させた状態で、ブラウザのお気に入りにある「amazlet it!」をクリック。
※お使いのブラウザによってはページの上に警告が表示されます。
6. 使いたい広告のHTMLをコピーして、あなたのブログへ貼り付けます。
※「商品情報リンク (レビューなし)」を記事の下に表示するのがおすすめです。

≫「G-Tools
「Amazon」の画像広告をいろいろな表示の仕方にできます。

「G-Tools」の使い方
1. 「G-Tools」のトップページから商品を検索する。
2. 使いたい商品が決まったら、「ブログで感想を書く」をクリックする。
3. 商品のスタイル(表示のさせ方)を決め、クリックする。
※「画像のみ」を記事の下や、ブログのサイドバーに表示するのがおすすめです。
4. さらにデザイン選び、「このデザインに決定」をクリックする。
5. 「オプション設定」を入力して「オプションの変更を反映する」をクリックする。
(1)自分のアソシエイトIDを入力
(2)旧形式
(3)新形式
(4)する
(5)好きなほうを選択
(6)未入力
(5)table幅は未入力
6. HTMLをコピーして、あなたのブログへ貼り付けます。

※「G-Tools」で「画像のみ」にして「(3)画像URL形式」を「新形式」にしていた場合、「サラリーマン白書 - Amazonの商品画像をカスタマイズしてみる(その1)」で紹介されている画像サイズの変更ができます。
ただし元画像のサイズの影響(※最大値が決まっている)のせいで、サイズ変更ができない場合もあります。

Google AdSense編


≫「『ブログが作りたい!』 - +FC2ブログの作り方+ Google AdSense
≫「アフィリエイト野郎@チーム - Google AdSenseの登録と使い方
「Google AdSense」の登録の仕方です。
「Google AdSense」はブログに表示している広告がクリックされると、収入を得られるサービスです。

≫「AdSense Trick
ブログに「Google AdSense」を表示するとき、表示に関しての利用規約の疑問を解消してくれるサイトさんです。

≫「AdSense ヘルプ - Google 広告はページのどの位置に掲載すればよいでしょうか?
≫「Google主催のGoogleアドセンスセミナーに行ってきたのでその内容まとめ
「Google AdSense」を表示する位置の参考になります。
もちろん他社の広告を貼るときにも参考になります。

≫「Google AdSense - 広告のフォーマット
「Google AdSense」のデザイン集です。

アクセス解析編


≫「SEO対策のウェブネット - Google Analyticsの使い方-アクセス解析
「Google Analytics」の登録の仕方です。
「Google Analytics」は、ブログへの訪問者がどこから訪れたのかや、どんなキーワードを使って訪れてたのかを調べることができます。

≫「現場でプロが培ったGoogle Analyticsの使い方 - ASCII.jp
≫「Googleアナリティクス - WP SEOブログ
「Google Analytics」の上手な使い方

≫「N1kuMeet5 - GoogleAnlyticsを徹底活用する
「Google Analytics」で表示される語句の意味。

≫「【パシのSEOブログ】 - Google Analyticsで上位のコンテンツをタイトル+URL表記にする
「Google Analytics」内で、URLで表記されている部分を記事タイトルで表示できる方法が紹介されてます。

おすすめ設定
・URLで表示されている部分を、記事タイトルで表示されるようにしておく。
・「Google AdSense」を使用していた場合、データを取得できるようにしておく。
・「Google」の検索ボックスを使用していた場合、検索されたキーワードを取得できるようにしておく。

被リンク調査編


≫「被リンクチェックの無料SEOツール hanasakigani.jp - マイサイト被リンクチェックツール
自分のブログにリンクしている外部のサイトの影響力を調べられます。
※調べるのに少し時間が掛かります。

裏技
自分のブログを取り上げているサイトを探す方法です。

・検索サイトで「"ブログ名"」で検索。
・「http://」を省いたURLで検索。
・「ウェブマスター ツール」で調べる。

自分のブログを取り上げているサイトを見てみると、批判や中傷が書かれている場合があります。

SEO対策編


≫「ブログ運営
≫「MarkeZine - 月間 150,000人が利用する「無料SEOツール」で解決! 13個のSEO対策の疑問
検索サイト「Yahoo!」や「Google」で検索されたときに、自分のブログの順位を上げたい方におすすめです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク