最強のお笑い芸人になるためには?

最強のお笑い芸人になるためには「何が必要か?」を簡単にまとめてみました。

求められる要素


  • ネタ(事前に用意された場所で芸を披露、他人からフリを入れられて芸を披露 ※万人ウケする芸)
  • トーク力(人前で話す ※論理や表現力を使ってうまく話す能力)
  • コミュニケーション力(誰かと慣れ親しむ ※好意から発生する笑いの原動力)
  • コメント力(事前の何かに対して感想を言う※出来事、VTR、料理 ※即興で共感・理解を得る発言)
  • エピソード術(事前に遭った体験談を披露する ※笑いを誘える体験)
  • リアクション(動きで笑いを誘う ※笑いを誘える行動)
  • 個性(特徴 ※笑いを誘う、覚えてもらう、他の芸人との差別化 ※人を惹きつけて好意的にさせる原動力)
  • 知識(業界の仕組み、企画の段取り、共演者の情報、一般教養、専門分野、時事情報 ※ルールやマナー、発言やクイズに必要)

ネタ


本格ネタ
主に求められるのは、「漫才」「コント」「ピン芸」「左記に分類できないネタ」。

まず、ネタの作り方が分からないという初心者の人もいると思います。
テレビを見てなんとなく「お笑い」を知っているけれども、実際に作るとなると漠然とした作り方しか思いつかないことに気付きます。
ストーリーを作り、そこに「ボケ要素」である意外なことを言ったりなどすれば面白くなると思っていても意外と観客にウケません。
この原因は例えば「ボケ」をする場合、そのボケの前後の流れや、ボケ自体に「複合的な要素」を絡める必要があるため、「単発的なボケ」をしていると「単純」だと思われることで起こります。
なのでストーリーの流れの前後につながりを持たせ、テクニカルにして見せたり、また「一つのボケ」に「複数の要素混ぜる」ことによって「笑いを誘う要素を増やす」必要があります。

例えば、「ナイツ」さん。
ナイツさんのネタは、ほとんど「ダジャレ的」な内容をしていますが、普通はダジャレを言っても単純過ぎて「オヤジギャグ」としてしか見られませんが、彼らのようにダジャレ的でもネタをテクニカルに作ると漫才の大会『M-1グランプリ』の最終決戦に進出できるようになります。

また、台本(ノート・メモ帳)に書いている「テキストのネタ」と「実際に行う」時ではまったく別次元に違ってきます。
実際に行う場合は、「声(強弱をつける・言い方)」に出したり、「見た目(表情・動き・衣装)」を付け、コンビであれば「掛け合いのテンポや間」など、さまざまな要素が必要になってきます。
この点ついては「演技力」を身に付けておかなければならなく、芸人というより「役者」的な要素の勉強をしておきたいところです。

そして、一番重要なのは自分ではなく「観客に面白いと思わさせる」こと。
「一般的に何が面白いのか?」が分かっていないと自分は面白いと思ってやってみても他人はまったく面白く感じずスベることになります。
そのため感性を磨くことが大事に。
ただし、わかってなくても「数撃ちゃ当たる」場合もあります。

即興ネタ
主に求められるのは、「ショートネタ」「一発ギャグ」「ギャグ」「特技」。

手短にネタをするようフリを入れられることがあります。
場所を問わず、短時間(1分以下)で笑わせる必要があるシビアな状況にも対応できるネタを用意しておく必要があります。

個性


ネタ
特に重要なのはネタに個性を出すことです。
特定の「フレーズ」「展開」「動き」を取り入れるほど面白みが増します。
漫才だと「ズレ漫才(オードリー)」「言い間違い漫才(ナイツ)」などキャッチコピーを付けてもらえるような内容だと理想的です。
この「特定」の部分を「骨組み」としてあとは「肉付け」として「シナリオ」を変えればネタ作りが簡単になります。
ブラックマヨネーズさんの場合「骨組み」は、「でもな…○○だったらどうする?」と心配事を言う吉田さんに対して相方の小杉さんが「○○したらいいやんけっ」と返す「決まった展開」があります。
「肉付け」は、「シナリオ」部分のことでブラマヨさんの場合は「何に対して心配するか?」の疑問内容の部分です。
パターン化した展開を組み込むことで観客から「決まったネタ展開」に対しての好感度を上げることによって「面白いと思う感度」が上がり、笑いを誘いやすくなります。

キャラクター性
主に求められるキャラクター性(個性)は、「声質」「人間性」「見た目」「付加価値」「実績」。

芸人として売れるためには芸を磨いてるだけでなくいろんな要素を付けましょう。
いまの時代、何をきっかけにして注目されるか分からないので、活動するジャンルごとに需要がありそうなことに挑戦するといいでしょう。

自己プロデュース力 (ヨシモトブックス)
島田 紳助
ワニブックス
売り上げランキング: 6,128

発想


「作り方」などは研究していればなんとなく分かると思うのですが、それを「観客にウケる形」に作り上げるには「才能」と「運」が必要になってきます。
ただし、「運」に頼ると芸人さんの中で一発屋の人がいるように、たまたま作ったネタが世間一般ウケしても根本的な「発想力」が不足しているため次の面白いネタのアイデアが
浮かばないようなことになってきます。

では「才能」が無い人は面白くなれないのか?というとそうではないと思います。
これはある程度たくさんの「作り方」を覚えればカバーでき、例えば、バラエティ番組「エンタの神様」では「あるある」「ブリッジ」「キャラ」「リズム」などの要素がよく使われ、大体はパターン化した内容をしています。
ある程度「こうすれば笑いが誘える」というやり方が存在すると思うので、それを身に付けておけば良いでしょう。

コメント力
コメント力で求められるのは、「言語能力」「表現力」「知識」。
何かのあとに対して的確な感想を求められます。
即興で周囲を納得させる言葉を思いつく必要があります。

解答力
クイズ企画で求められるのは「知識」「学歴」。
設問に対しての答えを導き出す能力が求められます。

リアクション力
リアクション力で求められるのは「キャラクター性」「天然 or 計算」。
動きを使って笑いを誘う能力が求められます。

トーク


絡みトーク
絡みトークで求められるのは「キャラクター性」「コメント力」。
芸人は「事前に用意したネタ」だけやって笑いをとるだけではなく、舞台や番組でアドリブで話をして笑いをとることも必要とされます。
トークが苦手な芸人さんを見ていると「緊張していて表情が硬い」「話し込んだ後オチがないか、スベる」「話を振ってコメントしてもらった後の返しのコメントが薄い」ということがあります。

では、どうすればよいのか?
「指摘(ツッコミ)」が絶大な効果を発揮します。
バラエティー番組ではほとんどの人が「指摘」して笑いを誘っています。
「アメトーク」でおなじみの「品川庄司の品川」さんと「土田晃之 」さん。この二人に注目して番組を見ていて欲しい。ほとんど「指摘」で笑いを誘っています。
誰かが何かを言ったり・した時に「○○じゃないですかっ」的なかんじでほとんど他人のアクションに合わせて発言しています。
特にトークが苦手の人は事前にウケる話(エピソード)を用意しておくことや、芸人同士で小ネタをはさんだり、スベッた時の対処方を身に付けておいてほしいです。

最強のコミュニケーション ツッコミ術(祥伝社新書)
村瀬 健
祥伝社
売り上げランキング: 25,489

エピソードトーク
エピソードトークに求められるのは「人間性」「人間関係」「コメント力」「運」。
その場の話ではなく、過去に合った面白エピソードを語る状況もあります。

コミュニケーション力


コミュニケーション力を必要とする機会は「楽屋挨拶」「付き合い」。

お笑い界でやっていくうえで人間関係がとても大事になってきます。
楽屋挨拶、食事会・飲み会などで人付き合いを通して人間関係を築いたり、ネタの作り方や業界の知識を教えてもらったりすることもあります。
また、フリートークの時のために「フリ」や「ネタ」を入れてもらう打ち合わせ(決め打ち)もしておくこともあるでしょう。
アドリブだけに頼ったトークでは難しいため事前にある程度「こうして笑いを誘おう」というのを決めておくことが良いです。
「人間関係」や「コミュニケーション」において緊張に対応できるようになっておく必要もあるでしょう。

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)
若林 正恭
KADOKAWA/メディアファクトリー (2015-12-25)
売り上げランキング: 527

司会力
企画を仕切る状況もあります。

がや力
企画を盛り上げる状況もあります。

最後に


自分の目指す芸人像を考え、そこにたどり着くには何が必要か?
ネタ、トーク、コミュニケーション、リアクション、個性、ありとあらゆることのすべての最強を目指すのか?それとも何か一つだけでも最強を目指すのか?
自分にとって一番の武器にできることを磨いて、その副産物的な何かも磨いて、他の人にはマネできないことの最強を目指すといいでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク