ウケるギャグに必要なこと

世の中には「芸人のタマゴ」の方がいますが、やっぱり「ギャグ」を持ちたいと思っているのではないかと思います。
一つ秘訣を。

ギャグは「単発」でやるとウケにくいです。
なぜなら、ギャグは「意味不明」だからです。
なんの前フリもなしに意味不明なことをしても誰もが「?」状態になってしまいます。

ではどうすればウケるギャグが作れるのかと言うと。

まず、ネタ(漫才やコントなど)で笑いをとった場合、ネタに対して好感が持たれます。
好感を持たれていると観客の反応が良くなります。
人気芸人さんが舞台に登場しただけで観客は歓声を上げてますよね?
そのように、観客から好意を持ってもらえると芸人に対してや、やることに対して反応が良くなります。

そこで、ネタのなかにギャグを入れて披露してしっかりと笑いをとっておきます。
そうすることでギャグに対しても好意を持ってもらえるようになります。
つまり、ギャグだけを披露する前に事前に「しっかりとしたネタ」を作ってからにしたほうが良いというわけです。

例えば、小島よしおさんの「そんなの関係ねぇ~」も、もともとは単発のギャグではなく、「ネタの中」にあったものです。
そのほかの芸人さんも基本的にネタの中にあることがほとんどです。

逆に、ギャグがブレイクして注目を浴び、「新ギャグ」を番組中や囲み取材で披露すると大体はウケません。
これは、誰も新ギャグに対して好意を持っていないので、「意味不明」になり、「?」状態になっているからです。
また、「ギャガー(ギャグをする人)」のギャグも、一般的には人気が出ません。
これも「ネタ無し」にギャグだけを披露しているからです。

「一発ギャグ」はそれ自体が「ネタ」として完成しているので笑いを取れますが、「ギャグ」はそれ自体に面白さを持っていないことが多く、それゆえネタ中(コント番組)で使ってウケたギャグをバラエティ番組で行っている芸人さんが多いです。
例えば、お笑いコンビ・オードリーの春日さんは「トゥース」と言いますが、それ単体だとこれと言って面白みはありません(失礼…)。
ですが、『M-1グランプリ』で行われたネタがとてつもなく面白かったことで、オードリーさん自身やネタが世間から好意を持たれ、春日さんを含めその中に入っていた「トゥース」に対しても好意が発生します。
そこで春日さんが「トゥース」をギャグとしてバラエティ番組でやってもウケる、ということなんです。
それを知らずに、ネタの知名度のない若手芸人さんがギャグをやると、観客から「はぁ?」と思われてスベるんですね。
要するに、世間的から好意を持たれていない芸人さんや、極端な言葉(+動き)を言ったところで、ウケるわけがないのです。
だから、まずはしっかりとしたネタを作ってその中にギャグを入れておいて、作ったネタがウケたらギャグだけを切り離して売っていくことをおすすめします。

スポンサーリンク