R-1ぐらんぷり2009の感想

「R-1ぐらんぷり2009」が行われ
結果が決まりました。
番組の途中、高得点が出て、
もはや勝負が決まったかに思われましたが
最後にドラマが待っていました。


以下、結果順。

1 中山功太
2 エハラマサヒロ
3 バカリズム
3 COWCOW山田よし
5 あべこうじ
6 サイクロンZ
7 鬼頭真也(夜ふかしの会)
8 鳥居みゆき
9 岸学
10 夙川アトム

以前、記事に書いた通り
「あるある」や「パロディー」が強かった展開だと
言えるのではないでしょうか。
→「「R-1'09」サバイバルステージの感想

優勝した中山功太さんは
日常で聞く「あるある」フレーズと
少し大げさな「あるある」を
「一言ネタ」にしていました。
2位のエハラマサヒロさんは
おなじみの曲の歌詞を
替え歌にして歌う「パロディー」をしていました。
やはり、ネタの内容がわかりやすいことが
審査員の得点につながった感がありますね。
逆に、下位になった人だと
鬼頭真也さんや鳥居みゆきさんは
いろいろな漫画やこっくりさんを知らないと
わかりづらい。
審査員に好まれるネタ作りを
していないと優勝するのは難しそうですね。

そして、過去の大会の順位を調べてみると
だいたい3位・4位くらいに
“ひねり”がきいていているんだけれども
地味(あまり動きを入れないネタ)が
入っていることが多いのですが、
今回は“ひねり”重視で地味なネタか
あるいはパフォーマンス力(動きが多い派手なネタ)の
あるネタのどちらが優勢かが気になっていたのですが
今回は“ひねり”重視だったと言える結果ですね。


≫【補足】

【ネタ披露順】
今大会、一時はバカリズムさんや
エハラマサヒロさんが高得点で
もはや優勝が確実に感じた方も多かったと思いますが、
そこにネタ披露順が大きく左右したと思われる方が
多いのでは?

【点数】
どうしてもピン芸は漫才と違って
ネタの雰囲気や展開・内容がまったく違うので
技術的な評価が難しい。
だから、ほとんど「好み」の問題になると思うので
他の審査員とかけ離れた
とんでもない点数を付けている人が見られた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク