M-1グランプリ2008の感想

「M-1グランプリ2008」の
優勝者が決まりました。

以下は決勝での結果順

1 オードリー
2 NON STYLE (最終決戦で優勝)
3 ナイツ

4 笑い飯
5 U字工事
6 ダイアン
7 モンスターエンジン
8 キングコング
9 ザ・パンチ

【ザ・パンチ】
おもいっきり頭をたたいたのと
お尻を蹴ったのが見ていて痛そうで、
度が過ぎた「どつき漫才」みたいな感じで
ドン引いてしまいました。
かなり冒険したネタでしたね。
あと、途中で噛み噛みでした。

【キングコング】
結果的に順番が優勝者の
NON STYLEさんの後だったために
求められる面白さのハードルが格段に上がっていた。
審査員いわく「空回り」するのも
無理もなかったかも。

【モンスターエンジン】
誰かが引き継ぐだろうと思っていましたが
前大会まで出場のPOISON GIRL BANDさんの
シュール枠を引き継いだ形になりました。
やはり、シュールなネタのため
話に入り込みにくかった。
できれば「暇を持て余した神々の漫才」みたいな
ネタを見たかった。

【ダイアン】
一つのボケを作るのに丁寧に時間をかける
ネタでした。そのため、
ネタの後半のために前半を犠牲にした形に。
ただ、最後にオセロゲームのように一気にひっくり返す
アイデアが光っていました。

【U字工事】
前大会まで出場の
トータルテンボスさんの渋谷系口調の漫才に
馴染んでから一転、
栃木弁漫才が斬新で悪くは無かったのですが
欲を言わせていただくなら
もうちょっと“ひねり”が欲しかった。

【笑い飯】
闘牛士から車の追突事故へ
ネタを途中で変えたため
違和感を感じました。
ただ、後半にかけ一気にリカバリーした。

【ナイツ】
ボケ担当がツッコミ担当に絡まないため
単調になる感は否めない。
ただ、相変わらず安定したネタ構成で
完成度は高かった。

【オードリー】
【NON STYLE】
両方共にボケ方が多彩で
たたみ掛ける展開にグイグイ引き込まれ、
また、技術的に作りこまれているネタでした。


【まとめ】
やはりテンポ重視でボケるのが
一番いいのかもしれませんね。
速いスピードでコンビ間で掛け合い、
たたみ掛けるように笑いをとることで
「爆笑の連続」を作り出すことが
優勝に近づく方法になりつつあるようですね。
今大会に向けてNON STYLEさんが
いつもしている漫才とは違い
ボケ数重視のネタ構成にして
結果、優勝をしてますからね。
あと、最終決戦に進出するためには
ツッコミやボケのひねり方を多彩にして
たくさん組み込まないといけないようですね。
上位進出者の漫才には、うまいアイデアが見られた。
例を一つ挙げると
今大会は一度ボケた内容を後で再び使う方法(天丼)を
使っているコンビが最終決戦進出者になっていました。
そのほかにも技術的に練りこまれているボケ方が見られた。
ありきたりやバリエーションの少ないボケの
ネタの展開で満足できる人が
世の中にはいなくなってきているのかも知れませんね。
07年のサンドウィッチマンさんもレベルが高かったですから。
だから、島田紳助さんがM-1のクオリティーが下がった
と言っていましたが、下がったのではなく
一部のコンビのボケ方の技術が上がったことによって
他の全体が下がったように見えるのでしょうね。

最後に、いかに「緊張感」と「連続した興奮」を
発生させるか?
それには、会話(掛け合い)のスピードを上げて
観衆の心理を引き付けることが大事なのではないかと。
漫才のスピードが遅いと
緊張感が生まれにくく淡々とした内容になるので
引き込まれる速さが重要になります。
そして、爆笑の連続を作り出し
観衆に「連続した興奮」を与え、
興奮が冷めないようにし続ける。
ようするに、ゆっくりとしたネタだと
ボケ数が少ないために笑いをとった後
次の笑いを起こすまでに時間ができ
観衆の興奮が冷めてしまっているため
楽しんでいられる時間が持続しない。
よってスピード感が重要ですね。


≫【補足】

【好み】
島田紳助さんが「好みやわ」と言ってましたが
確かに面白さの感じ方って人によって違いますからね。
面白さの感じ方の違い

【最終決戦進出者と
進出できなかったコンビの違い】
一つは、
進出できなかったコンビの
ネタの傾向として
一つのボケを「使い捨て」にしている
ことがあげられる。
要は、一度使ったボケはその後は使わない
ようにしている。
それに対して進出者は
一つのボケを何度も使い
場合によっては、もう一度同じボケをするかのように
見せかけて別のことをする。
このように全体的なネタの流れの中で同じボケをすることで
先にしたボケ自体がフリになることで
ネタ全体に深みが出てくる効果がある。

そして、もう一つは
ボケた後にツッコミを入れ、
続けて面白いツッコミを入れる。
あるいは、ボケた後にさらに膨らましたボケをする。
連続的に笑いを誘うことで
面白さが爆発的に跳ね上がる効果がある。

非常に興味深かったのは
ダイアンさんがした手法で
疑問になるようなことを作り
その後その疑問を解消する「種明かし」をして
笑いを誘う手法がとられていた。
「パナスティ(ファナスティ?)って知ってる?」と何度も聞いておいて
最後に「こう言われているようなもんや」と言った部分。
実際、ダイアンさんはこの手法に
数十秒を使っている。
実は、NON STYLEさんもこの方法を使っていた。
病院の窓から飛び出し「パリン…むにゅっ……」「網戸」という部分。
NON STYLEさんはこの「種明かし」の手法を
10秒以下で構成している。そして、それを連発して笑いを量産していた。
つまり、使い手によってボケ方一つがまったく違うのである。

今大会は、テンポだけでなく
上記のような(他にもありますが)
技術的な面も兼ね備えていることが
高得点をたたき出す要因につながっている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク