「笑い測定機」が研究されているらしい

関西大学の木村洋二教授が
「笑い測定機」なるものを開発し、
笑いを数値化しようとする試みをしている。
単位は「aH」と書いて「アッハ」と言うそうだ。
横隔膜の振動を計って数値化するらしい。

すごい興味深い内容ですね。

≫【補足】

【審査】
この装置が実用的になったときに
漫才の一番を決める「M-1グランプリ」の
審査員に取り付け
数値を計ってネタの評価をしたらどうなるのか?
結論としては
「(どれだけ)笑わした」という
タイミングや回数、大きさといった
「結果」は導き出せても、
その「笑わした」までを作り出す過程である
「アイデア(発想)」的な面を計測するのはできない。
例えば、「単純なボケ」と「練りこまれたボケ」で
とった笑いの数値が同じくらいなる
可能性があるからだ。
あくまで機械的な判断が出来る
「結果」部分のみの計測しかできない。
だから、やはり審査は人間の方が
きめ細かくネタの「アイデア」を
分析できるので
現状の審査制度のままが無難と言える……
……(言える?)

【芸人仕様】
どういったネタフリやボケ、展開に対して
人が反応を示すのかがわかるため
例えば、ネタで特定のパターンをすれば
良い反応が得られたり
逆に良くない反応が出るといった
データを割り出すことができるので
ホームページのアクセス解析のように
戦略的な使用用途に使えそう?ですが
ん~っ、数値を使いこなせる芸人さんが
いるのかは疑問が残ります。

【実用化】
ある番組で素人5人に対して
この笑い測定器を取り付け、
芸人さんが1分間の間にボケて、
どれだけ笑わせられるかの
対決をしていました。
笑った回数に応じて数値が加算される方式でしたが
結構、ちゃんと使える装置に見えました。

スポンサーリンク