M-1グランプリ2008決勝進出者決定!

「M-1グランプリ2008」の
決勝進出者が決まりました。

以下はネタ順

1 ダイアン
2 笑い飯
3 モンスターエンジン
4 ナイツ
5 U字工事
6 ザ・パンチ
7 NON STYLE
8 キングコング
9 敗者復活組

決勝当日ではネタの構成内容が
変わるかもしれませんが
過去にされているネタで
傾向を分析してみます。

【正統派】
「モンスターエンジン」
「U字工事」
→流れに無いことをしたり、言い出したりして
それにツッコミを入れる
わかりやすい内容ですが、
もしかしたら物足りないかも。

【テンポと動き】
「キングコング」
「NON STYLE」
→流れに勢いがあって
また、動きがあり
見ている側は引き込まれやすいが、
空回りする可能性あり。

【面白系ボケorツッコミ】
「ナイツ」
面白いボケにツッコミを入れる
「ザ・パンチ」
ボケに面白いツッコミを入れる
→両組とも表現に“ひねり”があり面白いが、
一方の笑いの取り方がインパクトがあるため
コンビでの掛け合いが弱くなる。

【個性派】
「笑い飯」
「ダイアン」
→クセのあるボケ方をするため
個性が出せるが、
話に入り込みにくい可能性も。


【審査員の評価が高くなりやすいネタの傾向】
・おもしろさ
→吹き出して笑うぐらいの
ネタ(ボケやツッコミ)の発想力があるか?

・わかりやすい話の展開
→ネタの内容の表現の仕方が
理解しやすい内容か?

・テンポがある
→ボケやツッコミなどを行う周期が
ある程度の速さがあるか?

・コンビ間での掛け合い
→ボケ担当とツッコミ担当が交互に話すリズムが
うまく絡み合っているか?

・ネタのキャラがしっかりしている
→内容が淡々とならないように
インパクトのある人物像を作っているか?

どうやら、審査員は意外なツッコミ方やボケ方に
重点において見ているようです。
というのも、複数年にわたって
M-1に参加しているコンビで
笑わす量(回数)がそんなに変わらないのに
参加した年によって点数に差がついている。
これは、審査員が80年代の漫才ブームで
たくさんネタを見てきたため
ありきたりのネタの展開では物足りないため
審査員をうならす手法が使われているかどうかを
見ているようなのである。

スポンサーリンク

スポンサーリンク