八時またぎ

「またぎ」
これは知っている人が多いと思いますが、夜7時からの二時間番組の場合、7時55分~8時5分ぐらいの時間の企画のことを「8時またぎ」と言います。

視聴者はある程度番組を見ると他に何か面白い番組がしていないか確認するために、チャンネルを変える傾向があるんですよね。
だいたいは“ちょうど”の時間帯、つまり8時ちょうどになると他の番組が始まるので変え始めます。
なのでチャンネルを変えさせないよう引き止める必要があるわけですね。

また、逆に他の番組が終了してチャンネルを替えてきた人を取り込む必要があります。
そこでこの時間帯に一番いい出演者を画面に映して視聴者を釘付けにしようとします。
つまり、このタイミングでテレビに映っている人は「スタッフからの一押し」ということになります。
もちろん、8時以外の時間帯でも同様のことが言えますし、8時半など「半またぎ」もあります。
大体、3分前ぐらいからまたがせようとします。
つまり、8時なら7時57分ごろ、8時30分なら8時27分ごろから一押しの人が画面に映っているようにします。
細かく言えば、デジタル時計で映っている人と時間を確認しながら見ると、○時59分59秒~○時00分00秒や○時29分59秒~○時30分00秒といった感じでまたぐように映っています。。
だから、スタッフが誰に期待しているかが一目瞭然なんですよ。

ちなみに、この「またぎ」は、人物だけでなくコンテンツ(企画)にも同じように使われます。
面白いコンテンツは必ず上記の時間帯に持ってくるようにしてるんですよね。
裏を返せば、あまり期待されていない人物や企画を放送する時間帯っていうのもあるんですけどね。
大体は、○時15分頃?から27分までの間ぐらいの、「半またぎ」前あたりの時間帯です。

そして、「フライング番組」
他局より少し早めに放送する方法をとっていることがあります。
ちょうどになる時間までの間に放送し始めることで、他局の番組が終わりCMに入ってチャンネルを変えている人を取り込もうとしてます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク