トークの仕方

うまく人と会話をするためには
何が必要でしょうか?
「相手に好まれる会話の流れ」を
まとめてみましたので
参考にしてください。

人と話をするときには、
「相手の話をメイン」にします。
そして、相手を中心に会話を進めながら
「盛り上がる話題」を探し出しましょう。 

■【会話の流れ】
(1)…相手の近況や
どんな情報を知っていて興味や関心を持っているのかを
「話の聞き出し役」になり、聞き出します。

(2)…(1)で見つけた話題をうまく掘り下げながら盛り上げます。
※相手にどんどん話させるようにします
相手は話しやすさから、
コチラに対して好意的になってきます。

(3)…時々、(2)に関係した
自分の話を「短め」に話します。
もし、無ければ、(1)に戻り、さらに聞き出し役になります。

(4)…(1)~(3)を繰り返しながら、
相手と「共通した思いや体験」を探し出し、
相手が話に「笑って反応」したら、
「共感を持っている」ことをアピールしたり、
その後は、その笑いが起こった話を中心に盛り上げます。

■【まとめ】
まず、話し始めは相手にたくさん話させましょう。

大体の人は、自分が思っていることをたくさん話して
気分をスッキリさせたいと思うので、
コチラが「話の聞き出し役」になれば、
相手は楽しい気分になります。
というのも、誰だって「人の話を聞かされる」より
「自分の話をたくさんしたい」ですからね(笑)。

誰とでも 15分以上 会話がとぎれない!話し方 66のルール
野口 敏
すばる舎
売り上げランキング: 706

≫【補足】

■【話が盛り上がる例】
「同窓会」が盛り上がるのは、集まった者が
お互いに共通して知っていること(同窓会では学生時代の昔話)を
話すと会話がはずむからです。

■【どうすればうまく話せるのか?】
→うまく話せないのは情報不足です。

「話題の切り出し」がうまくできないのは、
相手が何に興味を持っているかを知らずに
自分中心に話し始めることで聞く相手を退屈させます。
また、何に興味を持っているのか知らないので
何から話して良いのかがわからないのが原因です。
それを解決するには
まず相手が知っていることについて話すのが良いです。
そのためにはどんな話にでも合わせられるようにするため
「知識を増やす」ことが重要です。
ちなみに「お見合い」がぎこちないのは
お互いが初対面のため、
何を話していいのかがわからないのが原因だと思われます。

■【異性から好かれるには?】
→相手の興味を持っていることを話しましょう。

自分と話すことで「楽しくなることを
印象付ける」ようにしましょう。
そうすると相手がコチラに対して「好感」を持つようになり、
そのうち悩み相談をされるようになって仲が深まるでしょう。

■【笑いをとりたいけど、どうすればいいのか?】
→ ウケ狙いの発言はやめましょう。

話すのが苦手な人が意外なことを言って
笑いを誘うのは難しいので、
いかに相手と自分との間に
「同じ考え方や、同じことをしていたこと」を探し出して話し、
笑いを誘いましょう。
とにかく「会話を盛り上げる能力」を身に付け、
「たのしくて」笑ってもらえるようにしたほうが良いです。
それでもウケを狙いたいのであれば、
「相手にとって何が面白いのか?」が
わかることが必要になります。
→「なぜ、ボケたあとにスベるのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク