キングオブコントの審査方法

コントの日本一を決める「キングオブコント」
決勝戦での審査方法が
ややこしいと言えばややこしい。
ダウンタウンの松本さんが考案した
「芸人が芸人に投票する」という仕組みらしいのですが
なんでこんな方式に?と思われる方が
いると思うのですが。

たぶんこういうことだと思うんですけど
一つは、松本さんとしてはとにかく
オリジナリティーを出したい。
M-1やR-1に便乗するかたちだけは
イヤだという思いが込められている。
ダウンタウンが司会をやる以上
松本さんのお笑いに対する美学があり
マネ事だけは絶対イヤで、
だからC-1という呼び方にNGを出している。

もう一つは、
M-1やR-1はベテランのお笑いタレントや芸人さんが
審査員を務めてますが、ネタを披露する現役から
遠ざかっている人や、若手のネタに興味があるのか
わからない人が審査をしているわけで
松本さんにしてみれば「現在の面白いお笑いがわかるの?」
といった疑問があるんだと思う。
だから、キングオブコントでは
現役でコントをしている準決勝まで残った
芸人さんたちに投票してもらおうと。
日ごろからコントを作っている
現役の芸人さんたちに審査をしてもらえば
「現在の面白いお笑い(コント)がわかる」という
結論なのでしょう。

ただ、審査員席やベテラン審査員がいないと
この大会が軽く見えないかが心配ですね。
この手の「審査」には“絵的”にキャリアがある人が
どっしりと構えていて、そこでネタを披露するほうが
より緊張感があって面白いし、またネタに対する
コメントに重みがあり観客も視聴者も
思わず納得させられると思うのですが……。
若手芸人に他の人のネタの感想を聞いたときに
緊張しながら賞賛しているんだけれども
ウケも狙って軽くならないか
それだけが気がかりです。


≫【補足】

【投票】
事務所の上下関係や、プライベートでの
交友関係などが投票に影響のないように、
事前に「“ガチ”で投票するように」
主催者側から言われていると思うのですが
視聴者側からすれば自分のお気に入りの
芸人さんが結果を残せないと納得いかず、
投票の仕組みに疑問が生じるかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク