Googleのストリートビューの問題点

Googleの「ストリートビュー」を
使ってみて驚きました。
こんな時代がやって来るなんて。
「Googleマップ」で自宅の屋根を確認して
感動しましたのが、次はここまでリアルに
街中を映し出せるとは。

でも、賛否両論ありますね。
「映しすぎなのでは?」という
声を聞きます。

では、ストリートビューがかかえる問題を
同じ撮影でも番組制作に置き換えてみましょう。

テレビ番組では、
店先の看板にある電話番号や、
車のナンバープレートにはモザイク処理がされている。
隠し撮りを行うドッキリ企画では通行人に、
水商売のドキュメンタリーでは客の顔に
モザイクが入ることがある。
個人番号記載の電話帳や学校の連絡簿、
高額納税者公示制度などは
個人情報保護法もあってか無くなった。
ほぼ確実に個人が特定される
具体的な数字や個を特定する情報はダメみたい。

公共の情報で利便性や知る権利が
どこまでプライバシーに割り込んで良いかが
人によって価値観が違うので
判断基準に議論を巻き起こすことになる。
芸能人のプライベート映像を勝手に撮影するのはOKで
その親族はNG。(内容にもよります)
訴えても後者の意見は通るが
前者は退けられる。
有名人と一般の人との違いなので
これはわかりやすい。
ただ、芸能人の自宅住所を公開することはNG。
本人が撮られて嫌な映像はOKでも
住所がダメっていうのは
本人にとって同じ不利益でも
「悪用されて重大な問題が発生する恐れ」の
あるものはNGになりやすいよう。

街ぶら系(街中を練り歩く)や、
旅番組などで
通りすがりの家の中や、家族構成を映すのはOKなのは
たぶん放送するに当たって
事前確認はしていると思いますけど、
人によっては悪用しかねない。
だから、国会議事堂内は
建物内の道順を
映さないようにしている。
乗っ取りなどを警戒しているため。

街の中の撮影した映像が
良いのか?悪いのか?
包丁が悪用されても販売され続け、
長い刃物が悪用されると販売をやめる。
世の中にあるもので
結果として重大な問題が発生したことで
中止になることが多いが
絶対必要不可欠なものはセーフのよう。

「ストリートビュー」が今後どういう
使い方をされるかは個々の判断ですが
まずは長い目で見極めることが必要のようですね。
どこまでが良くて、どこまでがダメかの
結論は未来に先送りされそう。


≫【補足】

【マンション】
芸能人の住んでいる家(マンション)が
テレビで映し出されるときは
モザイクをかけています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク