ピン芸人が売れるための道

ピン芸人がライブハウスや舞台での仕事から
テレビ番組へ出演するには
何が必要なのか?

基本的にピン芸はあまり良い表現ではありませんが
「地味」になります。コンビ芸と違って一人のため
「ボケ倒し」か、「ツッコミまくり」になり
単調な流れになります。
また、一人だとそんなに動く必要がないため
棒立ちになるか、イスに座りぱっなしが多くなります。
服装がカジュアルだったり、決まったネタが無かったりすると
特徴や個性が無いため
テレビ関係者のスカウトマンに覚えてもらえません。

そこで、ピン芸をしている人は次の二つのうち
どちらか、または両方をし始めることがあります。

(1)ブリッジを使ったあるあるネタ
(2)キャラ芸

これには、ある共通点があります。
それは「個性化」です。

【(1)ブリッジを使ったあるあるネタ】
ネタの前後どちらかに特定のフレーズを入れることで
「特徴的な言葉」が個性を生み、
覚えてもらえやすくなります。

【(2)キャラ芸】
「特徴的な衣装、動き、言葉」といったかんじで
3つもあるため覚えてもらいやすい。

人気が出ないのは芸人さんに特徴が少なく
ネタが面白かったとしても人物像が記憶に残りにくいため
次への期待が沸きにくいのが原因になります。
デビューしてから、いろいろなことを
されること人が多いですが
結局、(1)(2)にたどり着きます。
また、コンビで活動していた人が
ソロ活動をきっかけに売れた人がいます。
・世界のナベアツ
・ムーディ勝山
・レイザーラモンHG
(2)を使ってますよね?

テレビ出演を果たすためにピン芸人がたどり着く道は
「個性を出すための売れる要素(他の人には無い特徴)を
たくさん取り入れること」
だと言えます。


≫【補足】

・「エド・はるみ」さんも(2)を使って
デビューしてたった2年目で売れました。 

・(1)や(2)を使わずに売れようとする場合、
「陣内智則」さんのネタのような今までに無いスタイルを
考え出す必要があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク