藤岡弘、と中尾彬のモノマネをするオードリー

「オードリー」
ケイダッシュステージ所属のお笑いコンビさんです。

「若林正恭 (わかばやし まさやす)」 がする
「藤岡弘、」のモノマネの後に、
「春日俊彰 (かすが としあき)」がする
「中尾彬」のモノマネが
シブい独特の雰囲気を漂わせながらも、
オチにお茶目な二人組みを
演じているのが面白いです。

特に春日 (中尾彬)さんの
冷静でいながらも状況をしっかりと観察した
オチの発言が短いながらも楽しませてくれます。

モノマネのタイトルを言って演じてから
若林(藤岡弘、)さんの
「おい、おい、おい、おい」の
あとに続く言葉は以下の通り

「派手にやってくれたね」
「出来レースだね」
「だから押すなって言っただろ」
「いつもありがとね」
「爆発したね」

このモノマネは、あまり長くやると間が持たないので、
一つあたりのネタを短くすることで
ちょうどコンパクトにまとめられたのが
成功の秘訣なのかもしれまんせん。


完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)
若林 正恭
KADOKAWA/メディアファクトリー (2015-12-25)
売り上げランキング: 527

≫【補足】

【オードリーの漫才】
特に春日さんが面白いですね。
舞台に出てくる時は相方に遅れてゆっくりと登場。
その後、なぜか胸を張りっぱなし。
それから、「ういっ」「へっ」など 、
とにかくキャラが濃すぎますね。
相方から何度も顔の横をたたかれて
ちょっとかわいそうな感じがしますが、
たたかれても動じないところが
キャラの濃い理由なのだと思います。
基本的に春日さんが若林さんから
無視される展開が多く
「春日=タフ」というのがネタの特徴のようです。

個人的にお気に入りなのは、
「一緒に漫才やっていきたい」とか、
「嫌いじゃね~よ」と「コンビ愛」みたいなことを
相方 (若林)に言われた時に二人で一緒に
「へへへへへへっ」と笑うところです。
それまで冷たい言葉で
無視されるツッコミをされていた春日さんが
急に若林さんと仲良くなる展開が
ギャップがあって面白いです。
また、オードリーと言えば藤岡弘、さんと中尾彬さんの
モノマネをされますが、時々しかされないので、
このネタを見れたときはラッキーな感じがします。

【春日特製ジュースの作り方】
番組で公開された本当に本人が
作って飲んでいるレシピ。
まず2リットルペットボトルに
水道水を入れ、飴(アメ)を10個入れて、
あとは飴が溶けるのを待ち、
全て溶ければ完成。
もし、水道水が嫌であれば、
販売されている水でも可能。
ちなみに他の人が飲んでも
おいしくないらしいので、
作らないほうがいいです(笑)。
明石家さんまさんいわく、
飴を20個入れれば味が何とかなりそうとのこと。
味のレパートリーは、
オレンジ、メロン、パイナップル、イチゴ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク